LIFE STYLE

成田離婚はしたくない!二人の仲を深めるハネムーンにする秘訣

2018/12/01

せっかくゴールインしたのにハネムーン中の些細な出来事でお互いに嫌な気持ちにならないようにするには、どうしたらよいでしょうか。喧嘩を避けるために事前にやっておいた方がいいことや、旅行を楽しむコツなどを知っておくとよいでしょう。

成田離婚とは?

新婚旅行中の何かしらのトラブルで険悪な仲となり、それを機に離婚してしまう現象を「成田離婚」といいます。
ハネムーンを海外で過ごすカップルが多いことから、帰国の際に到着する空港の代表格として成田空港の「成田」という言葉を使い「成田離婚」と呼ばれるようになりました。

成田離婚はハネムーン中の喧嘩が原因

新婚旅行で数日間を一緒に過ごすと、お付き合いをしていた時は気づかなかった相手の習慣や価値観が垣間見えてくるものです。それらが自分と合わない場合、イライラしたり喧嘩になってしまうことがあり、悪化するとお互いの気持ちが冷めてしまうことにもなり兼ねません。最悪な場合、離婚に至ってしまうことも。

成田離婚って今でもあるの?

最近は、海外だけでなく国内でハネムーンを過ごすカップルも増えているため、実際に成田で離婚を決めるケースは多くはありません。しかし、結婚後6か月以内に離婚するカップルは増加傾向にあるのだとか。
帰国後すぐに離婚をしなくても、新婚旅行中に本当に相手と幸せな夫婦生活が送ることができるか、不安を抱く人は少なくないでしょう。それが原因で後々別れに至る人もいるでしょう。

スムーズな旅行前の準備でトラブル回避

旅行中は日常生活と違い、朝起きてから寝るまでずっと相手と一緒に過ごすことになります。しっかり計画を立てて旅行前の準備をすることで、旅行中のトラブルを最小限に抑えることができます。

ハネムーンの準備は結婚式の3か月前までに

成田離婚のひとつの原因として、旅行のために必要な手配がスムーズに進まないことでストレスを感じることが考えられます。そうならないためにも、航空券やホテルの予約は、結婚式の3か月前には済ませておきましょう。航空券やホテル代は、当日よりも早い時期に予約をした方が早期割引などの割引制度が活用できる事もあり、旅費を安くできるメリットもあります。
また、スムーズに旅程の計画も立てられるため、二人で行きたい観光地やお店などもしっかりと話し合うことができます。現地でお互いの意見が食い違うリスクも少なくなるでしょう。

余裕のある行動プランを立ててのんびり過ごせるように

旅行中は、慣れない地で道に迷ったり、想像以上に移動時間がかかるもの。限られた時間で行きたい場所ややりたい事がたくさんあり、ついついプランを詰め込んでしまう人も多いかもしれませんが、そこは少し我慢して余裕のあるプランを立てるのがオススメ。
飛行機や電車の運行が乱れて予定通りに過ごせなかったというアクシデントはよく耳にします。また、急に買いたい物や行きたい場所を思いついたりして、一方的に予定を変更してしまうとケンカの原因になるため、ゆとりを持った計画を立てておきましょう。

お互いに楽しめるプランを考える

男性と女性では旅行の楽しみ方も違うことがあります。自分のやりたいことばかりを叶えようとすると、相手に我慢ばかりさせてしまい、離婚の原因となるかもしれません。
たとえば女性にはショッピングが好きな人が多く、男性は歴史的な名所に訪れたりアクティブなレジャーに挑戦したいと考える人が多かったりします。旅行中はお互いの好きな過ごし方を考慮し、どちらも楽しめるようにプランを立てることが大事でしょう。

お土産をリストアップしておく

旅行中の買い物で欠かせないのが周囲へのお土産。家族や友人だけでなく、職場にも休暇をもらった御礼としてお土産を買ったほうが良いですが、お土産選びに時間や予算をかけすぎないようにして。最近では、インターネットを使えば事前に旅行先で人気のお土産の情報が見つけられるかもしれません。
お土産を買う時間を最小限にすれば、部屋でのんびりしたりアクティビティに時間を使えます。お土産選びよりも、新婚旅行そのものを楽しむことを忘れずに。

ハネムーンを楽しむための秘訣

旅行中は予定通りに進まなかったり、思わぬハプニングがつきもの。どんなアクシデントが起きても二人の仲を保つことができる秘訣をチェックしておきましょう。

ほんの少しでも一人になる時間を

新婚旅行では基本的に終始一緒に時間を過ごすことになるため、ずっと一緒にいる事がストレスになりケンカの原因になることがあります。日常生活で一人の時間があるように、旅行中でも一人の時間をつくった方がお互いリラックスできます。

夜、ホテルで過ごす際にお風呂に一人でゆっくり入ったり、ホテルの敷地内や近隣を散歩してみるなど、束の間の時間だけでも一人で過ごすようにして。もちろん、相手が不安にならないように配慮は必要です。
「一人になりたい」とはっきり言うのではなく、「ゆっくりショッピングしてきていいよ」「せっかくならスパでマッサージを受けてきたら?」と、相手が一人の時間を楽しめるような提案をしてみましょう。

予定通りにならなくてもそれが旅行の醍醐味

旅行にはハプニングがつきもの。特に海外だとお店が定休日だったり列車が遅れてしまったりする状況に出くわすと、どうしていいかわからなくなってしまいます。また、日本とは文化や習慣が違うことに戸惑ってしまうこともあります。
しかし旅行中のハプニングの際に取り乱しすぎてしまうと、その不安や不満が成田離婚の要素になります。

予定外の出来事こそが旅の醍醐味と考えてみて。ちょっとしたハプニングは面白さや発見に変換して二人だけの思い出を作りましょう。どんな時でも楽しく過ごせる相手だとわかれば、あなたと歩む今後の人生をより楽しみに感じてもらえるはず。

ケンカだって旅行の楽しみだと思おう

新婚旅行中に喧嘩をするカップルは4人に1人だといわれています。当然のことながら、新婚旅行中のすべての喧嘩が成田離婚に繋がるわけではありません。
旅行という非日常的な時間を活用して、思い切ってお互いの気持ちをさらけ出せば二人の関係もさらに強くなるでしょう。ただし、自分に悪い所があった時は最後にきちんと謝ることを忘れずに。

ハネムーン気分がアガる!持っていくといい物

楽しい新婚旅行を過ごすために、二人のテンションが上がるとっておきのアイテムを紹介します。

フォトプロップスでインスタ映えを意識

フォトプロップスは、写真を撮るときにメッセージなどを持って装飾する小道具。「LOVE」と書かれた吹き出しや、髭や王冠などを付けてインスタにアップするのが流行っています。
作り方はとても簡単で、髭やメガネ、メッセージが書かれた吹き出しなどを紙に書いて切り取り、棒を付けるだけ。文具があれば誰でも作ることができます。
このフォトプロップスがいいアクセントになり、周囲にもより一層二人の仲のよさをアピールできます。撮っている時間を楽しむだけでなく、旅行が終わった後に二人の思い出を振り返ることができるのでオススメです。

自撮り棒があれば気楽にツーショット写真が撮れる

せっかくのハネムーンには、自撮り棒を持って行きましょう。
旅行先では、周囲に知人がいない状況のため、見ず知らずの人に高価なカメラやスマホを渡し難いかもしれません。他人に撮影を頼めないために、せっかくのハネムーンで夫婦のツーショットが撮れなかった…と後悔をしないように、自撮り棒を活用してください。
カメラの機種によっては、連動させたスマホでリモートでシャッターが押せる機能が付いているものもあるので、それを活用するのもよいでしょう。

スマホだけじゃなくビデオカメラを用意

先輩花嫁の意見では、写真だけではなくムービーも撮りたかったという意見が多数あるようです。動画を見れば、写真よりも鮮明に楽しい記憶が蘇るもの。今やSNSで動画をアップする人も多いため、旅行でもスマホに加えてビデオカメラを持っていくのもよいでしょう。
スマホだけで写真を沢山撮ると、旅行中に容量不足になり困ってしまうことも。そんな時に、ビデオカメラをも持っていると、二人の思い出を少しも逃すことなく記録しておくことができます。

準備もハネムーン中も楽しむ事を第一に

新婚旅行は、結婚する二人にとってメインイベントの一つ。夫婦になった記念に沢山の素敵な思い出をつくる機会、旅行中は終始お互いに楽しく過ごして、新婚生活を迎えたいと思っている人は多いでしょう。せっかくの新婚旅行が離婚の原因になってしまっては元も子もありません。旅行中に二人が喧嘩をすることなく楽しく過ごせるように、旅行前の準備や旅行中にどんな心がけが必要かを改めて整理しておきましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW