shutterstock.com
LIFE STYLE

たった5つだけで円満!長続きするカップルの仲直りルール

2018/12/04

一緒にいる時間が長くなると、絶対に避けて通れないのが“喧嘩”ですよね。相手のちょっとした癖が気になったり、些細なことで言い合いになったり。あなたも彼氏と大喧嘩した経験があるのでは? 「でも、なかなか仲直りできなくて……」「喧嘩別れしたことがある」
そんな悩みを抱える女性のために、今回は交際期間2年以上の20~30代独身女性を対象に「喧嘩」に関するアンケートを実施! 長続きカップルが実践している「仲直りのルール」を教えてもらいました。

(1)その日にうちに仲直りする

「喧嘩を長引かせるメリットは何もない。むしろ傷口が広がって仲直りしづらくなるだけ。だから私たちは、どんなに大きな喧嘩をしても、その日のうちに話し合って仲直りすることにしている」(29歳/金融)

長続きカップルたちが“必ず”といってよいほど実践しているのが、喧嘩したらその日のうちに仲直りすること! お互いに言いたいことを伝え合うことで、モヤモヤした気持ちを解消できるそうですよ。あなたも悪いと思ったら、意地を張らずにすぐ謝る癖を付けましょう。

(2)終わった喧嘩を持ち出さない

「いつも同じようなことが原因で喧嘩になるから、つい“あのときだってさ……”と過去の喧嘩を持ち出したくなるんだけど、そんなこと言っていたら収拾がつかなくなるでしょ? 話がまとまらなくて喧嘩が長引くのも嫌だから、“終わった喧嘩は持ち込まない”が私たちカップルのルール!」(27歳/事務)

浮気を疑われたり、小さな癖を指摘されたり……。付き合いが長くなると、どうしても同じようなことが原因で喧嘩を繰り返してしまいがちですよね。でも、「この前も言ったのに!」といった調子で過去の喧嘩を蒸し返すとキリがありません。喧嘩を長引かせないためにも、一度仲直りした喧嘩はリセットして乗り越えましょう。

(3)「捨て台詞」を口にしない

「喧嘩中って頭に血が上っている状態だから、つい感情的になって“もう別れよう”“どうでもいい”なんて捨て台詞を口にしてしまいがち。でも、あとで絶対に後悔するから! 喧嘩しているときはお互いに“捨て台詞禁止”。うっかり口にしたら罰金1000円の約束をしている」(28歳/医療事務)

売り言葉に買い言葉。つい感情的になって心にもない言葉を発してしまったことはありませんか? 喧嘩のときにうっかり「別れ話」や「暴言」を吐くと、取り返しのつかないことになることがあります。「言わなければよかった」と後悔しないためにも、二人の間で「これだけは言わない!」「使ったら罰金!」と禁止ワードを決めておきましょう。

(4)相手の話を聞く

「好き同士とはいえ、やっぱり他人同士なんだよね。意見が食い違って当たり前だって認め合わないといけない。だから、どんな状況でも相手の話を聞く姿勢を忘れないことが大切。たとえ喧嘩の原因が彼だと分かっているときでも、“言い訳”を聞いてあげないとね」(30歳/販売)

どんなに頭にきていても相手の話に耳を傾けること。相手に不満のあるときは、できるだけ早く冷静に伝えることが長続きカップルの秘訣。「他人同士だから違って当たり前」だと思って向き合えば、喧嘩に発展することも少なくなるのかもしれませんね。

(5)喧嘩に「白黒」つけない

「今回の喧嘩は“どちらが悪かった”と白黒つけて謝ることも大事だけど、“次はどうするのか”“これからどうしていくのか”を考える方がずっと重要。だからいつまでもくすぶっていないで、喧嘩が終わったらすぐに気持ちを切り替える努力をしているかな」(29歳/秘書)

長続きカップルたちが長続きする理由は、“次に繋がる喧嘩”を繰り返しているから。喧嘩するほど仲がいいという言葉通り、意見のすり合わせを重ねるたびに絆が深まっていくようです。あなたも「どちらが悪いか」よりも、「次はどうするべきか」に目を向けてみてはいかがですか?

長続きカップルたちが実践している仲直りルールは、思わず納得できるものばかり。あなたも恋人と喧嘩したときのために、今回ご紹介した5つのルールをもう一度おさらいしてみてはいかがですか?

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼今すぐマネしたい!長続きカップルのコミュニケーション方法

▼たった5つで浮気知らず!

▼クリスマス、誕生日、イベント嫌いのカレをどうする?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW