スウェットロングスカート秋冬20選
FASHION

今日は楽して大人かわいく!「スウェット」ロングスカート【秋冬20選】

2018/12/07

動きやすいのに、シルエットも綺麗に保ってくれるスウェットロングスカート。グレーのイメージが強いスウェットスカートですが、最近はカラー、シルエットともにバリエーションが増え、進化している模様。
ここでは、定番のグレーや進化系カラーの色別コーデから、シルエットごとの着こなしのポイントまで紹介します。

黒・グレー・ネイビー、定番カラーのおしゃれコーデ

グレー・黒・ネイビーは、スウェットスカートの定番カラー。どれも気軽に着ることができるアイテムですが、ハウスウェアっぽくならないよう、素材感あるトップスやトレンド小物を合わせて、旬を感じさせる着こなしにするのがポイント。

グレー

▼グレーのトップスでセットアップ風コーデに

スウェットロングスカート×ニットのコーデ画像

タイトなスウェットロングスカートは、スカートと同じグレートーンのスウェットやニットと合わせると、セットアップ風キレイめコーデに。品あるレザー調バッグやエナメルパンプスを合わせて、より洗練された雰囲気を漂わせて。

▼ざっくりニットでこなれ感を

スウェットロングスカート×ざっくりニットのコーデ画像

センターにスリットが入った動きやすいスウェットロングスカート。オーバーサイズな畦編みニットを合わせると、こなれたカジュアルスタイルに。ベージュとグレーの秋冬な組み合わせは、明るい白のコンバースで軽い足元に仕上げて抜け感を。

▼レギンスでさりげなく旬をアピール

スウェットロングスカート×パーカー&ボーダーTのコーデ画像

カジュアルコーデに活躍するライトグレーのフレアなスウェットロングスカート。パーカーとボーダーTの定番カジュアルアイテムと合わせたなら、今季はトレンドのレギンスをプラスして、鮮度高めのカジュアルコーデに。ダウンヘアにニット帽を合わせるくらいの、リラックスしたヘアスタイルがちょうどいい。

▼ベージュのチェックストールで旬と柔らかさをプラス

黒のフレアスウェットロングスカート×ベージュのチェック柄大判ストールのコーデ画像

黒のフレアなスウェットロングスカートは、フェミニンなムードを出しつつ、コーデがピリッと引き締まるアイテム。ベージュのチェック柄大判ストールを合わせることで、程よく柔らかい雰囲気に。ヘアスタイルはゆるいアップヘアにすることで、ストールの存在感を際立たせます。

▼ラフすぎない大人のカジュアルスタイル

黒のスウェットロングスカート×スウェットトップスのコーデ画像

グレーほどラフな印象にならない黒のスウェットロングスカートは、大人のカジュアルコーデに最適。スウェットトップスや畦編みニットと合わせても、シャープな着こなしにしてくれます。同じスウェット素材のパーカーとのコーデには、レザー調のビッグトートバッグを合わせて、ワンランク上の大人のカジュアルスタイルに。清潔感あるすっきりお団子ヘアも、大人カジュアルにするポイントです。

ネイビー

▼素材感あるトップスでコーデにメリハリを

ネイビーのスウェットロングスカート×カーディガンのコーデ画像

どんなアイテムとも合わせやすく、使い勝手のいいネイビーのスウェットロングスカート。フェザー素材やケーブル編みなど素材感のあるカーディガンやニットと合わせると、メリハリのある着こなしに。ロングカーデを合わせたロング丈同士のゆるコーデは、アップヘアで目線を上に集めてスタイルアップを。

▼デニムジャケットでグラデーションコーデ

スウェットロングスカー×デニムジャケットのコーデ画像

太めのウエストバンド(帯部分)で、トップスインが様になるスウェットロングスカート。Tシャツやブラウスをタックインして、スタイル良く着こなしたい。アウターは、デニムジャケットならブルー系のグラデーションコーデになり、落ち着きのある印象に。インナーの白×黒のボーダーTが、程よい抜け感を作っています。

カラーで自分らしさを作ってみる

着心地のいいスウェットロングスカート。せっかくなら、定番カラー以外で冒険をしてみたい。
今っぽい雰囲気になる白やブラウン、そして華やかな雰囲気になるグリーンやレッドのスウェットスカートで、楽ちんなのに感度の高い着こなしに。

▼フェミニンなベージュトーンコーデ

スウェットロングスカート×白コンバースのコーデ画像

ベージュのトップスを合わせて、ベージュトーンコーデにすると旬を感じさせる着こなしに。合わせるトップスは、淡いチェック柄ニットやケーブル編みニットなど、スウェットロングスカートとメリハリをつけれるものがベスト。足元はカジュアルにするなら白のコンバース、きれいめにするならグレージュのパンプスを合わせて。

▼ベージュ系ネルシャツで大人のこなれカジュアルに

スウェットロングスカート×ネルシャツのコーデ画像

ウエストリボンとボタンがポイントのスウェットロングスカートは、のんびりしたいオフの日に最適。キャミソールにゆるっとネルシャツを羽織って、大人なアメカジスタイルに。ブラウンのキャミとベージュのシャツの、ブラウン系グラデーションコーデが今っぽい。ヘアはゆるっとまとめることで、色気が漂う大人のこなれ感を演出。

キャメル

▼オレンジに近いキャメルはダークカラートップスでメリハリを

スウェットロングスカート×ダークカラートップスのコーデ画像

パッと目を引くオレンジよりのキャメルのスウェットロングスカート。コーデの主役となる存在感を放つスカートは、ダークカラー(黒や濃いブラウン)のトップスで色味を抑えてバランスを取りたい。また、マキシ丈のフレアシルエットなので、コンパクトなトップスですっきりまとめるときれいめな着こなしに。トップスはシャープな印象にしてくれる、リブ素材のニットがおすすめ。

▼落ち着きのあるキャメルはトップスで軽さを出して

キャメルのスウェットロングスカート×白のトップスのコーデ画像

落ち着きを感じさせるブラウン寄りのキャメルのスウェットロングスカート。白のトップスを合わせると、老け見えを回避して明るい印象に。白のリブニットなら、洗練されたシャープな着こなしに。ちょっとスキのあるフェミニンムードにしたい時は、オーバーサイズな深いVネックニットを合わせて。トップスを明るくした場合、足元は黒のショートブーツでピリッと引き締めて。

グリーン

▼カーキ寄りのグリーンはあえてきれいめに

グリーンタイトスウェットロングスカート×白リブニットのコーデ画像

カーキに近いグリーンのタイトなスウェットロングスカートを、大人の女性ならあえてきれいめに着こなしたい。フリルのハイネックがフェミニンな白のリブニットと合わせて、コンサバコーデに。グレーのストラップパンプスとミニショルダーで、さらにフェミニンムードを高めて。

▼深いグリーンと黒とのニュアンスコーデ

グリーンのスウェットロングスカートのコーデ画像

コーデの感度を高めてくれる深いグリーンのスウェットロングスカート。タイトシルエットなので、オフィスシーンでも活躍します。
黒のハイネックニットに黒ベースのチェック柄ストールを重ねた、ダーク系のニュアンスコーデは、控え目ながらも存在感を感じさせます。
トップスとスカート、タイトなシルエット同士の組み合わせは、嬉しいスタイルアップ効果もアリ。

ブラウン

▼リラックスムードなモカブラウン

モカブラウンのスウェットロングスカート×白ニットのコーデ画像

今季ムードにぴったりなモカブラウンのスウェットロングスカート。白のオーバーサイズなリブニットを合わせると、旬を感じさせる配色のリラックスコーデに。足元は、絶妙な透け感の黒のタイツと深いパープルのローファーを合わせた、さりげないグラデーションテクニックで着こなしに差をつけて。

▼テラコッタカラーはデニムシャツでコントラストを効かせて

テラコッタカラーのスウェットロングスカート×デニムシャツのコーデ画像

秋冬に映えるテラコッタカラーのスウェットロングスカート。異素材なデニムシャツを合わせて、素材と色でコントラストをつけて。デニムシャツを襟を抜いてゆるっと着るのがこなれた着こなしになるポイント。爽やかな組み合わせは、黒のスエードショートブーツで季節感を出して。

レッド

▼ベージュ×レッドのフェミニンな組み合わせ

レッドのスウェットロングスカート×ベージュニットのコーデ画像

コーデのアクセントになるレッドのスウェットロングスカート。着やすいのに女っぷりを上げてくれる嬉しいアイテム。
深いボルドーのスウェットスカートは、ゆるっとしたベージュの畦編みニットを合わせてフェミニンな着こなしに。フロントだけインしてこなれ感を出して。

▼イレギュラーヘムスカートはカジュアルに振り切る

イレギュラーヘムのスウェットロングスカート×スニーカーのコーデ画像

カジュアルでありながら、キュートな印象を与えるイレギュラーヘムのスウェットロングスカート。スニーカーでラフに仕上げるのがベスト。トップスも、スウェットやオーバーサイズなTシャツを合わせて、カジュアルな着こなしに振り切って。

色で飽きたら形を変えてみる

以前は、マキシ丈でちょっとフレアなシルエットが主流だったスウェットロングスカートも、最近はオフィスにも対応可能なシルエットが続々登場
色で飽きた場合は、新たなシルエットに挑戦して、着こなしの幅を広げるのもおすすめです。

タイトスカート

タイトスウェットスカート×タートルネックのコーデ画像

ここ最近の主流になっているタイトシルエット。生地にハリのあるスウェットロングスカートなら、動きやすいのにきちんとシルエットをキープしてくれます。
タイトなスウェットスカートは、タートルネックのピタッとしたリブニットを合わせて、Iラインを強調した大人な雰囲気で着こなして。足元をファー付きローファーにして、さりげなくハズすとこなれた着こなしになります。

フレアスカート

マキシ丈フレアスウェットスカート×タートルネックニットのコーデ画像

カジュアルなイメージが強い、定番なマキシ丈のフレアスウェットスカート。大人きれいな着こなしも楽しみたい。タイトなタートルネックニットやVネックニットをすっきりとタックインして、小物できれいめに仕上げましょう。足元は、エナメル調のローファーでシックに決めたら、ファーの華奢チェーンミニショルダーで華やかさをプラスして。

フレアマーメイドスカート

フレアマーメイドスカートのコーデ画像

女性らしいラインを際立たせてくれるフレアマーメイドスカート。スウェット素材であることを忘れてしまうようなフェミニンデザインは、オフィスやデートにも対応。
スカートに存在感がある分、タイトなリブニットやハイゲージニットといったトップスでシンプルに着こなしたい。コーデがコンサバなので、ゆるっとしたシニヨンやお団子ヘア、ふんわりハーフアップなど、華やかヘアで差をつけたい。

他の「ロングスカート」関連記事もCheck!

▼ロングスカートに合わせる正解コート

▼黒のロングスカートお手本コーデ21選

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW