LIFE STYLE

遠距離恋愛を楽しもう!成功させるためのコツ

2018/12/04

愛する彼には、いつも近くにいてほしいと願う女性は多いはず。しかし、仕事や環境の違いなどさまざま理由から遠距離恋愛になってしまうことがあります。
そんな遠距離恋愛になったときに大切にすべきことや注意点を解説していきます!

遠距離恋愛を成功させるために大切なこと

遠距離恋愛を成功させたいカップルが大切にすべきことを集めました。

電話やメールの頻度はお互いに心地の良い回数にする

今までは気にならなかった連絡の頻度も、遠距離恋愛になると揉める原因に。どちらか一方が満足する頻度ではなく、お互いが納得のいく頻度をあらかじめ話し合って決めておくのが大事。
あまりマメに連絡を取るのが苦手という場合は、SNSを利用して近況を知ることができる状態を作っておくのも良いでしょう。
無理した連絡頻度を設定してしまうと、連絡するのが面倒になってしまい、二人の関係も長続きしません。

浮気を疑ったり束縛をしたりしない

遠距離恋愛では、とにかく相手を信じることが大切です。連絡の返事が遅くても毎回浮気を疑わないように気を付けましょう。
たとえ浮気について彼に直接言わなくても、あなたが彼に対して不信感を持っていることは電話やメールなどの空気で伝わってしまうものです。彼はあなたから「信用されていないんだな」と思って悲しみ、二人の信頼関係が崩れることにもなりかねません。

遠距離恋愛だからこそ記念日を大切にする

頻繁に二人でお祝いできないからこそ、ひとつひとつの記念日を大切にしましょう。付き合って一年の節目や、お互いの誕生日、クリスマスなどのカップルにとって特別なイベントの日は忘れずに。
彼に特別なメッセ―ジを送ったり、電話をしたり、サプライズで会いに行って驚かせてみるのもおすすめ。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを確認しあえば、もっともっと深い仲になれるでしょう。

会う回数はお互いの収入に見合った頻度にする

遠距離恋愛では、会いに行くたびに交通費がかかります。そのため、デートはお互いの収入に見合ったペースでするように心掛けましょう。
会いたい気持ちを優先し、あまりにも頻繁に会ってしまうと貯金できないどころか、借金まで抱えてしまったなんてことも。
なかなか会えないときは、ビデオチャットなどを活用してみて。文字や声だけでなく映像で見ることによってお互いの存在を身近なものに感じやすくなります。

遠距離恋愛中に連絡を取る時に特に気を付けたいこと

遠距離恋愛中の連絡の取り方について考えてみましょう。

愚痴ではなく楽しい内容を心がける

遠距離恋愛中は連絡を取っている時間だって貴重なものです。せっかくなので連絡する際は愚痴を控えて、楽しい話をたくさんするように心がけましょう。
近況を話しているうちに、つい愚痴を話してしまいがちですが、愚痴は聞いていてあまり気分が良いものではありません。彼もあなたからの連絡がネガティブなものばかりだと嫌になってしまいます。
どうしても聞いてほしくなったときは、話す前に「少し愚痴を聞いて欲しい」とワンクッション置くのも良いでしょう。

不安になった時は我慢しないようにする

遠距離恋愛中は彼と急に会いたくなったり、そばにいてほしいと不安になったりすることがあるでしょう。不安になったときに「彼に気持ちを伝えると迷惑になるから」と我慢していても、あなたが不満や不安を感じていることは相手にも伝わってしまいます。
万が一不安になったときは、その気持ちを彼に伝えるように心がけましょう。伝える際はしっかりと言葉で伝えることが大切。普段会えないからといって、察してほしいは通用しません。

どんな小さなことに対してでも「ありがとう」を伝える

遠距離恋愛をしている二人は、お互いを思いやるべきことが多くなります。
たとえば電話をする際も相手の都合や時間帯を考えなくてはいけません。また、会う日程もお互いの時間や金銭面など相手に気を遣う必要があります。
このように小さなことでも、感謝の気持ちを忘れずに「ありがとう」と言葉にして伝えていくことが遠距離恋愛を成功させるコツになります。

こんな時はどうする?もしも喧嘩をしてしまったら

もし遠距離恋愛中に喧嘩をしてしまったら…そんな不安を少しでも減らすために、具体的な解決方法を理解しておきましょう。

音信不通になっても慌てずにゆっくり待つ

遠距離恋愛中に喧嘩をしてしまった場合、音信不通になるとさらに不安になってしまいます。
しかし長文メールを送ったり、着信履歴を何度も残してしまうなど、彼に重いと思われてしまうような連絡方法は避けましょう。彼からの連絡がない中、こちらから一方的にしつこく連絡をしてしまうと、喧嘩が長引いたり、さらに大きくなったりしてしまう可能性が高くなります。 慌てずに彼からの連絡を待つことが大切です。

早く仲直りしたいからとなんとなく謝らない

彼と早く仲直りしたいからといって、なんとなく理由もわからないままの状態で謝らないように気を付けましょう。
喧嘩したときこそ、彼と本音で話し合えるチャンスです。今後のことや二人の価値観のすれ違いについて、しっかりと話し合うのが良いでしょう。

自分が悪いと感じた時は素直に謝る

喧嘩した後に反省して自分が悪いと思った場合は、素直に自分から謝りましょう。ここは思い切って電話をしてみることがポイント。その際は「自分はどこが悪いと思っているか」まで、きちんと彼に伝えることが大切です。
直接会って顔を見ながら謝ることが一番なのですが、なかなか会いに行けない遠距離恋愛の場合は電話でもOK。誠心誠意謝れば、相手に気持ちは十分に伝わるでしょう。

会って話をする機会を作る

全く会っていない状態が続いているときは、お互いの良いところが分からなくなっている可能性があります。ふっと別れが頭をよぎってしまっても、ちょっと待って。
そんなときこそ直接会って、お互いの大切さを再確認することが必要かも。会ってとことん話をしましょう。

喧嘩をしないために!遠距離恋愛には二人のルールを作る

遠距離恋愛では二人だけのルールを作ることが成功の秘訣。ルール作りのポイントを集めました。

どちらか片方が頑張りすぎることのないように気を付ける

遠距離恋愛において、二人で決めなくてはいけないルールがたくさんあります。連絡の頻度はもちろん、交通費の負担、会うペースなどについてしっかりと話し合っておくと良いでしょう。
交通費の負担は、最初の頃は我慢できても、だんだんと負担が大きくなり会いに行くのも億劫になってしまいます。あらかじめ、折半するのか交代で会いに行くのか、最初にある程度決めておきましょう。
どちらか片方だけが我慢するはなく、二人が円満に付き合えるようなルール作りが大切です

遠距離恋愛のゴールを決めておく

遠距離恋愛を成功させるためには、二人でゴールについて相談しておくのもひとつ。いつまで遠距離恋愛が続くのかというゴールが見えないと、ときには苦しい状況に追い込まれてしまうこともあります。
「この時までには同棲する」「この時までには結婚する」といった人生設計を決めておくと、それに向かって二人で頑張ることができます。ゴールについての相談をしておき、遠距離恋愛の壁を乗り越えていきましょう。

離れているからこそしっかりとした信頼関係を築こう

会いたいときに気軽に会うことができない遠距離恋愛。寂しい思いをするかもしれない、とマイナスイメージで不安になる人もいるかもしれません。しかし遠距離恋愛は、彼との距離が遠いからこそ信頼関係を築くチャンスにもなります。
離れているからこそ、相手を思いやることが重要です。遠距離の壁を乗り越えた二人は、今まで以上に深い信頼関係で結ばれるはず。しっかりとした信頼関係を築いて、彼との遠距離恋愛を幸せな人生のひとつのステップにしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW