LIFE STYLE

不倫・浮気のボーダーラインは?ここに注意!

2018/11/15

浮気や不倫は、した方もされた方も幸せにはなれません。浮気や不倫はしたくないけれど、知らない間に誤解されて誰かを傷つけてしまっているなんてことがないように、浮気や不倫の境界線や注意点を解説していきます。

どこからが不倫?注意したい行動

まずは、どこからが不倫になるのか、不倫のボーダーラインを考えてみましょう。

法律上の不倫とは?

法律上の不倫の定義は「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと」と定められています。
不倫として認められるのは、肉体関係を持ったという証拠があるときです。キスやデートだけでは不倫とは認められません。
ホテルから二人で出てきた、など肉体関係があると第三者が理解できる状況であれば、不貞行為だと認められます。

一般的にキス以上は不倫!

法律上は、肉体関係を持ったら不倫と認められますが、一般的な意識は異なるようです。「二人きりでの食事が不倫への第一歩」と考える人もいますが、仕事の付き合いを含めると、これはある程度仕方がないと思っている人も多いよう。
一般的に「キスが不倫の始まり」と思う人が最も多いようです。キスは恋愛感情や下心がないとできないから、という意見が目立ちました。キスしているところを見られたら、不倫を否定するのは難しいでしょう。

意外と多い!二人きりで会う

キスをしたり肉体関係を持っていたりしなくても、「二人で会う」だけでも不倫とみなすという意見も少なくありません。そもそも好意を持っていない相手とは、二人だけで会わないと考えている人が多いようです。

たとえ仕事でも、お互いに恋愛感情がない友人同士でも、二人きりでの食事や二人きりで会うという行為だけで、不倫だと勘違いされてしまうこともあるということです。
余計な誤解をされたくなければ、異性と二人きりになるのは極力避けておくべきでしょう。

浮気と思われる行動って?

当然どちらかが既婚者でなければ「不倫」とはいえません。しかし、結婚していなくても彼氏に浮気していると勘違いされてしまうのは大問題。では、どんな行動が浮気をしていると思われてしまうのでしょうか?

法的な境界線はない

不倫と違って、浮気には法律で定められている境界線はありません。つまり二人が婚姻関係になく、恋人同士の場合、相手が「浮気された」と思ったところから浮気になるといえるでしょう。

ネット上で親密な関係をつくっている

毎日のように親密に連絡を取り合っていると、恋人から浮気をしていると疑われてしまうことがあります。
仕事や友人関係などの付き合いで、必要に迫られてオンラインでのコミュニケーションを続けている相手はいませんか?自分では、実際に会ったり話したりしているわけではないから誤解されようがないと思っていても、恋人から浮気だと判断されてしまうことがあるので注意しましょう。

二人で食事をする

二人きりで食事をすることは、浮気をしていると思われる行為の一つでしょう。他の友人がいない二人きりだけの食事だと「なにか特別な感情があるのでは」と疑われ兼ねません。
最初は恋人のことを相談していただけのただの異性の友人でも、相談していくうちにだんだんと気になり始めてしまい、好きになってしまったというのはよくある話です。

二人きりで食事するという行為が、浮気の境界線を越えてしまう人がいるからこそ、食事をするのはひとつのボーダーラインと判断されてしまいます。

スキンシップは浮気!

外国映画でよく見る、ハグやキスなどのスキンシップは、明らかな浮気!と考える人が多いポイントです。長い付き合いの相手だと、お互い恋愛感情がないのがわかっているからこそ、スキンシップが多めになることもあります。実際の関係性や感情に関わらず、スキンシップは恋人に浮気だと捉えられる可能性もあることを意識しておきましょう。

また、異性とのキスや手をつなぐのはもってのほか。一般的には友情には必要ない愛情表現と捉えられるので、恋人にしたら気分がよくないのも頷けます。恋人を大切に思うのであれば、決してしないように頭に入れておきましょう。

飲み会は曖昧ライン

彼氏に対して、女性との飲み会を浮気の境界線を越えたとみなす人も多いそうです。
しかし、社会人にとっては異性の仕事仲間との飲み会は珍しいことではありません。どんな飲み会なら浮気なのかという認識は人によって異なるため、実際には微妙なラインといえそう。

浮気を疑われたくなければ、飲み会といっても「会社の同僚と飲むのか」「同性の友人と飲むのか」「異性と飲むのか」など、どんな目的の飲み会なのか、なぜ出席するのかを説明しておきましょう。

浮気や不倫の基準は男女で大きく異なる!

浮気や不倫の基準は男女によって大きな違いがあります。こんなことが浮気と思われるなんて知らなかった!というトラブルを防ぐためにも、男女の違いを比較してみましょう。

男性は浮気や不倫への認識が甘いので注意!

男性からみた浮気や不倫の定義の境界線は、ボディタッチや多少のスキンシップだったらまだOKだという考え方が多いようです。
男性は、相手に好意を持ったり肉体関係を持つのはNG、しかし多少のスキンシップや片想いまでならセーフと思っている人が多いよう。さらに、肉体関係がなければ大体はセーフとしている人もいます。

そのため、男性としては浮気だと思っていなかった行為でも、女性の方は浮気をしていると思って衝突することも多々あります。

女性の方が不倫のボーダーは厳しい

女性から見た浮気や不倫の境界線は、「異性と二人で会う」という意見がとても多いようです。女性の方が男性よりも境界線のラインが厳しくなっています。
こっそり他の異性と二人で会うことで「何かやましいことがあるのでは」と思わせてしまうそう。そこから恋愛関係に発展するかもしれない、というところが境界線の判断になるようです。

女性は男性よりも、「肉体的に触れているか」を浮気の定義の境界線としてみているようです。
また、女性の方が「彼氏に誤解をされて文句をいわれないように」と、相手に求める基準を自分にも課している傾向が強いのも特徴的です。

不倫や浮気にならないように注意すべきこと!

不倫や浮気だと誤解されて余計な揉め事にならないためには、どんなことに注意したら良いのでしょうか?

彼氏と話し合っておくことが何よりも大切!

不倫や浮気の境界線は人それぞれ。あらかじめカップルで話し合って決めておくと、後々トラブルにならずに済むでしょう。
どこからが浮気になるのか、どんなことをされたくないのか、二人で意見を照らし合わせておきましょう。

浮気や不倫に巻き込まれないために!

知らないうちに不倫や浮気と誤解されるケースには、自分の彼氏に誤解される以外にも、自分は彼女だと思っていたのに、相手に彼女がいたり家庭があったりすることに気がつかなかった、という場合があります。後々トラブルに巻き込まれないためにも、パートナーがいる男性の見分け方を解説します。

家を頑なに隠す人に注意する

付き合っていくうちにお互いの家を行き来するようになるのは、ある程度自然なこと。
彼が家の場所を教えてくれない、家に入れてくれないという場合は奥さんがいたり、彼女が別にいたりする可能性があります。理由を教えてくれないまま家を頑なに隠す人には注意しましょう。

週末に会えないことが多い

既婚者は週末外にでかけていると家族に怪しまれてしまいます。そのため、週末会えないことが多い彼には、注意するべきでしょう。
週末にデートに誘っても、いろいろな理由を付けてはぐらかされたり、断られてしまったら家庭があることが理由かもしれません。

また、週末は月1回くらいは会えているからと、安心しないでください。彼があなたに怪しまれることを想定して、月1回ぐらいは頑張って時間を作っている可能性もあります。週末はなかなか会えない、週末になると連絡が取れない、という彼には注意しましょう。

SNSでつながるのを嫌がる

SNSで人とつながるのを極端に嫌がったり、写真をあげるのを嫌がる人は既婚者であったり彼女がいたりする場合があります。
「SNSは登録していない」「写真は撮らないで」と、彼が一緒に写真に写るのを極端に嫌がったり、SNSを避けていたら少し怪しいサインです。

LINEや電話が思うようにできない

こちらから電話することを拒否したり、電話しても出ない時間がある、など連絡が思うようにできなかったら既婚者の可能性が出てきます。
人によっては「LINEは登録していない」とショートメールしかしない人もいるそうです。彼の都合でしか連絡が取れないという場合は、疑った方がよさそうです。

ただし、環境によっては仕事中にまったく携帯を見ることができない人や、接待が多い人もいます。女性にとっては「トイレにたったときにでも確認できるはず!」と思えることでも、ビジネスのシーンで頻繁に携帯を触るのもあまり良いことではありません。相手の状況を考えて、「不透明な」時間が多いかどうかで判断しましょう。

結婚について話してくれない

付き合いが長くなると、結婚式や未来の生活、どんな家庭を築いていきたいか、など将来のことを話す機会もでてきます。他に本命の彼女がいる人や既婚者の人は、結婚について話すとバレてしまう危険があるので、自分からは口にしないそう。

もし少しでも彼が怪しいと感じたら、結婚の話を持ち掛けてみるのもひとつ。将来が考えられない浮気相手には、将来の話も一切せず、こちらから迫ってみても「結婚は考えていない」と結婚に後ろ向きだったり、「まだわからない」などとはぐらかしたりする傾向があります。

不倫や浮気にならないよう気をつけよう!

浮気や不倫は、結果的にたくさんの人を傷つけてしまう行為です。しかし「どこからが浮気や不倫になるのか」という境界線は人によって異なります。そのためカップルは前もって境界線について話し合っておくことが、トラブルを防ぐためには大切です。

また、付き合っている彼が既婚者かも……と不安がある場合は、友人に相談するなど第三者からの意見を聞いくと、客観的に判断ができます。誰かを傷つける不倫や浮気は絶対にNG。事実がどうかということよりも、相手に嫌な思いや誤解をさせない、というのもオトナの恋愛のマナーではないでしょうか?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW