shutterstock.com
LIFE STYLE

たった5つだけ!アラサー美人が密かにやっている習慣5つ

2018/11/18

最近今まで着ていた洋服が似合わなくなったり、周りから「疲れてます?」と聞かれることが増えたのは、もしかして“お疲れ顔”が原因かもしれません……。
でも同い年でもハツラツと輝いている女性もいますよね。果たして彼女たちがキラキラしている理由はどんな習慣にあるのでしょう? 
今回は、そんなアラサー女性たちに「お疲れ顔」を回避する方法をリサーチしました。

(1)とにかく保湿ケア!

朝ばっちりメイクをして出社したのに、お昼頃にはシワがくっきり……そんなお疲れ顔とは真逆な、いつもツヤツヤした肌の女性たち。
どうしたらあんな肌に近づけるのかと、使っているファンデーションを質問したところ「大事なのは、ベースメイクの前のスキンケアです!」との回答が。

どんなに優秀なファンデーションを使っても、基本となるスキンケアがしっかりできていないと、お疲れ顔を招くことになってしまうそう。お疲れ顔知らずの女性たちは、いつもより5分長めにスキンケア時間を確保したり、バシャバシャ使える化粧水をストックしていて、3回は化粧水を塗る!なんて意見もありました。

(2)チークで血色アップ

心は元気いっぱいなのに、なぜか「ちゃんと眠れていますか?」「疲れていません?」なんて質問されることが増えた……。
それって“お疲れ顔”のサインかも?

お疲れ顔を払拭すべく必要なのは“血色の良さ”。お疲れ顔回避にちょっとしたコツで血色良く見せることができるのがチークです。
一度買うと、使いきるまで同じチークを使い続けている、なんて横着な方はNGですよ。特に夏から秋・冬にかけてはツヤっぽい質感から、マット系へと質感のトレンドも移り変わるタイミングです。買い換えのチャンスに、血色アップにつながるチークへイメチェンしてみてはいかがでしょう?

肌馴染みが良いかどうか、テスターなどで試してみてくださいね。頬に華やかなチークがのるだけで簡単にお疲れ顔を卒業できますよ!

(3)リップメイクで活気を取り戻せ

アイメイクやベースメイクをばっちり決めていても、生気が感じられず、垢抜けない原因を探ると、ノータッチな唇にあることも。

ビジネスマナーの観点から見ても、接客におけるメイクの基本で、お疲れ顔になってしまっているみなさんが意外と忘れてしまいがちなのがリップメイク。唇にきちんと口紅が塗られているだけで、お顔の印象が明るくなるんですよ。それぐらい、リップメイクは重要なんです。

アイメイクなど他のパーツが薄いとただでさえ幸薄そうな印象になってしまいますが、唇にパキッと明るいルージュが塗られていると、垢抜けた印象に!
お疲れ顔になってしまっているときは、発色の良い口紅を塗ってみてください。

(4)分け目を変えて髪のボリュームアップ

お疲れ顔と聞くと、顔の印象を変えることだけに注力していまう方が多いですが、調査の結果、肝心なポイントは髪にもあるようです!

特に、トップの髪がぺたんと潰れ気味で、ボリュームのない場合、覇気のない印象に……。
そこで簡単にボリュームを出せるのが、髪の分け目を変えてみることです!
これなら不器用な方でもすぐに挑戦できますよね。髪の分け目を変えるだけで、髪の毛がふんわりと立ち上がりやすくなるので、お試しあれ!
トップにボリュームがあることで、お顔も元気ハツラツな印象に近づくでしょう。

(5)スキマ時間で簡単ストレッチ

いつもキラキラ輝いているアラサー女性に秘訣を聞くと、ジムに通いながら運動をしている方の多さに驚きます!
家から近い24時間営業しているジムに入会して、会社帰りにささっとトレーニング……なんて、ストイックすぎますよね。

毎週ジム通いというのは敷居が高く感じてしまう方も少なくないでしょう。そこで、さらに調査をしてみると、「ちょっとした空き時間でも簡単なストレッチをしている」「長時間のデスクワークは肩がこるので、1時間に1回、背伸びをするようにしている」など、こっそり簡単なストレッチをしているという声が多々挙がりました!

少しの運動でも、気分がリフレッシュできて良いそう。お疲れ顔になってしまっているのなら、自分に合ったストレッチを1種類でも良いので続けてみてはいかがでしょう?

お疲れ顔知らずなアラサー女性たちが行なっているプチ習慣、いかがでしたか?
メイクテクなど、すぐにでもできることなのでぜひ取り入れてみてくださいね。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼アラサー女子のとっておき美容テク

▼「お礼美人」で好印象!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW