FASHION

ライダースに合うパンツの正解は?美人見えコーデ【秋冬春23選】

2018/11/09

季節を問わず楽しめるライダースジャケット。合わせるインナーやボトムスで、雰囲気を変えてみましょう。カジュアルからキレイめまで、幅広く着こなすための【ライダース×パンツ】のコーディネート術をご紹介します!

デニムパンツ6選

まずは定番のデニムとの組み合わせ。
同じデニム素材でも色味や形を変えるだけで、雰囲気がガラリと変わるもの。お気に入りのスタイリングを見つけて、着こなしをマスターしましょう。

【1】黒ライダース×薄色デニム (秋冬)

カジュアル見えの薄色デニムも、ライダースと合わせることで崩しすぎないコーディネートに。足元は黒のブーツで引き締めて。

【2】黒ライダース×ロールアップデニム (秋冬)

万能ライダースは、カジュアルな装いのときも◎。肩掛けにしてこなれ感をプラス。メンズっぽいコーデだからこそ、レースアップシューズで女性らしさも忘れずに。

【3】黒ライダース×濃紺デニム (秋冬)

落ち着いた色味に、秋冬らしい赤を加えた大人カジュアルなコーディネート。トップスをタートルネックにすることで、女性らしい印象にするのもワンポイント。レザーとチェック柄の相性もいいので、寒いときはストールを首に巻いたり、肩掛けにしてもおしゃれ度UP。

【4】黒ライダース×ワイドデニム (秋冬)

ライダースにワイドデニム&スニーカーで、親しみやすいコーディネート。プラスアイテムでベレー帽やデザインバッグを身に着けて、ただのカジュアルじゃない大人なスタイリングに。

【5】黒ライダース×ダメージデニム (春)

ダメージデニムにライダースをONした辛口コーデ。
Vネックでデコルテ魅せ&淡い色味のシューズを選んで女性らしい印象に。ボトムスとシューズの色を統一することで、すっきり見え効果アリ。

【6】黒ライダース×クロップドデニム (春)

透け感のあるワンピースを主役にした今どきな甘辛MIXコーデ。クロップドデニムとサンダルを合わせることで重さを感じないバランスのとれた着こなしに。

▼ライダースって、実は簡単!▼
黒ライダースジャケットコーデ、3つのルール【保存版】

ワイドパンツ7選

流行ボトムスのワイドパンツも、ライダースとの相性はばっちり。重く見えすぎないようにバランスを調整してみて。

【7】黒ライダース×白いワイドパンツ (秋冬)

白いワイドパンツを投入して、重たさをなくした抜け感のあるスタイリング。全体のアイテムは落ち着いたカラーなので、大人っぽさを残したカジュアルコーデに。

【8】黒ライダース×グレーのテーパードパンツ (秋冬)

辛口なライダースを活かしたいときは、グレーのテーパードパンツを合わせたモノトーンコーデでクールに仕上げて。足首を肌見せにすることで、程よく軽さを出しつつ、モードな雰囲気でまわりと差をつけられるスタイリングに。

【9】黒ライダース×ブラウンワイドパンツ (秋冬)

あたたかみのある素材のパンツで、秋冬にぴったりのコーディネート。リュックとスニーカーでカジュアルダウンし、取り入れやすいスタイルに。
ウエストのベルトでメリハリをつけ、スタイルアップ効果も!

【10】黒ライダース×チェックワイドパンツ (秋冬)

ライダース×カーディガンのレイヤードがポイントのカジュアルコーデ。あたたかみのある素材のチェックパンツで季節感を意識したスタイリング。

【11】黒ライダース×白ワイドパンツ (春)

シンプルモノトーンのコーディネートは、シーズン問わず、おしゃれにきまる優秀スタイル。清潔感のある白ワイドパンツ×ライダースで、綺麗目めコーデに。

【12】黒ライダース×カーキテーパードパンツ (春)

テーパードパンツで足首見せをすることで、ライダースのハードさを軽減したスタイリング。足元にイエローをプラスするだけで、全体も明るく、春らしい印象に。

【13】黒ライダース×ハイウエストデニム (春)

柄物とも相性がいいライダースは、ボーダーと合わせてもOK。ハイウエストデニムでウエストの視点をあげることで、すっきりした女性らしい印象になるので、大人カジュアルで上品なコーディネートです。

スキニーパンツ5選

スタイルアップには欠かせないスキニーパンツ。
ライダースと合わせると簡単に大人クールなコーディネートに挑戦できます。

【14】黒ライダース×薄グレースキニー デニム (秋冬)

黒をメインに同系色でまとめた綺麗めなコーディネートは、ライダースとの相性抜群。色の薄いグレーデニムにすることで、より統一感が出てすっきり見えるスタイリングになります。

【15】黒ライダース×黒スキニーパンツ (秋冬)

ライダース×パンツを黒にした、引き締めコーディネート。ブラウンタートルネックとアップヘアが、より大人っぽさをプラスしてくれるレディなパンツスタイルです。イエローチェーンバッグで、ただのシンプルでは終わらない着こなし。

【16】グレーのライダース×濃紺スキニーパンツ (秋冬)

ワントーンコーデにグレーのライダースをプラスして、上品なパンツスタイルに。まとめ髪やヒールを合わせることで、全体がスタイリッシュになり、ライダース特有のハードさを抑えたスタイリングにすることができます。

【17】黒ライダース×ダメージスキニーデニム (秋冬)

ダメージデニムとライダースのクールな魅力を活かしたスタイリング。赤リップやチェーンアイテムなど、メイクやアクセサリーまで雰囲気を統一して、大人かっこいいコーディネートに。

【18】キャメルライダース×ダメージスキニーデニム (春)

一味違うライダースを選びたい!そんなときはキャメルをチョイス。ダメージデニムと合わせてカジュアルにすることで、まわりとの差をつけて。今年らしいレオパード柄と組み合わせるとおしゃれ上級者。

カラーパンツ5選

どんなカラーも、ライダースとの相性は抜群。積極的に組み合わせて、思いっきりおしゃれを楽しんでみて!

【19】黒ライダース×カーキ細身パンツ (秋冬)

ワードローブにも取り入れやすい黒×カーキコーデ。ライダースを肩掛け&シルバーアイテムでおしゃれな辛口エッセンスを。足元はヒールで女性らしさを意識して。

【20】ベージュライダース×オレンジワイドパンツ (秋冬)

秋冬といえば、落ち着いたカラーのアイテムが多いイメージですが、ベージュ×オレンジの明るいカラーを合わせることで、華やかな印象に。ファーアイテムとも相性がいいので、ワンポイントで取り入れるのも◎。

【21】グレーライダース×ワインクロップドパンツ (秋冬)

ハードなイメージのライダースも、色味を変えるだけで柔らかい雰囲気に。ボルドーなどの秋カラーとの相性も抜群なので、コーディネートに組み入れやすいです。

【22】黒ライダース×イエローワイドパンツ (春)

柄シャツ×華やかなイエローのワイドパンツに、ライダースをプラスして引き締め役に。小物を黒で統一することでまとまりのあるコーディネートが完成。

【23】黒ライダース×ピンク細身パンツ (春)

黒×グレーのクールアイテムにワンポイントでピンクを取り入れて、女性らしさをプラス。細身パンツなので、上下のバランスがよく、シルバーのシューズでトレンドを抑えた今っぽいコーディネート。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW