shutterstock.com
LIFE STYLE

【LINE裏ワザ】既読を付けずにメッセージを読む方法

2019/01/20

LINEには相手がメッセージを読んだか確認できる“既読”の機能がありますよね。
メッセージを送った側からしたら、メッセージを確認しているかどうか分かるため便利ですが、受け取った側の状況からしたら一概に便利とは言い難い部分もあるのではないでしょうか?

人によっては、既読を付けてしまったため「早く返信しないと」と焦ってしまったり、返信する時間がなく、放置しているせいで相手に既読スルーに思われていないか?と不安になってしまったり……と思うことは様々です。
今回は機種ごとにLINEのメッセージで既読を付けずに読む方法を紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

■iPhoneの場合

(1)ロック画面で確認する

iPhoneではメッセージの通知をOFFにしていない限り、受信するとロック画面にメッセージが表示されますよね? 
短い文章であればそのまま確認することが可能ですが、メッセージが長文の場合は途中で文面が途切れてしまいます。続きが気になるけれど、既読をつけたくない……そんなときには“3D Touch”機能が役立ちます。

3D Touchなら受信したメッセージを軽く押し込むことで、メッセージが全て表示され、既読をつけずに確認できるようになります。お使いの機種によって対応しているかどうかが異なります。対応している場合は設定から、一般、アクセシビリティそして3D Touchの順に進み、設定することができますよ。

(2)トークリストで確認する

またiPhoneでは別の方法でも既読をつけずにメッセージ内容を確認することができます。
例えばトークリストを表示したら新規メッセージは一番上に表示されますよね。そこで既読をつけずに確認したいメッセージを軽く押し込むとメッセージが拡大されて表示されますので、既読を付けずにメッセージを確認することが可能です。

しかし強く押し込み過ぎてしまうと、トーク画面に入ってしまい、既読がつく危険性があるので気を付けましょうね。

(3)機内モードを利用する

さらにおすすめの手法としては、メッセージを受信したら、“機内モード”をオンにすることです。これなら機内モードの切り替えだけでできるので、細かい設定が必要ないので簡単ですね。
機内モードをオンにした後、通常通りトークを開いて確認するだけ……という至ってシンプルな方法です。機内モードになっているので、既読をつけずにLINEを確認することができます。

■Androidの場合

(1)ポップアップを利用する

Androidの場合では、また違った方法で既読をつけずにLINEを読むことができます。まずは“ポップアップ”を利用してみましょう。
設定方法は、LINEアプリの設定から通知設定を開き、メッセージ通知の内容表示・画面オン時のポップアップ表示・画面オフ時のポップアップ表示の3つにチェックを付けるだけです。
設定が完了すると、ポップアップでメッセージが読めるようになり、未読のメッセージが複数ある場合はスワイプしてメッセージを確認することが可能になります。

(2)アプリを利用する

みなさんは“ちらみ”というアプリがあることを知っていますか? 
このアプリを使うことでLINEと連動して、既読をつけずにメッセージを読むことが可能になります。アプリを使うにあたって初期設定をする必要がありますが、一度設定してしまえば既読を回避してメッセージを読むことができるので便利ですよ。
頻繁にLINEのメッセージを既読をつけずに閲覧したい機会のある方はダウンロードしてみてはいかがでしょう。

今回はLINEのメッセージで既読を付けずに読む方法について紹介しました。
設定や、アプリを使うなどその方法は様々でしたね。ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。

参考
https://www.apple.com/jp/
https://appllio.com/line-read-kidoku-through-but-ks
https://bumbullbee.com/line-kidoku-android-3264

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼ムダ買いを防いで節約も!? 冷蔵庫の収納のコツ

▼覚えておくと便利な「LINE」の機能って?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW