オールブラウンコーデをもっと楽しむ! 季節別のお手本着こなし19選
FASHION

オールブラウンコーデをもっと楽しむ! 季節別のお手本着こなし19選

2019/11/06

楽々おしゃれ見えが叶うワンカラーコーデは、コーデがのっぺりしてしまったりと意外と難しいもの。今回は、旬らしさもまとえる「オールブラウンコーデ」をレクチャー! オールブラウンにする際のポイントの他、季節別の着こなし例を一挙大公開。大人の女性にもぴったりのカラーだから、早速挑戦してみて。

オールブラウンコーデ<成功させる2つのコツ>

初心者さんであれば、定番のオールブラックやオールホワイトコーデと違って、中間色であるブラウンコーデを組むときにはどうしたらいいか分からないもの。そんなときは、 ここで紹介するふたつのポイントを参考にしてみて。

オールブラウンコーデ<成功させる2つのコツ>のイメージ画像

<1>差し色を取り入れる

オールブラウンコーデにトライするときは、コーデをのっぺりさせないためにも、差し色をどこかに取り入れてみて。ベーシックカラーだからこそ、意外にもどんな色ともマッチするのが◎。

<2>アクセントor女性らしさをプラスして

肌馴染みが良いブラウンは、ともすれば地味になりがち。そんな問題を解決すべく、アクセサリーで華やぎを添えたり、女性らしさをプラスすることで、大人の余裕感漂うスタイルへと着地。

色の濃淡を幅広く使った、オールブラウンコーディネート。他のアイテムの色が全部入ったパイソン柄バッグを合わせ、異素材ミックスコーデに成功。

【春】のオールブラウンコーデ

寒い冬が終わり、明るい色をまといたくなる春だけど、 あえて定番色のブラウンを基調にコーデを組むのも楽しい。お手本コーデを4選お届け。

パンツスタイル

▼異素材のワンツーで魅せつける

異素材のワンツーで魅せつけたコーデ画像

上下ともゆったりさせたオールブランコーデは、スプリングニットとリネンワイドパンツで素材に強弱をつけて。ゆったりしたニットからのぞく肩が抜け感ある女性らしさをさりげなく演出。

▼オフホワイトでブラウンの優しさを引き立てて

オフホワイトでブラウンの優しさを引き立てたコーデ画像

細リブが立体感を作ってくれるモカブラウンのセットアップコーデ。オフホワイトの小物たちは、ブラウンの優しさをより引き立ててくれる優秀な脇役。シンプルな装いだからこそ、かごバッグやトングサンダルなどディテールにこだわって。

スカートスタイル

▼濃淡をつければうまくまとまる

濃淡をつけてうまくまとめたコーデ画像

正統派テーラードジャケットとサスペンダー付きスカートのセットアップには、淡いブラウンをかけ合わせることでメリハリの効いたワンカラーコーデが完成。ワンショルダーインナーやスクエアトゥブーツで都会的な印象を盛り上げて。

▼赤味ブラウン×チェック柄で華やかに

赤味ブラウン×チェック柄で華やかにしたコーデ画像

一口にブラウンといえど、その色味は様々。赤味を帯びたテラコッタブラウンのトップスなら、顔周りも華やぐこと間違いなし。ボトムスには赤チェックがポイントになるスカートを選んで、ワンカラーコーデのマンネリを回避。コンパクトな黒小物を添えて、コーデを大人らしく引き締め。

【夏】のオールブラウンコーデ

太陽の光が降り注ぎ、生き生きとした緑が魅力の夏には、オールブラウンでアースカラーコーデにトライ。夏らしい差し色をプラスして、季節感を盛り上げるのがポイント。

パンツスタイル

▼リネン素材で清涼感たっぷり

リネン素材で清涼感たっぷりにしたコーデ画像

ブラウンで上品さを演出できるオールインワンは、リネン素材を選んで夏らしい印象に。かぎ編みサマーカーディガンを差し色に投入すれば、コーデのメリハリ度もたちまちアップ。

▼涼しげブラウンの合わせ技

涼しげブラウンで合わせ技にしたコーデ画像

深みのあるココアブラウンのシャツは、とろみのあるシフォン素材で女らしさを語って。インナーにレースタンクトップを選ぶことで女っぷりがさらに盛り上がること間違いなし。ボトムスにはトップスと差がつくライトブラウンのリブパンツで、今っぽいテイストミックスコーデをコンプリート。

スカートスタイル

▼フェミニンコーデもブラウンなら幼くならない

フェミニンコーデもブラウンなら幼くならないコーデ画像

黄味がかったブラウンなら、太陽が降り注ぐ夏にぴったり。ノースリーブトップスにチェック柄フレアスカートを合わせたら、足元にはレースアップシューズを選んでメリハリバランスを計算。仕上げにマスタードイエローのチェーンバッグを添えて、きちんと感のあるオールブラウンコーデをメイク。

▼鮮やかグリーンでマンネリさせない

鮮やかグリーンでマンネリさせないのコーデ画像

モカブラウンのリブタンクトップに、ブラウンのマーメードスカートを合わせて肩肘張らないフェミニンカジュアルにトライ。夏らしい鮮やかなグリーンサンダルを合わせて、夏を楽しんで。

【秋】のオールブラウンコーデ

紅葉する街に溶け込むブラウンは、秋こそ大本命のカラー。ご紹介するマンネリさせないためのテクニックを参考にしてみて。

パンツスタイル

▼レザーアイテムを散らしていい女っぷりを高めて

レザーアイテムを散らしていい女っぷりを高めたコーデ画像

絶妙なボトムス丈で華奢な足首を強調できるセットアップには、レザーアイテムを上下に散らして大人らしさを引き出して。バッグのゴールドチェーンやスタッズがリュクスなムードを盛り上げるのにぴったり。

▼シアーなシャツ合わせで抜け感プラス

シアーなシャツ合わせで抜け感プラスしたコーデ画像

ブラウンのニットアップには、間にシアーな白シャツを覗かせることで間延びしない。黒スニーカーでリラックスムードになじませながらも、手元にはレザーバッグをプラスしてきちんと感も忘れずに。

スカートスタイル

▼秋らしい差し色を添えて

秋らしい差し色を添えたコーデ画像

大人らしいダークブラウンのフレアスカートは、ライトブラウンのスウェットトップス合わせで程よくリラックス。足元にはダークブルーのパンプスを選んで、秋らしい差し色をプラス。

【冬】のオールブラウンコーデ

寒い冬こそ、ブラウンを選ぶことでコーディネートの温感を引き上げて。合わせる小物にも注目。

パンツスタイル

▼優しいニットを微光沢パンツで引き締め

優しいニットを微光沢パンツで引き締めたコーデ画像

ぬくもりのあるロング丈ブラウンニットトップスには、光沢のあるブラウンパンツを合わせて印象を引き締め。異素材のブラウンを重ねることで立体感まで手に入る。手元には冬らしい大きめファーバッグを添えて、華やぎと季節感を高めて。

▼ノルディック柄なら間違いなく華やぐ

ノルディック柄で華やいだコーデ画像

シンプルなニットに飽きたなら、ノルディック柄のブラウンニットを選んでコーデに華やぎを作って。赤味ブラウンのコーデュロイパンツで温感を高めつつ、足元には軽快な白スニーカーで抜け感投入。

スカートスタイル

▼上下に白を散らして軽やかに

上下に白を散らして軽やかにしたコーデ画像

重くなりがちな冬スタイルには、ぬくもり感じるブラウンニットアップをメインに、白を散らして軽やかさを演出。足元はハイカットスニーカーをチョイスして、絶妙な肌見せを狙って。

▼タイトスカートで大人フェミニン

タイトスカートで大人フェミニンにしたコーデ画像

起毛がぬくもりを演出するボートネックニットには、スクエアポケットとタイトシルエットがきちんと感のあるスカートを合わせて大人フェミニンに。小物には黒のレザーアイテムをチョイスして、柔らかな配色を程よく引き締め。

【ワンピース】で簡単オールブラウンコーデ

上下の組み合わせに悩まないワンピースなら、楽々オールブラウンコーデが楽しめる。春夏、秋冬のスタイルを2つずつご紹介。

春夏バージョン

▼アスレジャーミックスでアクティブに

アスレジャーミックスでアクティブにしたコーデ画像

アクティブムード高まる夏なら、きちんと感のあるブラウンワンピースにキャップやクリアバッグを合わせてアスレジャーミックス仕様にシフト。まとめヘアにすることで縦ラインが強調できるので、スタイルアップ効果もついてくる。

▼フリル袖ワンピを主役に

フリル袖ワンピを主役にしたコーデ画像

フリル袖が目に止まるワンピースも、ブラウンなら大人らしさはそのまま。肌に溶け込むベージュ小物を組み合わせて、ワンピースを引き立てて。

秋冬バージョン

▼お目立ちワンピもブラウンでなじませ

お目立ちワンピもブラウンでなじませたコーデ画像

コルセット風デザインやプリーツがドッキングされたデザインワンピースも、肌馴染みの良いブラウンなら主張が強くなりすぎない。アシンメトリートップスを重ねて、モードっぷりを盛り上げて。

▼カシュクール×フロントリボンでメリハリを

カシュクール×フロントリボンでメリハリをつけたコーデ画像

リブニットワンピースは、カシュクールやフロントリボンデザインを選んで立体感のある装いに。レオパード柄バッグをプラスして、さらにメリハリを加えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW