LIFE STYLE

アラサーの片思いが辛い理由を、恋愛カウンセラーに聞いてみた

2018/11/24

10代の頃は、片思いでも毎日がドキドキの連続。けれど、年齢とともに仕事も恋愛も経験値は上がり、恋愛はひと筋縄ではいかなくなります。大人になるほど、片思いはつらくなってしまうものです。なぜ10代の頃は片思いでもドキドキしていたのに、アラサーになるとつらいだけなのでしょうか…? 恋愛カウンセラーの愛叶恋々(あいかここ)さんに聞いてみました。

著者:ラブコミュニケーター・占い師 愛叶恋々さん

そもそも恋愛が面倒くさくなってしまう

職場では責任あるポジションを任され、残業や休日出勤は当たり前。恋愛なんてしている時間がない……そんなアラサー女子の方は多いかと思います。

20代前半であれば、どんなに仕事が忙しくても片思い中の彼に連絡する体力はあったはず。でも最近は、仕事だけでぐったり。仕事で責任を背負っているぶん、恋愛で一喜一憂する余裕なんてなくなりますよね。

恋愛は感情が大きく揺らぐため、体力を消耗したり神経をすり減らしたりしてしまうもの。仕事で忙しいアラサー女子は、恋愛と仕事の板挟みがつらくなり、恋愛が面倒になってしまいがちです。

本来、リフレッシュしたりリラックスしたりするはずのプライベートの時間で傷ついたり失敗すると、仕事に支障が出るという危険性を、アラサー女子は無意識に察知するのかもしれません。

このように片思いの彼はいるのに、なぜか恋愛そのものが面倒くさくなると感じてしまうのは、仕事に責任が出てくるアラサー女子の特徴でもあります。決してあなただけではないことを、まずは知っておいてください。

片思い中の相手が、彼女持ちや既婚者だった

知り合った相手が好みのタイプで、恋愛への発展を期待したものの、実は既婚者だった、なんてことありませんか?

実はアラサー女子の恋愛事情で多いのがこのケース。アラサー世代になると、周りの男性にも既婚者が増えてきます。タチが悪いのは、相手が恋人がいることや既婚者であることを隠していたケース。事実を知ったときにはすでに彼を好きになりすぎていて、片思いを辞めたいのに辞められなくてつらい……という方、いますよね。

相手のいる人と付き合うことになれば略奪愛、既婚者と付き合うことになれば不倫になってしまいます。職場恋愛になれば、周りも巻き込まれたくないので、噂ばかりが広がるだけ。応援してくれる人はいません。片思いでも、片思いが実っても、つらいことに変わりはありません。

そもそも、アラサー女子は自分の社会的地位が上がってくるにつれ、相手に求める理想も高くなりがち。冴えない男性は視野にすら入ってきません。結果的に出会いも少なくなり、恋愛から遠ざかってしまうケースが多いようです。

そんな方は一旦冷静になって、ハードルを下げてみましょう。視野を広げると、もっと多くの男性と恋の可能性が期待できるようになります。

一見冴えない男性でも、恋人ができた途端、見違えるようにかっこよくなることも。すべてができあがっている紳士よりも、ちょっとダサくてウブな男性のほうが自分色に染めやすく、浮気の心配も少ないという考え方もできるはずです。

片思い中の彼と他の男性を比較してしまう

片思い中の彼も大好き。だけど、他の男性の年収や職業がついつい気になってはいませんか?

アラサーになると、どうしても付き合う相手の条件に「結婚相手としてふさわしいか」という判断軸を無意識のうちに設けてしまうもの。女性は、男性よりも現実的です。将来のビジョンを描き「この年収なら安心」「この職業なら周りに言っても恥ずかしくない」なんて考えてしまいがちです。10代の頃は顔だけで選んでいたのに、アラサーになると片思い中の彼でも、他の男性と比較してしまうのです。

でも、結論からいえば、これはナンセンス。目の前の男性よりもっと好条件の人がいるのでは?と探しはじめたらキリがありません。むしろ周りの男性についつい目がいってしまう時期は、自分を見つめ直す良い機会だと思ってください。

よく考えてみてください。お金や職業といった 「条件」そのものと結婚したいわけではないですよね。お互いに頼り合い、何が起きても一緒に乗り越えられるか?そういった目線で相手を見つめてみると、もっと楽しく恋愛ができるはずですよ。

明らかに“脈無し”の片思い

相手の行動ひとつに一喜一憂していたのは若い頃の話。大人になると、相手の反応で、ある程度自分に“脈あり”か“脈無し”なのかがわかってしまうもの。

たとえば、こんなことはありませんか?

・お誘いするのはいつも自分から
・彼からのメッセージの返信は、ひと言やスタンプばかり
・ふたりきりで会っていても、他の女性の話をする

片思い中の彼とのコミュニケーションがこのような感じであれば、“脈無し”の可能性大です。

アラサー女子は、それなりに恋愛経験もしてきているしプライドもあります。大人になればなるほど、もう傷つきたくないという自己防衛が強くなります。玉砕覚悟の告白なんて今さらいやだ!と思う方も多く、その結果、明らかに脈無しの片思いをダラダラと続けてしまう傾向があります。

もちろんはじめは脈無しでも、大逆転ホームランの可能性はあります。しかし、告白する勇気もない、ダラダラ片思いをするのもつらい。脈無しの片思いでつらい思いをしている方は、この機会に視野を広げてみてはいかがでしょうか。まずは いろいろな男性と広く浅く知り合うことから始めましょう。

周りが結婚・出産をしていることによる焦り

SNSが普及している現在、InstagramやFacebookなどで、周りの友だちの嬉しい報告を目にすることも多いですよね。心の底から祝いたいのに、なんだか心がモヤモヤ。原因は、周りから置いていかれているという感情や、両親や親戚からの圧などかもしれません。

アラサーにもなると、「私、本当に結婚できるのだろうか」と不安にかられることもあるかもしれません。そんなときこそ、不安を大切に抱える自分と寄り添うことが大事。そうすることで、自分にも優しく、人にも優しくなることができ、幸せが訪れやすくなります。

冷静になって考えてみると、結婚は焦ってするものでもありません。結婚することが正しいという世の中のルールもありません。

恋愛も同じで、あせっても良い結果は生まれません。人の目や意見を気にしすぎず、「自分以外の人が望む、自分の幸せ」に振り回されすぎないことも、アラサー女子には必要なのです。

自分の幸せは自分で決めてあげる

アラサー女子の片思いがつらい理由は、仕事も恋愛も大人の階段を登っている最中だからなのかもしれません。仕事も責任があるし、がんばり時。でも、恋愛もやっぱり妥協したくない。そんな狭間に挟まれているアラサー女子の片思い。つらいのは当たり前です。

ただ、つらい状況も自分しだいで変われます。自分の幸せは自分で決める!という信念さえしっかり持っていれば、前向きな気持ちで恋愛もうまくいくはずです。

あなたに幸せが訪れますように!

愛叶恋々さん

ラブコミュニケーター・占い師。かつてイジメやDVなどを受けた体験から、社会に出てからもうまくいかず転職を繰り返すが、フリーアナウンサーになったことをきかっけに、言葉を学び、伝える技術を身につける。その後 独立開業し、家庭環境や恋愛で苦しんでいる人の力になりたいと思い恋愛心理カウンセラーに。話すのが苦手な人のために、言わなくても心を映しだす占いも行う。

BLOG:「愛叶恋々♡」では、愛を中心に生きる日々を綴っている。

▼好きな人への態度、特徴を知っておこう

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW