shutterstock.com
LIFE STYLE

悲しみだけじゃない?アラサー女子が失恋して学んだこと

2018/12/02

20代前半までは大好きな彼氏とお別れすると、目が腫れるまで号泣しましたよね。そんなフレッシュな経験とは裏腹に、「どんどん次にいかないと時間がない!」と叫んでいるのがアラサー女性たち。日々出会いを求め奮闘している彼女たちは失恋を通してどんなことを学んだのでしょう? 

(1)手に職があって救われた

アラサー女性の恋愛といえば「次の彼氏とは結婚したい」「これが最後の恋」と息巻いている方も多いでしょう。そして結婚後は憧れの主婦となり、仕事を頑張る夫を支える……なんて甘い妄想をしていませんか? 

筆者が取材の中で耳を疑ったのは、婚約まで進んだ彼と同棲していた女性の破局エピソードです。なんでも新居に引っ越すまでは、彼女のマンションに同居、しかも家電もすべて彼女が買い揃えていたそう。看護師だった彼女は職場に、もうすぐ結婚をするからと、祝福を浴びながら退職の手続きを完了しました。
ですが、突然婚約破棄になってしまい、彼女の手元には高級家電などの請求が山積みに。「人手不足の看護師の職場には資格さえあれば、すぐに復帰できたのでよかったです」と、ピンチに改めて“手に職”の強みを実感したのだとか。

(2)恋ってどうやるんだっけ?

恋に仕事にと奮闘するアラサー女性にとって、結婚相手の理想も譲れないポイントがたくさんありますよね。そんななか、「30歳になるまでに結婚する!」と決心した女性たちが駆け込む時期には第2次結婚ラッシュが……。

顔良し、高収入のハイスペ男子を捕まえていたアラサー女性が、結婚間近!? と噂されていたところ、久しぶりに連絡してみると、「別れちゃったの」とのこと。しかも、早く次の彼を見つけなければいけないのに、結婚を視野に入れているアラサー女性にとっては、相手の年収やビジュアル、家族を大事にするか、家事は手伝ってくれるかなど、“条件”が数え切れないほど膨らんでしまっているそう。
すると「あれ……?恋ってどうやるんだっけ?」と婚活迷子状態に突入! 20代前半までの若かりしころ“人を好きになる”というピュアな感情の大切さを痛感しているようです。

(3) 男性には逃げ道を用意する

昔からサバサバした性格で、男女構わず思ったことはハッキリ伝えてきたアラサー女性がいました。その竹を割ったような性格が同性からも異性からも人気があったのですが、いざ結婚を前提に……となると、なかなか難しい様子。見た目も、性格も良いのに、なぜだろう? と話を伺ってみると、お付き合いする男性とも対等に話をしようと、どんなときも論理的に会話をしてしまうそう。それが結果的に彼を追い込み、いつも逃げられてしまっていました。

「大好きな彼氏に振られてから、男性には“逃げ道”を用意しながら話をしないとダメなんだって悟って。それからは、上手に誘導できるようになりました」と話す成長した彼女の結婚は近そうですね!

(4)友人チェックで既婚者地獄を脱出

もともと顔立ちがクールな印象のアラサー女性……その強気な見た目もあり、周囲の友人に頼るのが少し苦手でした。仕事もそつなくこなす彼女は同世代の男性たちからは、“高嶺の花”のような印象があったようです。

すると、自然と彼女を口説くのは、恋愛経験も豊富な年上男性たち。女性の扱いにも慣れているスマートな彼らに心を許すも、「ごめん、実は結婚しているんだ」と既婚者であったことが3連続で判明したという仰天エピソードが!
自分には男を見る目がないと学んだ彼女はそれ以来、ちょっとイイなと思っている男性は、自分の信頼できる友人に紹介するようにしたそう。友人チェックが入ることで、冷静に相手を見極めることができるので、無事に既婚者地獄からも脱出できたそうですよ。

(5)長すぎる春から学んだタイミングの見極め

そして、失恋をしたアラサー女性の中には、学生時代から5年以上交際していたという方もいました。5年以上も一緒にいると家族のように大切な存在になっていて、「自然と彼と結婚するんだろうな」なんて浮かれていたそう。お互い仕事も安定してきた27歳頃のタイミングで「いつ結婚する?」と質問したところ、「君が30歳になるまでには結婚したいと考えているよ」との回答が。そのときは「あと3年か~長いようだけど、仕事をしていたらあっという間だろうな」とふんわり思っていたそう。

しかし、29歳になり、そろそろ結婚の準備をどうするか彼に相談しても、なんだか歯切れの悪い返事……。「30歳の誕生日にプロポーズされなかったら別れる」と周囲にもらしていた彼女は、記念すべき誕生日に“長い春”と決別しました。次にお付き合いした年上の男性と、1年もかからず結婚し、幸せそうな姿を見ると、タイミングの見極めも大事だと感じますね。

いかがでしたか? 失恋を境目に、いろいろと思うところの多いのが、アラサー女性たちの恋愛でしょう。失恋は悲しいですが、それ以上に学ぶことも大きいので、この経験をぜひ次に活かして欲しいですね! 

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼アラサー女子の体験談…

▼クリスマスに彼にプロポーズしてほしい!

▼元カレと復縁したいなら!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW