FASHION

ショートブーツ×パンツの最適バランス【19の見本コーデ】

2018/12/05

ショートブーツ×パンツは、秋冬の着こなしをオシャレに格上げしてくれる組み合わせ。でも、ただ合わせるだけでは中途半端なコーデの印象に陥ってしまうことも……。ほんの少し「裾や丈感」のポイントをおさえるだけで”黄金バランス”をつくれる! パンツの種類別でショートブーツとの合わせ方をご紹介。ぜひTRYしてみて。

デニム×ショートブーツ

万能なデニムは、どんなショートブーツとも相性◎。よりおしゃれ見えを狙うなら、パンツのシルエットや丈感にこだわって。細めシルエット&短め丈ならすっきりした印象に。ゆったりシルエット&長め丈ならモードな雰囲気に。この方程式を上手に応用すれば失敗しない!

クロップド丈デニム×ショートブーツでスッキリ見え

足首が見えるクロップド丈デニムに、ショートブーツを合わせて足元をすっきりまとめたコーデ。この丈感なら、デザインに凝ったブーツをとことん楽しめる。素肌が見えると寒々しいと感じるときは、ブーツと同系色の靴下で隙間を埋めて。

ブーツの履き口あたりが見える丈感を狙ってバランスアップ

ブーツがギリギリ見える丈感を狙ってコーデすると、すっきり見えしつつ繋がりが良く好バランス。ブーツのクラシックな雰囲気を最大限に活かせる着こなしに。ベーシックなデニムコーデをパールネックレスとクリアバッグでクラスアップして。

裾ロールアップでベストな丈に調整

手持ちデニムの丈が長いときは、ロールアップでベストな丈に調整してみて。オーバーサイズカーデなど、トップスにボリューム感があるときは、少し短めにロールアップするのがオススメ。こなれ感たっぷりの着こなしに仕上がります。

ブラウンブーツで明るめカラーのデニムにウォーム感を

赤みの強いブラウンブーツを使って、ライトブルーデニムに暖かみをプラス。秋冬らしいナチュラルな大人カジュアルスタイルに。長め丈ストレートデニム×ブーツは、脚が長くまっすぐに見える最強の組み合わせ。ブーツに裾が当たってたるまない丈がベター。

黒デニム×黒ブーツでつなげてスタイルアップ

パンツとブーツの色を揃えると、ウエストから足先までつながりができ脚が長く見える。黒デニム×黒ブーツなら、誰でも実践しやすい! ボトムスがワンカラーになる分、上半身はアウター重ね着やベルト使いで立体感を意識するとワンランクアップした装いに。

デニム×ベージュのピンヒールブーツで上品な抜け感を

上品なベージュブーツで、カジュアルなデニムをクラスアップ。ピンヒールなら、長め丈デニムでも抜け感が生まれ足元がすっきり。濃い色のロングアウターを羽織っても、重心が下がらずバランスよく着こなせるので試してみて!

カットオフデニム×ブーツでカジュアルとモードの良いとこ取り!

デニムワイドパンツと黒ブーツを合わせたコーデ。カットオフされたデニムの裾がカジュアルな印象。そこに黒ブーツでモードさをONして、どちらのテイストも楽しめる良いとこ取りなスタイリングに。旬なブラウンコートを羽緒って今っぽく仕上げて。

スキニーパンツ×ショートブーツ

スリムなスキニーパンツは、秋冬トップスと合わせると貧弱に見えることも……。そんなときは、程よいボリュームを足元に演出できるショートブーツを合わせてみて。オーバーサイズのトップスやロングアウターともバランスが取りやすく、スキニーの細見え効果でスタイルアップも叶い、良いこと尽くめ!

さりげないロールアップで丈感を微調整

黒スキニー×キャッチーなレースアップブーツをあわせた足元は、さりげないロールアップで丈感を微調整。ブーツの筒ギリギリのラインにスキニーを合わせてパーフェクトなバランスに。コートとブーツを同系色で揃えてまとまり感を。

オーバーサイズトップス×スキニーをブーツがまとめてくれる

オーバーサイズトップス×スキニーは、華奢なサイドゴアブーツを合わせるとボリューム感のバランスが崩れたり、寒々しく見えることも。そんなときはブーツでアクセントをつけるとバランスアップ。パープルトップス×黒スキニー×黒ブーツで大人っぽく仕上げて。

<参考>
絶対ダサ見えしない!サイドゴアブーツコーデ【21選】

短め丈スキニー×サイドゴアブーツで素肌をチラ見せ

デニムスキニーとブーツに隙間を作り、あえて素肌を見せることで足元に抜け感が。重厚感のあるロングウールコートを使ったコーデも、このほんの少しの抜け感のおかげでスッキリ感が段違い。ブラウン×デニムのナチュラルな色合いをブーツの黒で引き締めて。

スキニー×ショートブーツを靴下でつなげて

スキニーにカラーショートブーツを合わせるときは、ちらっとのぞく素肌が中途半端な印象になることも。そんなときは、パンツと同じ色の靴下で隙間をつなげてみて。黒スキニー×ボルドーブーツを靴下でつなげて自然な仕上がりに。

<参考>
チラ見せで遊ぶ!「ショートブーツ×靴下」の失敗しない、コーデ集

裾をインして足首をキュッと細見えさせる

長め丈スキニーの裾をショートブーツにインすると、足首が引き締まってキュッと細見えが叶う! ヌーディベージュのブーツなら、程よいアクセントになりつつ、重くならないので、ロングコート合わせでもOK。

スキニー×ぺたんこブーツでリラックスカジュアル

白スキニー×ぺたんこブーツでリラックス感漂うコーデ。フラットでカジュアルなブーツのときは、スキニーの裾をラフにインするとこなれた雰囲気に。デイリーな着こなしなので、アクセントになる柄バッグやサングラスで遊び心をプラスして。

ワイドパンツ×ショートブーツ

裾口の広いワイドパンツ×ショートブーツは、合わせやすくモードな着こなしをアシスト。ワイドパンツのボリュームに負けないような太ヒールやレザー素材をセレクトして着こなしをブラッシュアップして。

フルレングスワイドパンツ×ショートブーツで脚長効果◎

フルレングスのワイドパンツ×ショートブーツは、脚が長く見える組み合わせ。ウエストイン&ロングアウターのIライン効果でよりスタイルアップを狙って。ヒールブーツに合わせて、あえて丈を長めにお直しする、なんていうオシャレさんも。

アンクル丈ワイドパンツ×フラットブーツで足さばき良く

アンクル丈ワイドパンツに、フラットなショートブーツを合わせると足さばきが良く歩きやすい。アクティブに着こなせるのに、モードな雰囲気に仕上がる大人女子に嬉しい組み合わせ。カーディガン肩がけでさらに余裕を漂わせて。

ベージュワイドパンツ×ブラウンブーツでボトムスをワントーンに

下半身がボリューム過多になりがちなワイドパンツ。明るめベージュ×ブラウンブーツでワントーンにまとめると、すっきりした印象に。オーバーサイズの厚手スウェットを合わせてもどこか軽やか。大人気の足袋デザインでカジュアルコーデにスパイスを。

太ヒールのショートブーツでワイドパンツとのバランスアップ

裾が広がるワイドパンツは、細ヒールを合わせると靴がパンツのボリュームに負けてしまいがち……。ヒールを合わせるなら、断然 太ヒールがバランスを取りやすい。こちらは、ブラウンのオールインワン×黒の太ヒールブーツでモードな装い。デコルテ見せで女っぽさをプラスして。

存在感控えめのグレージュブーツで柄ワイドパンツをクリア

柄ワイドパンツには、存在感控えめのグレージュブーツをセレクトしてなじませると難なくクリア。ロングアウター×ワイドパンツの足元に抜け感を演出するというメリットも。スクエアトゥもモードなエッセンス。

クロップド丈ベイカーパンツ×ソックスショートブーツ

トレンドのソックスショートブーツは、足首をキュッと引き締めてくれる嬉しい効果が。クロップド丈のベイカーパンツとコーデして、大人のこなれ感を演出して。カーキ×黒のダークカラーからちらっとのぞく素肌が着こなしに軽さをON。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW