shutterstock.com
LIFE STYLE

愛の形は人それぞれ!私の周りの変わったカップルの話5つ

2019/03/20

突然ですが、あなたは彼氏と付き合っているとき「変わってるね」と言われたことはありませんか?
浮気の定義、デートの頻度、連絡のとり方……。あなたが“普通”だと思っていることが、実は周りから見ると「変なの!」と見えてしまうことがあるんです。
そこで今回は、20~30代独身女性を対象とした「カップル」に関するアンケートを参考に、「ちょっと変わったカップルの実態」をご紹介します。

(1)一妻二夫で共同生活するカップル

「友人カップルの話なんだけど、女性が浮気性で夫の親友と恋愛関係を結んで修羅場を迎えたとき、“みんなで暮らせばいいんじゃない?”と提案したら男二人が納得したらしい。私には信じられないけど、先日三人で生活するための豪邸が完成。早速見に行ったら、キングサイズのベッドの入った寝室が二つ用意されていてドン引きした」(32歳/IT)

一夫多妻制ではなく、なんと“一妻二夫”生活をするカップルがいることが判明! キングサイズのベッドルームが2つも家にあるとは驚きですね。でも、一つ屋根の下に働き手が二人もいると、ちょっと贅沢な生活を送れるのかも……。

(2)結婚して子どもが生まれても、ずっと遠距離カップル

「同期の友人が結婚して子どもが生まれたんだけど、“仕事を続けるから”って理由でいまだに遠距離で生活中。“いつになったら一緒に住むの?”と聞いたら、“住みたくなったら”って答えが返ってきた。今は月に1回、夫が妻のところに通っているらしい。二人が納得していれば、こんな夫婦のカタチもアリなのかな?」(33歳/公務員)

家庭よりも仕事を最優先したいカップルは、結婚して子どもが生まれても、それぞれ好きなことをして生活しているようですね。
月に一度の再会では、いつの間にか子どもが大きくなってしまいそうな気がしますが、それもこれも了承済み。どんなタイミングで共同生活をスタートさせるのか気になりますね。

(3)結婚する前から「週末婚」を決めていたカップル

「独身時代から“一緒にいすぎると飽きる”が口癖だった親友が結婚したんだけど、入籍する前から“週末婚”を約束していたらしい。だから結婚5年目の今も、週末だけ二人の家で生活。平日はお互い実家で生活しているらしい」(34歳/金融)

どんなに美人も三日で飽きると言われるように、毎日顔を合わせていると一緒にいるのが当たり前になってしまいがち。
でも、久しぶりに会うと毎回ドキドキしていられそうですよね。いつも新鮮な気持ちで向き合いたい願望の強いカップルは、週末婚を選択するのもアリなのかも……。

(4)本気にならなければ「浮気OK」のカップル

「とにかく自由な考えの持ち主の友人だから、彼氏が浮気してもまったくお構いなし。“どうだった?”、“私とどっちがよかった?”なんてストレートな質問をしてしまうほど。彼女曰く、本気にならなければよし。浮気しても戻ってくればよしなんだって」(28歳/漫画家)

独身カップルにとって、パートナーの浮気は命取り。
でも、なかには「浮気OK」「戻ってくればいい」と寛容な女性もいるようです。それにしても、他の女性とのエッチの感想を「どうだった?」「どっちがよかった?」と聞けるようになるには、ある程度の時間と覚悟が必要かもしれませんね。

(5)分刻みでデートプランを立てるカップル

「後輩の女の子がスマホと睨めっこしているから“どうしたの?”って聞いたら、“次のデートのタイムスケジュールを立てているんです”って答えが返ってきてビックリ! 毎回デートの計画を立てるときは、分刻みで“〇〇へ行く”、“歩いて〇〇を食べる”なんて二人で話し合うらしい。私だったら窮屈すぎて逃げ出したくなりそう……」(29歳/事務)

海外旅行やツアー旅行など、時間を気にしながら行動しなければいけないデートなら分かりますが、普段のデートでも分刻みの予定を立てているカップルがいるとは……!
しかも、話によると「キスのタイミング」「エッチの時間」まで決まっているといいます。1分先のことまで分かる“未来日記”があった方が、安心できるのかもしれませんね。

愛のカタチは人それぞれ。何が正解か分からないのが恋愛です。
あなたの周りには「これって、ありなの?」と思わず突っ込みたくなるような変わったカップルはいますか?

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼結婚前に同棲するメリットって?

▼実際、事実婚ってどう?

▼サイコパス男に注意!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW