shutterstock.com
LIFE STYLE

【平成総まとめ】懐かしい!学生時代の手紙交換あるある

2019/03/20

平成が始まってから30年、来年の5月1日からは、新たな元号になります。
アラサー世代の方は、平成と一緒に年齢を重ねてきた方がほとんど。
そこで今回は、アラサー世代が学生時代にやっていた手紙あるあるをご紹介。
「懐かしい!」と思わず声をあげてしまうこと間違いなしですよ!

(1)Dear

「〇〇へ」という意味で使われていた「Dear」。
中学生や高校生のころ、友達に手紙を書くとき、Dearから書き始めていた方が多いのではないでしょうか。
そして、終わりはもちろん「From」です。英語を使うことで、手紙がおしゃれになった気がしましたよね。

(2)©

人の名前につけていた「©」。
「chan」の略のような意味で使われていた記号です。
今思うと「〇〇ちゃん」と書けばいいのに、と思ってしまいますが、あの頃はこのような、“自分たちだけが分かる暗号”が嬉しかったですよね。

(3)H/K

この「H/K」、どんな意味だったか覚えていますか?
答えは「話変わるけど」。これをローマ字にした際の、話の「H」と変わるの「K」を組み合わせた頭文字の略語です。
手紙の中で、違う話題に変えるとき、これを書いていたという方、すごく懐かしいのではないでしょうか?

(4)毛虫マーク

手紙を書いていて間違えてしまったとき、間違った字を塗りつぶして、目を書く毛虫マーク。
可愛いラメペンやカラーペンで手紙を書きたいけど、間違えると書き直しになってしまう……という女子の悩みを解決してくれたのが、この毛虫マークです。
間違っても毛虫マークにすると、一気に可愛くなりましたが、間違えすぎて毛虫マークだらけ、なんてこともありましたよね。

(5)伸ばし棒は矢印

「そうだよねー」などの伸ばし棒を矢印にするのも流行っていました。ただの伸ばし棒も、矢印にするだけで、当時はグッと可愛くなったと感じましたね。
通常の伸ばし棒が浸透したあとは、くるっと回した伸ばし棒にしてみたり、ギザギザにしてみたりと、アレンジを加えることも。
あなたはどんな矢印を書いていましたか?

(6)続く言葉には「2」を

「キラキラ」や「いろいろ」など、同じ言葉が2つ続く場合は「キラ2」のように言葉のあとに「2」をつけて表現していませんでしたか?
たくさん書きたいことがあるからこそ、省略できる言葉は可愛く省略する、というのがあの頃の流行りだったようですね。

(7)「は」を「わ」に

「〇〇ちゃんは」のような「は」を、「わ」にする手紙あるある。
おそらく、みなさん1度は書いた経験があるかもしれないですね。
メールが流行りだしてからは、小さい「わ」を使っている人もいました。
普通の文章も今っぽくしたい、そんなティーンの気持ちが見える手紙あるあるですね。

実際に使っていたものはいくつありましたでしょうか。
もし今、過去の手紙を読んだら「全然読めない!」なんてことになりそうですよね。
平成の最後に、ぜひあの頃を懐かしんでみてくださいね!

Editor:Mihoko Sakurai

他の記事もCheck!

▼1万円以下!自分へのご褒美リスト

▼デスクで使える「隠れ美容グッズ」って?

▼女の友情はハムより薄い!?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW