FASHION

チェスターコートは「ネイビーブルー」で上品に【おすすめコーデ集】

2019/04/12

定番カラー「紺」のチェスターコートと、新鮮な印象を与える「ブルー」のチェスターコート。どちらも知的で落ち着いたコーデに見せてくれるので、大人の女性におすすめ。ここでは、紺・ブルーそれぞれのチェスターコートと冬の定番アイテムとの着まわし方法をご紹介します。

「ニット」で着まわす

どんな色も包み込んでくれる紺のチェスターコートは、この冬のトレンドカラーであるブラウンやグリーンとも相性抜群!
インナーコーデでは、積極的にカラーや柄物を取り入れて、ちょっぴり冒険したおしゃれにトライしてみるのもgoodです。

ざっくりニットとベイカーパンツのカジュアル同士のコーデを、紺のチェスターコートでピリッと引き締めて。気負わないカジュアルスタイルですが、こっくりとしたブラウンのニットが今っぽさを演出。コーデにマッチするベージュのファー巾着で、さりげなく可愛らしさをプラスして。

ヴィヴィッドカラーのグリーンニットを、程よく抑えてくれる紺のチェスターコート。
ワイドパンツにニットをタックインして、コンパクトに見せているのもすっきり見えのポイントです。
グリーン×ベージュのほっこりとした組み合わせを、正統派チェスターコートと黒のポインテッドトゥパンプスが、キレイめコーデに引き上げます。

グレーのニットと紺のチェスターコートは、失敗知らずの組み合わせ。そんな時は、ボトムスの柄や色で、思いっきり遊んでみるのもおすすめです。キュートなドット柄パンツも、シックな着こなしにまとまります。

「パーカー」で着まわす

大人の遊び心と余裕を感じさせる、トラディッショナルな紺のチェスターコートとスポーティーなパーカーの組み合わせ。
フードをしっかり出してギャップのある着こなしにするのが、こなれて見えるポイントです。

白のパーカーと紺のチェスターコートのコントラストの効いた着こなし。トップスがボリュームある分、ボトムスはスキニーデニムでコンパクトに。
デニムをしっかりロールアップすることで、白っぽい裏地とパーカーに統一感が生まれ、コーデがまとまります。

こちらも白のパーカーとかっちりチェスターコートで、色&アイテムでコントラストを効かせた着こなし。パーカーとキャップを白で統一することで、明るくクリーンなカジュアルコーデに仕上がります。足元も白のソックスをはさむことで、トータルで見てメリハリのある着こなしに。

「デニム」で着まわす

同じブルー系に属する紺のチェスターコートとデニムは、落ち着きのあるグラデーションコーデを楽しめます。
トップスや小物使いで、オリジナリティを出すのがおすすめ。

カジュアル感の強い淡色デニムと、紺のロング丈チェスターコートの組み合わせは、それだけでギャップを感じさせる着こなしに。
白ベースのボーダーTと白のミニショルダーと、インナーをとことん淡色でまとめるのが、垢抜けて見えるポイントです。

紺のロングチェスターコートと濃紺デニムの組み合わせは、パリジェンヌのようなシックさを感じさせます。トップスも黒でまとめて、イエローのミニショルダーを一点主役に。その潔い着こなしが、軽やかな印象を与えます。

「ワイドパンツ」で着まわす

紺のチェスターコートとワイドパンツ、どちらも縦ラインが強調されるアイテムなので、メンズライクで大人っぽい印象になります。トップスや小物、ボトムのカラーで、適度にフェミニンさをプラスしましょう。

次ページ> ブルー
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW