FASHION

空港ファッションは、旅好きセレブが参考になる【スナップ集】

2018/12/05

来る年末年始、連休を使った旅行のために、飛行機を利用する人も多いのでは? 旅行先でのおしゃれにこだわることはもちろん、旅のスタートである機内ファッションも楽しみたい! というのが女心というもの。そこで、ホットな海外セレブたちの機内ルックを集め、勝手に「空港ファッションショー」を開催! リラックスとおしゃれを両立したセレブたち夢の共演をとくとご覧あれ。

【秋冬】の空港ファッション

程よいぬくもりと快適さを重視したい秋冬の機内ルック。困った時は、旅慣れたセレブ達の空港ファッションを参考にしてみて。

アスレジャーでリラックス!(ジジ・ハディッド)

写真:Shutterstock/アフロ

2018年11月、グローバルアンバサダーを務めるReebok(リーボック)のイベントのために来日したジジ・ハディッド。Tシャツ、レギンス、スニーカーをすべて同ブランドで揃え、羽田国際空港で待ちわびるファンの前に登場。Storets(ストレッツ)のチェックシャツとPRADA(プラダ)のバッグを合わせてアスレジャースタイルへとシフト。

楽ちんボトムスはステートメントジャケットで引き締め(ジジ・ハディッド)

写真:Splash/アフロ

2018年2月、ミラノコレクションのためにミラノ・マルペンサ空港に降り立ったジジ。ストレッチの効いた楽ちんボトムスには、FENDI(フェンディ)のズッカ柄ボンバージャケットで貫禄たっぷりに! バッグとサングラスも同ブランドで揃えて。iRi(イリ)のレザーブーツで足元に重さを出せば今っぽい仕上がりに。

真似しやすい♡ ストールでぬくもりプラス(ジジ・ハディッド)

写真:Gotham/Getty Images

JFK空港にてジジをキャッチ。 何かと冷える機内、ジジのようにストールを持っておくと便利! ラフに首から下げれば、縦長効果でスタイルアップ。チェック柄ストールに、Maison Margiela(メゾン マルジェラ)のチェックジャケットを合わせるテクが上級者。RE/DONE(リダン)のデニムとiRi(イリ)のスニーカーで足元はカジュアルに。

ニットとデニム、楽なのにおしゃれな理由は?(ベラ・ハディッド)

写真:Best Image/アフロ

JFK空港にて、ジジの妹、ベラもパパラッチ!
ニットと、デニム。私たちが普段お世話になる定番ルックが垢抜けて見える理由は、小物にあり。Mandkhai(マンドハイ)の赤ニットとMiss Sixty(ミス シックスティ)のブルーデニムには、DIOR(ディオール)のブラックベルト投入でカラーコントラストをはっきりさせて。FENDI(フェンディ)のバッグとBalenciaga(バレンシアガ)のダッドスニーカーなら今っぽいおしゃれが叶う。

スウェットを家着と言わせない! オールホワイト術(ケンダル・ジェンナー)

写真:starzfly/Bauer-Griffin/Getty Images

楽だけど、セットアップでスウェットを着たら家着と思われるんじゃ…… と思ったあなた、ロサンゼルス空港でのケンダルのように潔くワントーンで揃えるのがおしゃれに見えるコツ! Champion(チャンピオン)とコラボしたVETEMENTS(ヴェトモン)のフーディは、袖に施されたデザインとロング袖で個性派な印象を叶えてくれる。Balenciaga(バレンシアガ)のランナースニーカーとLinda Fallow(リンダ ファロー)のティアドロップサングラスで小物技を効かせて。

デニムの色を変えて統一感を(エミリー・ラタコウスキー)

写真:Backgrid/アフロ

いつものブルーデニム、エミリーのようにブラックに変えてみるのはいかが?
Bardot(バルドー)のクロップドトップス、RE/DONE(リダン)のデニム、Gianvito Rossi(ジャンヴィト ロッシ)のブーツをブラックでまとめ、DIESEL(ディーゼル)のアーミージャケットを合わせたスタイリングでJFK空港に現れたエミリー。ウェストをちらりと覗かせることで女っぽさを忍ばせて。スタイリングの邪魔をしないクリアアイグラスもさりげなくてGOOD!

スウェットにはレザー投入で辛口に(ヘイリー・ボールドウィン)

写真:starzfly/Bauer-Griffin/Getty Images

ロサンゼルス空港でのヘイリーをパパラッチ!
締め付けのないKSUBI(スビ)の楽々スウェットパンツは、レザーの持つ重厚感でクラスアップ。秋冬の定番であるライダースジャケットと、Supreme(シュプリーム)とコラボしたLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のバッグでメリハリをON。キュッと結んだハイポニーテールとCELINE(セリーヌ)のキャットアイサングラスがレトロでキュート♡

スウェットでもハイヒールブーツを履いちゃう!(ヘイリー・ボールドウィン)

写真:GVK/Bauer-Griffin/Getty Images

こちらもロサンゼルス空港でのヘイリー。
カニエ・ウェストのライブツアーグッズのスウェットトップスに、ホワイトのスウェットパンツ。これだけだとラフすぎる印象だけど、小物のチョイス次第で「あえてこうやって着てるんです」というこなれ感が! ゆるっとしたスウェットには、Alexander Wang(アレキサンダー ワン)のソックスブーツとSaint Lauren(サンローラン)のバッグ合わせで「たるませて引き締める」技を駆使。

トレンドのウエストポーチなら手ぶらで楽々(テイラー・ヒル)

写真:Jun Sato/Getty Images

2018年10月、ファスト家具ブランドLOWYA(ロウヤ)のイメージキャラクターに就任し、記者会見のために彼氏マイケル・シャンクと揃って羽田空港に到着したテイラー。GUCCI(グッチ)のスウェットトップスとブルーデニム、そしてTimberland(ティンバーランド)のカジュアルルックとアップヘアがたまらなくキュート! COACH(コーチ)のウエストポーチなら、トレンドと楽さの両方をゲット。

総柄ゆるボトムスはリゾートにぴったり(テイラー・ヒル)

写真:Jun Sato/Getty Images

羽田空港出発前のテイラーをキャッチ。ワインレッドの総柄ボトムスは、エキゾチックなムードが演出できるので、リゾートへ行く際に参考にしたい! GUCCI(グッチ)のファースリッポンでちょっぴり高級感もプラス。手に持ったキティちゃんのぬいぐるみが微笑ましい……♡

ディーバの貫禄たっぷり! ビッグアウターで存在感抜群(リアーナ)

写真:Gotham/Getty Images

2018年5月、JFK空港にてディーバらしい余裕の貫禄を見せたリアーナ。Ism New York(イズム ニューヨーク)のロンTとOff-White(オフホワイト)のスウェットパンツには、RAF SIMONS(ラフ シモンズ)のオーバーサイズジャケットで旬をプラス。Dior(ディオール)のトートバッグなら機内荷物もたっぷり持ち込めて◎。

高見えするレザーアイテムをプラス(セレーナ・ゴメス)

写真:Marc Piasecki/Getty Images

パリ=シャルル・ド・ゴール空港にモノトーンスタイルで現れたセレーナ。
T by Alexander Wang(ティーバイ アレキサンダー ワン)のニットとレギンスでゆったりとさせたら、大きめレザートートバッグとZARA(ザラ)のレザーアンクルブーツで隙を作らないのがコツ。

レースとレザーで上品な機内ファッション(ミランダ・カー)

写真:Marc Piasecki/Getty Images

パリ=シャルル・ド・ゴール空港に降り立ったミランダのルックをチェック。
RE/DONE(リダン)のジーンズとGUCCI(グッチ)のフラットシューズで足元はラフに仕上げたら、レーストップスとEmilio Pucci(エミリオ・プッチ)のレザーバッグをグリーンリンクして上品な印象へ。Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のロングコートを肩掛けすればスーパーモデルの貫禄たっぷり!

プリントTで色を加える(カーラ・デルヴィーニュ)

写真:Splash/アフロ

ロンドン・ヒースロー空港出発前のカーラをキャッチ。
ブラックのジャケットにスウェットパンツのルックには、真っ赤なプリントが施されたTシャツでポップな印象へとシフト。足元はPuma(プーマ)のホワイトスニーカーで軽さを出すとGOOD!

時にはヴィヴィッドなジャージを履いてみる(カーラ・デルヴィーニュ)

写真:Splash/アフロ

JFK空港に、上級者な装いで到着したカーラ。一見ハイレベルに見えるこちらの機内ルック、トーンを合わせることで意外と真似しやすい! PUMA(プーマ)のイエロージャージパンツには、同カラーのミラーサングラスとBURBERRY(バーバリー)のストールでトーンを統一させて。ショートヘアにベレー帽を合わせればトムボーイスタイルの完成。

【春夏】の空港ファッション

ここで紹介するのは、春夏編。張り切りすぎないセレブ達の機内ルックとは?

ワイドパンツオールインワンで楽々おしゃれ(ベラ・ハディッド)

写真:Marc Piasecki/Getty Images

パリ=シャルル・ド・ゴール空港でのジジ。Reformation(リフォーメーション)のチェック柄オールインワンなら、ワイドパンツで楽してキュートなルックをゲット! 足元はNIKE(ナイキ)のホワイトカラーコルテッツで外すのがお約束。

旅のセットアップは素材にひとひねり(ベラ・ハディッド)

写真:Marc Piasecki/Getty Images

第71回カンヌ映画祭のために、コート・ダジュール空港に到着したベラ。Ovelia Transtoto(オベリア トランストト)のナイロンセットアップなら、楽なのにこなれ感を演出してくれる。 Nike(ナイキ)のスニーカーとillesteva(イレステーバ)のサングラスでレトロチックにシフトするのが上級者!

ストライプセットアップで洗練(ケンダル・ジェンナー)

写真:GVK/Bauer-Griffin/Getty Images

組み合わせるだけでおしゃれに見せてくれるのが、セットアップ。ロサンゼルス空港にて、ケンダル着用のSally Lapointe(サリー ラポワント)のセットアップなら、ストライプ効果でヒールを履かなくともスタイルアップ。足元はCELINE(セリーヌ)のホワイトスニーカーで、ボトムスカラーと馴染ませるチョイスを。GIVENCHY(ジバンシー)のバッグとAHLEM(アレム)のサングラスのブラックでコーデをピリリと引き締めて。

デニムONデニムは全体のトーンを統一(ケンダル・ジェンナー)

写真:Splash/アフロ

まるっと真似したい、ケンダルのJFK空港での機内ファッションをご紹介! Rails(レイルズ)のダンガリーシャツにMOTHER(マザー)のジーンズを合わせた定番のデニムONデニムスタイルには、PUMA(プーマ)のスニーカーとNew Era(ニューエラ)のキャップで全体のトーンを合わせて。GIVENCHY(ジバンシー)のブラックバッグは、どうやらお気に入りの様子?

クロスボディバッグがおしゃれ見えに使える!(テイラー・ヒル)

写真:starzfly/Bauer-Griffin/Getty Images

2017年のコーチェラのためにロサンゼルス空港に降り立ったテイラーは、涼しげなホワイトトップスとカーキのカーゴパンツでラフな装いを見せた。レザーのクロスバッグをプラスしてシンプルシックに仕上げて。

ベージュサロペットで大人の余裕を(エミリー・ラタコウスキー)

写真:GVK/Bauer-Griffin/Getty Images

ともすると子供っぽくなってしまうサロペット。ロサンゼルス空港にてエミリーが着用していたFree People(フリー ピープル)のベージュサロペットなら、カラーの印象が相まって、楽して余裕顔。肩にかけたジャケットも同系色で馴染ませて。バッグ、シューズ、そしてKAREN WALKER(カレン ウォーカー)のサングラスで少面積のブラックを散らばせて引き締めるのがコツ。

足元をルーズ感たっぷりに(エミリー・ラタコウスキー)

写真:starzfly/Bauer-Griffin/Getty Images

ロサンゼルス空港にて、カジュアル&セクシーな装いのエミリーをパパラッチ!
彼女ほどウエストを露わにするのは難しいけれど、是非真似したい着こなしをチェック。 あえて腰履きにしてルーズ感たっぷりに着こなすボトムスには、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のファー×レザーの異素材MIXサンダルで個性派に。Levi’s(リーバイス)のデニムジャケットは、肌寒いときに役立つアイテム。

チェック柄ジャケットで垢抜ける(ヘイリー・ボールドウィン)

写真:Marc Piasecki/Getty Images

第70回カンヌ映画祭のために、コート・ダジュール空港に到着したヘイリー。ホワイトが新鮮なDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツとSaint Laurent(サンローラン)のバックパックを合わせた楽ちんコンビには、Alessandra Rich(アレッサンドラ リッチ)のロングジャケットでたちまちモードな出で立ちに。

ホワイト×小物テクの重ね技(セレーナ・ゴメス)

写真:Backgrid Australia/アフロ

シドニー空港にて友人と仲良さげに歩くセレーナをパパラッチ! ホワイトのTシャツとスウェットパンツには、ソックスとadidas(アディダス)のスニーカーまでホワイトで揃えるのが粋! マリンキャップとサングラスの小物技で物足りなさを払拭。

ジャージーワンピはモノトーンでシックに!(ミランダ・カー)

写真: GVK/Bauer-Griffin/Getty Images

ロサンゼルス空港で見せたミランダのミニワンピルックをご紹介!
ミニ丈で、足元楽ちんなH&M(エイチ・アンド・エム)のジャージーワンピースには、ワンピースの裾がちらりと覗くISABEL MARANT(イザベルマラン)のオーバーサイズジャケットでメンズライクに。MANSUR GAVRIEL(マンサー・ガブリエル)のバスケットバッグとISABEL MARANT(イザベルマラン)のシューズもモノトーンで合わせて、シックに落とし込んで。

キャップ×ジャケットの合わせ技(ミランダ・カー)

写真:Splash/アフロ

ロサンゼルス空港にて、ジャケットなのにキャップ、という意外性が人と差のつくルックを見せたミランダ。深く胸元が開いたTシャツにフレアデニム、そしてキャップを合わせたカジュアルスタイルに、Stella McCartney(ステラ マッカートニー)のジャケットでハンサムムードをON。

リゾートの定番、マキシドレスは鮮やかカラーで(ミランダ・カー)

写真:Backgrid/アフロ

ロサンゼルス空港に到着したミランダをキャッチ! リゾート感満載のNatalie Martin (ナタリー マーティン)のマキシ丈ドレスは、ヴィヴィッドレッドで迫力大! Prada(プラダ)のゴールドトングサンダルで南国ムードを盛り上げて。

▼機内の服装はコレ!▼

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW