デニムスカートのアイテム別(アウター・トップス)コーデ
FASHION

コーデが広がる!デニムスカートのアイテム別(アウター・トップス)コーデ15選

2018/11/21

オールシーズン楽しめるデニムスカートは、カジュアルコーデに欠かせない定番アイテム。使い方をマスターすれば、コーデの幅がグッと広がる! よりおしゃれ見えが叶うデニムスカートのアイテム別着回し術をご紹介します。

ベストな『トップス』でおしゃれ見え

合わないトップスはない! といっても過言ではないほど万能なデニムスカート。だからこそ、ベストなトップスをセレクトしておしゃれ見えを狙いたい。無難なコーデから脱却して、大人っぽくこなれたコーデを目指して。

ニット×デニムスカート

デニムスカート×ニットは、それぞれの色の選び方でコーデの完成度が格段にアップ! あか抜けて見えるバランスを追求して、おしゃれ見えを狙って。

▼インディゴブルーデニムスカート×赤ニット

インディゴブルーデニムスカート×赤ニット

赤×デニムは、無条件でおしゃれに決まる組み合わせ。より大人に仕上げるなら、インディゴブルーの長め丈デニムスカートをセレクトしてニットの色を引き立てて。アイボリーのパンプスを合わせて、さりげないトリコロール配色のフレンチカジュアルに。

▼ブルーデニムタイトスカート×黒ニット

ブルーデニムタイトスカート×黒ニット

黒ニットには、程よくウォッシュのかかったブルーデニムが好相性。コーデにメリハリが生まれてバランスアップできる。タイトシルエットでスッキリまとめれば、カジュアルなブルーデニムが上品に着こなせる。

▼ブラックデニムスカート×白ニット

ブラックデニムスカート×白ニット

白ニットには、ブラックデニムを合わせると洗練されたカジュアルスタイルに。ミニ丈でも、ブラックデニムなら子供っぽくならず大人でもチャレンジしやすいバランスに。他のアイテムの色目も抑えてモノトーンを意識して。

スウェット×デニムスカート

カジュアルなスウェットにデニムスカートを合わせるときは、必ず大人なアクセントをつけて。手っ取り早く大人コーデに仕上げるなら、ロング丈が便利!

▼ロングデニムスカート×スウェット

ロングデニムスカート×スウェット

グレーのロゴスウェット×デニムの王道カジュアルも、ロング丈デニムスカートをチョイスすれば大人顔。バックにデザインされた長めスリットから覗く素足が女っぽさもON。大ぶりピアスで顔まわりを上品に飾って。

カーディガン×デニムスカート

デニムスカートに合わせるカーディガンは、ベーシックなVネックカーデが特におすすめ。シャープな衿のラインとスッキリシルエットが大人コーデへ導いてくれる。

▼デニムロングスカート×赤カーディガン

デニムロングスカート×赤カーディガン

ロング丈デニムスカートにスニーカーと、カジュアルなボトムのときは、Vネックカーデをトップス感覚でイン。Vネックからのぞくデコルテが、コーデを女っぽくまとめてくれる。フロントの黒ボタンもさりげないアクセントに。

▼黒デニムスカート×ボーダートップス×グレーカーディガン

黒デニムスカート×ボーダートップス×グレーカーディガン

デニムミニスカートのときは、デコルテをあえて出さず露出量を調整してヘルシーに。黒デニム×ボーダー×グレーカーデのモノトーンでまとめて大人っぽく仕上げて。

パーカー×デニムスカート

デニムスカート×パーカーは、野暮ったくならないようにトレンド感を盛り込んで。スカートのデザインはもちろん、小物使いも今どきに。

▼フロントボタンデニムスカート×パーカー

フロントボタンデニムスカート×パーカー

グレーのベーシックなパーカーには、トレンドのフロントボタンデニムスカートを合わせて旬顔に。スニーカーからのぞく赤ソックスやレオパードバッグでスパイスを効かせてコーデに奥行きをプラス。

シャツ×デニムスカート

大人コーデに欠かせないシャツは、着こなしにクラス感を漂わせてくれるアイテム。くせありデザインも難なく受け止めてくれるので、まわりと差のつくコーデにチャレンジしてみて。

▼デニムスカート×デニムシャツ

デニムスカート×デニムシャツ

おしゃれ上級者風の着こなしが叶う”デニムonデニム”も、シャツを使えば簡単! コーデが単調にならないよう、ドレープデザインのデニムスカートで立体感を。白小物で抜け感をプラスして爽やかに。

Tシャツ×デニムスカート

シンプルな無地Tシャツ×デニムスカートの潔いコーデは、大人だからこそ似合う組み合わせ。スカート丈は膝より長いものを選んで落ちついたシルエットに仕上げて。

▼インディゴブルーデニムスカート×白Tシャツ

インディゴブルーデニムスカート×白Tシャツ

白Tシャツには、濃いブルーのデニムスカートを合わせてコントラストを際立たせるとメリハリが生まれておしゃれ見えが叶う。クリアバッグ&サンダルで清涼感をプラスした夏の爽やかコーデの完成。

▼ライトブルーデニムスカート×黒Tシャツ

ライトブルーデニムスカート×黒Tシャツ

黒Tシャツには、ライトブルーデニムスカートを合わせて軽やかに。スニーカーやリュックを使った子供っぽくなりそうなカジュアルスタイルも、膝下丈スカートなら落ち着いた雰囲気に仕上がる。

▼ブラックデニムスカート×黒Tシャツ

ブラックデニムスカート×黒Tシャツ

こちらは、フレアシルエットのブラックデニムスカートと黒Tシャツのコーデ。オールブラックなら、フレアシルエットでも引き締まった印象に。ウエストインで腰まわりをスッキリさせて。

『アウター』はボリューム感を意識して

デニムスカート×アウターは、ボリューム感を意識してアイテムをセレクトすると上手くいく! 程よく厚みのあるデニム素材は、重厚感のあるアウターとなじむので失敗が少ないのも嬉しいポイント。

ファージャケット×デニムスカート

デニムスカートは、リッチなファージャケットを程よくカジュアルダウンしてくれる。上半身にボリュームが出る分、スカートはコンパクトにまとめると好バランス。

▼デニムスカート×ブラウンファージャケット

ミニデニムスカート×ブラウンファージャケット

ブラウンのリッチなファージャケットに、ダメージ加工されたミニデニムスカートを合わせて海外スナップのようなこなれコーデに。カジュアル度の強いダメージデニムは、高級感のあるアイテムと合わせれば大人っぽくコーデ可能!

ボアジャケット×デニムスカート

モコモコとした質感のボアジャケットと、フラットなデニム素材は相性◎! 定番の組み合わせだからこそ、一歩先行くカラー合わせで楽しむのが大人っぽい。

▼白ロングデニムスカート×黒のボアジャケット 

白ロングデニムスカート×黒のボアジャケット 

黒のボアジャケットに普通のブルーデニムを合わせるのも素敵だけど、白デニムをセレクトすればクリーンな大人カジュアルへシフト。パッと明るい印象に仕上がるので、ロング丈でも軽い仕上がりに。

コート×デニムスカート

ロングコートには、下半身がもたつかないようにタイトシルエットのデニムスカートを合わせるのがオススメ。それさえクリアすれば、おしゃれ見えが叶う!

▼フリンジデニムスカート×グレーコート

フリンジデニムスカート×グレーコート

ハンサムなグレーチェスターコートに、デニムタイトスカートを合わせた大人カジュアルコーデ。裾のさりげないフリンジがアクセントに。コートを羽織るときもウエストをラフにインして脚長効果を狙って。

デニムジャケット×デニムスカート

デニムジャケット×デニムスカートは、色差をつけてメリハリを作るとおしゃれに着こなせます。インナーや小物で必ず抜け感を作ってこなれた”デニムonデニム”コーデに。

▼ブラックデニムスカート×デニムジャケット

ブラックデニムスカート×デニムジャケット

ブルーデニムのジャケットに、色差のあるブラックデニムスカートを合わせたコーデ。インナーやバッグ、スカートのボタンなど白を適度に散りばめると抜け感が生まれてデニム同士のコーデもこなれ感たっぷりに。

コーデの幅を広げる『ベルト』

デニムスカートをブラッシュアップしてくれるベルト使いをマスターすれば、コーデの幅がグッと広がる! ウエスト細見えや脚長見えといった嬉しいメリットも。

ブルーデニムスカート×黒カーディガン×サッシュベルト

ブルーデニムスカート×黒カーディガン×サッシュベルト

ブルーデニムスカートに、ブラウンのサッシュベルトをプラスしてウエストをキュッと細くボディメイク。このとき、ひざ下丈をセレクトすれば、脚の長さやラインもカモフラージュされてスタイルアップ効果が絶大! フロントボタンで縦ラインも強調してパーフェクトな装いに。

他の記事もCheck!

▼おしゃれさんから学ぶデニムスカートコーデ

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW