LIFE STYLE

「褒める」ことが必要な理由〜ヴィーナスマイの愛の女神通信〜

2019/04/12

人気の美人占いユニット、mailoveのヴィーナスマイさんの単独連載が読めるのはMINEだけ! 読むだけで女性の生まれ持った美しさと本来の魅力が輝き出す、スピリチュアルコラムをお届けします。

美しさは見えない部分に秘訣あり

このコラムではよくオーラや魂や四大元素(火・風・水・地)の話をさせていただいているけれど、美しさとは単なる造作の話ではないということはわかってきていただけているかしら?

美しいオーラ、充実した魂、整った四大元素…そんな風に見えない部分でのバランスがいかに美しいかが、「美しい人」をつくりあげるの。
持って生まれた肉体だけでは、美しさは育めないわ。地味な印象だった方が、どんどん洗練されて美しい人のオーラをまとってくるというのは、きっとご自身の周囲でも見たことがあるのじゃないかしら。

美人はみんな褒め上手!

そんな“真の美しい人”たちが、必ずしていることがあるわ。今まで出会ったオーラ美人は、一般の方でも芸能関係の方でも、ほとんどがこれをさらっと行なっていた。

それはね、「他の人を褒める」ということ。

出会った時の最初の挨拶からこちらに対して「素敵ですね」「美しい」と声をかけてくれる。それはお相手が男性でも女性でも、長年の友人でも初対面でも変わらずよ。社交辞令としての褒め言葉ではなく、感動したかのごとく愛を持って賞賛をくれる。それを自然にできるのが美しい人たちの特徴よ。


そして彼女たちは、もう一つ上手に褒めるものがあるの。それは、彼女たち自身。
美しい人たちは、他人だけじゃなく自分に対してもとても褒め上手。決してネガティブな言葉を自分にはかけないわ。他の人からご自身が褒められた時も「いやいや私なんて…」と礼儀正しいようでいて卑屈な謙遜をすることもなく、にっこり「ありがとうございます」と相手からの愛を受け取るの。

目の前の人はあなたを映し出す鏡

形而上学の世界で伝えられている真理の一つに「内にあるもののごとく外にあり、外にあるもののごとく内にある」という言葉があるわ。あなたの内側の世界が表に現れ、逆に見えている世界はすべてあなたの内側の反映、という意味なのだけれど。つまり、他人に対して褒め上手な方は、外に美しさを見出せる分、自分の中にも美しさを見出せる。そして、自分を美しいと感じているからこそ、外の世界が美しく見えるの。他の人へとかける褒め言葉は、そのまま自分に対して囁いているのと同じこと。

言葉に愛があるかどうか、受け取る方はかなり敏感よ。
だから、思ってもいない褒め言葉は効果があるどころかマイナス要素。逆に愛のこもった褒め言葉や感謝の言葉は、自分だけじゃなく相手のことも美しくできるわ。水の結晶も、かけられる言葉によってまったく違う姿になるという実験もあるぐらい。そして、コップから水があふれて初めて外に水を与えられるように、愛は自分の中で満ちない限り外に渡すことはできないもの。

自分を褒めて、目の前の人を褒めて、世界を褒めて。
愛あふれる褒め言葉の交流で、美しさの輪を広げていきましょう。

PROFILE:Venus Mai

大手出版社のファッションエディターからスピリチュアルビューティコンサルタントに転身、魔女ユニットmailoveとして活動中。3000年以上続く魔法学校で学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロットなどを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる!」、「人生が変わった」と口コミで話題。愛と美の女神アフロディーテと深い縁を持ち、そのメッセージも伝えている。

mailoveホームページ

Editor:Moyuru Sakai

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW