FILM

「恋ってどうやるんだっけ?」干物女子が潤う映画

2018/11/24

TVや雑誌でおなじみの映画ライターよしひろまさみちさんが映画やドラマで読者のお悩みにアンサー。「恋する気持ちを忘れてしまった」というあなたのハートに再び火をつける映画は?

「最近すっかり恋愛にご無沙汰で、恋する気持ちも忘れてしまいました…」というお悩みに対して、よしひろさんが選んだのは、映画『娼年』。石田衣良の同名小説を原作に、松坂桃李演じる大学生リョウが“娼夫”となり、数々の女性と体を重ねていくさまを描く性愛のドラマ。

「男性向けのポルノや風俗は世の中にごまんとあるけど、女性向けのものってほとんどない。そんな中で、この映画に登場する女性たちはお金で“娼夫”を買っているわけだから、やる気満々。自発的な性交渉が描かれていて、完全に女性目線だから観やすいはず。女の人は恋愛が介在しない性行為は悪だと思いがちだけど、すべてがそうじゃないと思えるかも」(よしひろさん)

『娼年』
DVD&Blu-ray発売中
監督・脚本:三浦大輔
出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙
価格:DVD通常版 ¥3,900(税抜)、Blu-ray通常版 ¥4,800(税抜)
発売・販売元:ハピネット
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

Profile:よしひろまさみち

映画ライター、編集者。音楽誌、女性誌、情報誌などの編集部を経てフリーに。日本テレビ系「スッキリ」で月一回レギュラーの映画紹介ほか、ラジオ出演、雑誌連載多数。

Videographer:Ryohei Kawaguchi Videoeditor:Mika Kikuchi Writer:Mirei Hirose

他の記事もチェック!

▼「自分の外見に自身がありません」。こんな自信ナシ系女子の心を救う作品があるらしい。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW