LIFE STYLE

迷える恋活に勝つ!あの人を落とす「サバイバル恋愛術」とは?

2018/11/21

マーケティング戦略から説いたシビアな婚活論がタメになる!と人気を博したドラマ「サバイバル・ウェディング」。記憶に新しいあの作品から、胸に刺さった名言とともに原作者である作家の大橋弘祐さんが婚活女子のお悩みをスッキリ解消!
今回は、気になるあの人を落としたい!と恋活・婚活成就に励むあなたのための3つの名言。

男友達に女として意識させるには?(マリンさん・29歳)

「お前は男に興味がないんだ。(中略)男を知らないから男のニーズに応えられなくて、恋愛がうまくいかないんだよ。(中略)
男という生き物は女の肌に自然と目がいくんだ。一回腕を出して歩いてみろ。視線が集まることに気づくはずだ」(「サバイバル・ウェディング」より)

大橋さん:「『サバイバル・ウェディング』でも、モテるために愛されワンピを着ろっていう話が出てくるんですけど、男性のニーズとは、ずばり、わかりやすい女らしさ。好かれたいなら、ちょっぴりあざといくらいの愛されワンピで男性の好みに寄せるのがいちばんです! 

前に勤めていた会社で、ある女性社員がシースルーのブラウスを着て、明るく男性社員に話しかけたら、話しかけられた男性社員全員が『あいつ俺のこと好きなんじゃないか』って言い出したことがあって。それくらい男って単純な生き物です(笑)。デートでノースリーブニット着て来られたら、それだけで『イケるんじゃないか』って思うくらい単純です。

もし、今まで彼の前で女っぽい自分を出すのが照れ臭くて下ネタ全開みたいな関係性だったったとしても、いつもより少しだけ女性らしい服装で会ってみる。それで相手は『お? 今日はなんか違うぞ』って反応すると思います。ダマされたと思って、試してみてはいかがでしょうか」

女性から誘うのって勇気がいります。引かれずにOKがもらえる方法って?(かおりんさん・27歳)

「男とデートするんだったら、男に力を使わせることを考えろ。(中略)お前の強みを活かせる場所の方がいいだろうな」(「サバイバル・ウェディング」より)

大橋:「男に力を使わせるのがどういうことかというと、IT好きの男性はパソコンの設定をやってあげるのが好きですし、野球好きな男性だったら野球に連れて行ってもらうとか、音楽好きな男性なら『おすすめのプレイリストちょうだい』とか、そういうことでいいと思います。

自分の得意なことをやってあげるのって男は嬉しいもんなんです。あと男は語りたがる奴が多いから、ラーメン好きをラーメン屋に誘って、そいつのラーメン論を聞いてあげるとかですかね。野球とかラーメンとか男が好きそうな趣味に付き合えるとか、彼の男友達とも気さくに話せるとか、そういうことでも十分強みになると思いますよ」

結婚したいのに、今不倫中です……。(愛梨さん・28歳)

「お前も結婚したいならアルノーのように目的に忠実になれ。そして不要なものは切り捨てろ。一番大切なものを手に入れるためには、二番目に大切なものを切り捨てなきゃいけないときがあるんだ」(「サバイバル・ウェディング」より)

大橋:「アメリカのある研究で、市役所で待ち伏せして婚姻届けを出した女性にアンケートを取ったそうなんです。すると、結婚した女性というのは、とにかく結婚への目的意思が強いという結果がわかったんです。

例えば付き合っているのになかなか結婚しない彼氏がいるとしたら、『あなたのことは好きだけど、あなたに結婚の意志がないのなら別れなければならない』ということを、きちんと相手に伝えていたそうです。

ということは逆に、不倫している人は、目的意思が弱いんだと思います。結婚したいなら、その目標からブレちゃダメです。既婚者という結婚できない相手をさっさと断捨離して、目標に忠実に突き進んだ人だけが幸せになれるんです」

Profile:大橋弘祐

立教大学理学部卒。大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家、編集者として活躍中。初の小説作品となる「サバイバル・ウェディング」が波瑠主演でドラマ化され話題に。ご本人も婚活中。

Information:「サバイバル・ウェディング」

大橋弘祐著(文響社)¥680(税別) 
出版社勤務のアラサー女性黒木さやかは、寿退社したその日に婚約者の浮気が発覚し、フラれてしまう。ファッション誌の編集部になんとか復職するも、ドSの編集長に「半年以内に結婚できなければクビ」と言い渡されて、婚活コラムの担当を命じられる。編集長の高級ブランドの戦略を使った婚活は、果たして上手く行くのか!?
その続きを描く、「サバイバル・ウェディング2」も好評発売中!

Photo:Getty Writer:Moyuru Sakai

他の記事もチェック!

本物の出会いを掴むためのメソッドを知りたい人はこちら!「サバイバル・ウエディング」の著者、大橋弘祐がお悩みに回答。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW