LIFE STYLE

結婚式当日の流れを解説!一生忘れない素敵な思い出に

2019/12/25

もうすぐ結婚式をあげるあなたのために、結婚式・披露宴の流れを解説していきます。前もって流れを把握しておけば、当日のイメージができるのでしっかりと準備ができます。流れを把握して、スキのない準備で当日を楽しみ、思い出に残る式にしましょう。

結婚宣言

司式者が、神と列席者の前でふたりが夫婦となったことを宣言します。

結婚証明

新郎新婦、続いて証人もしくは司式者が結婚証明書に署名します。

結婚の成立を牧師か新婦が報告して閉会

司式者から結婚成立したことを列席者へ報告し、滞りなく式を終えたことを伝えます。

退場

新郎新婦は腕を組んでバージンロードを退場します。その後、司式者が退場して、挙式は閉会となります。

実は今でも密かに人気 白無垢を纏い執り行う神前式の流れ

最近は手軽に着脱できる着物もあり、お色直しの時間も短縮が可能に。洋花と和装を合わせる、新しいスタイルも注目を集めています。日本の古き良き伝統を感じられる結婚式にしたいカップルにもおすすめです。

参進の儀(花嫁行列)

結婚の儀を告げる雅楽が演奏される中、斎主・巫女に先導されて、新郎新婦と参列者が一列になって神殿へと向かう「花嫁行列」を行います。

参列者と新郎新婦の入場

斎主、新郎新婦、仲人、親、親族と、血縁関係が強い順に入場します。神前に向かい、右に新郎側、左に新婦側が座ります。

修祓の儀(しゅばつのぎ)

心身のけがれを清めるおはらいの儀式で、斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受けます。一同起立して頭を下げます。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が神前にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祝詞をあげます。このときも全員起立して祝詞を聞きます。

三献の儀(さんこんのぎ)

「三三九度の盃」と呼ばれるものです。「誓杯の儀」と呼ばれることもあります。新郎と新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことが一般的。
一口目・二口目は口を付けるだけ、三口目に飲み干します。お酒が飲めない場合は口をつけるだけでもOKです。「三度を三度重ねる」ことで、縁起の良い数といわれる陽数となり、幸せな家庭が続くように永遠の契りを結ぶという意味が込められています。

神楽奉納(かぐらほうのう)

巫女が神楽に合わせて舞を奉納します。神社によってはしない場合もあります。

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW