shutterstock.com
LIFE STYLE

似合ってない…!30歳でやめようと決心したファッション

2018/11/18

冬物に衣替えして、去年の服を着てみたら、去年まで似合っていた服が似合わない! そんな経験ありませんか? 毎日見ている自分の顔や身体も少しずつ変わっています。20代の頃と同じファッションやメイクが似合わなくなっていることもあるので、一度自分の姿を鏡で見直してみてください。

(1)バッチリつけまとカラコン

「温泉旅行に行った時、友人からつけまとカラコンがない方がかわいい。と言われてやめました」(32歳/編集)

アイメイク命で、メイクは落とせてもつけまとカラコンは、外せない! という女子もいますが、アラサーのファッションにつけまとカラコンはちぐはぐな印象になることも。外した状態で、周りの人にどちらが似合うか意見を聞いてみるのもオススメ。30代に入って、卒業する人も多いようですよ。

(2)丸襟の白トップス

「お気に入りの丸襟のブラウスがなんだか似合っていないと感じ、黒のシンプルなクルーネックニットを合わせたら、トラッドっぽい新鮮な気分でまた着られるようになりました」(31歳/教育)

可愛い印象の丸襟のトップスは、顔にお肉がつき始めるアラサーの丸顔をより強調してしまうことも。黒のニットなどを着て甘辛く仕上げるなど工夫してみて。

(3)大きなリボンがついた服

「リボンがついたお気に入りのコートで実家に帰ったところ、お母さんから『いつ買った服?』と一言。お気に入りでリボンモチーフが好きなのですが、新しく買う服は小さめのリボンにするよう、心がけています」(33歳/看護師)

リボンがついた服は女性らしくて可愛いので、好きな人も多いですよね。小さめのリボンなら女性らしくてステキですが、大きな主張するリボンは子供っぽく見えてしまうことも。

(4)濃いアイシャドウとアイライン

「憧れのアーティストを真似てばっちりメイクをしていましてが、久しぶりに彼女の写真をネットで見て、メイクが年相応ではないように感じてしまい、自分のメイクはナチュラルにしました」(34歳/IT)

人形みたいに目を大きくするため、濃いアイシャドウにジェルアイライナーのメイクをもう何年も続けていませんか? 年齢を重ねると、目の印象が濃くなってきがちなので、薄めのメイクにもチャレンジしてみて!

(5)短めのボトムス

「カジュアルなスタイルが好きで、よくショートパンツをはいていたのですが、買い物に行きミモレ丈のスカートを試着したところしっくりきたので、その日からショートパンツは封印しました」(31歳/営業)

スタイルに自信があると、ミニスカートやショートパンツを履きがちですが、一度見直しを。今のトレンドが長めの丈というのもありますが、短すぎるボトムスはファッションがアップデートされていないように見えてしまいがち。真夏やリゾートならステキですが、街中で似合っているかは冷静に判断を!

年齢の重ね方は人それぞれなので、一概には言えませんが、アラサーになると多かれ少なかれ、メイクもファッションも似合うものが変わっていくもの。今まで似合わないと思って避けていたアイテムもいつの間にかしっくりくるようになっていることも。
好きなテイストも少しずつ大人仕様にアップデートしてファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼アラサーがやってる隠れ美容テク

▼注意!美人度が下がるNG美容

▼少しずつ買い揃えたい!名品アイテム

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW