shutterstock.com
LIFE STYLE

浮気知らず! あなたを一途に愛してくれる男性の見分け方

2019/03/20

恋人が欲しいという女性は多いことでしょう。しかし、彼氏を作るにしても傷つく恋愛はしたくないですよね。
浮気をする男性と付き合うくらいなら独り身の方がマシだと思う人もいるはず。
そこで今回は浮気をしない男性、一途な男性の特徴をご紹介します。

(1)直感を信じる

「直感を信じるっていうのは私の方法ですね。“この人、チャラそうだな”とか“この人性欲強そう”って初対面で感じた人は大抵過去に浮気した経験がありました。本当に当たるのかなと思い、この印象をノートに記録してデータをとってみたことがあったんですが、そうしたら大体7割くらいで当たっていたので、直感って当たるんだなって驚いた記憶があります」(Mさん・29歳女性/看護師)

メンタリストDaiGoさん著書の『直感力』では直感がどれくらい当たるのかなどをデータを使って解説しています。
逆に直感を鈍らせるバイアスや直感を鋭くさせるためのトレーニングなども紹介されているので、直感的に他人を見抜けるようになりたい人にはおすすめの本となっています。

(2)あくびがうつりやすい人を見つける

「私は相手の立場に立ってものごとを考えられる人を選ぶようにしています。浮気をされたら相手が傷つくってことを考えられる人ってことですから」(Dさん・27歳女性/保育士)

アメリカのベイラー大学が135名の学生を対象にした研究を行っています。それによると、サイコパス傾向の強い人はあくびが伝染しにくく、サイコパス傾向の低い人はあくびが伝染しやすかったのだとか。サイコパスの特性といわれている「共感性が低い」ことによるものではないかとされています。

他人のあくびがうつるかどうかでその人の共感性を簡単に見分けることができるといわれています。

(3)元カノと連絡を取らない

「浮気をする人の浮気相手って結構元カノとかが多い印象があります。だから、別れた後も元カノと連絡を取ったりして遊びに行っているような人は警戒しちゃいますね」(Tさん・28歳女性/一般事務)

浮気をしている人のひとつのパターンとして、別れたあとも元カノとカラダの関係を続けているといった可能性が挙げられます。新しい彼女ができてもこっそりと元カノと浮気している、二股かけているなんてことがあるわけです。

ですので、逆に恋人と別れたら関係をスパッと切ってしまって連絡を一切取らなくなるという人が一途な男性といえるでしょう。
特に「元カノと別れたら会いたくなくなる」という人を見つけるといいかもしれません。

(4)孤独を愛する

「一人が好きっていう人で浮気をしている人を見たことがありませんね。そりゃそうですよね。一人が好きなんですから、わざわざ人と関わるようなことなんてしませんよね」(Uさん・31歳女性/インストラクター)

浮気をする人はさみしがり屋という特徴があったりします。逆に一人の時間が好きで孤独を愛するという人は一途な傾向に。

浮気をするにも本命ではない女性とこまめに連絡を取ってデートしてといった感じで労力をさかなくてはいけません。一人が好きという人は、本命ではない女性にその労力を使うくらいなら一人で好きなことをしていた方がいいというわけです。

逆に恋愛自体も遠ざける傾向にあるので、長いこと彼女がいないという特徴があったりします。恋人を作るにも慎重になるタイプです。

(5)部屋が綺麗

「部屋が汚い男っていうのはセルフコントロールのできない人ですよね。それってつまり自制心が低いってことだから他にいい女が現れたら浮気するってことだと思います」(Aさん・27歳女性/不動産関係)

部屋が散らかっている人は浮気をしやすい人なのかもしれません。部屋が汚い人はセルフコントロールのできない人である可能性が高い。それはつまり、人間関係も断捨離できない人である可能性が高いです。
いつまでも過去の関係を引きずってしまったり、元カノとの関係を残しておきたいなんて人かもしれません。

いかがでしたか? 今回は一途な男性の特徴をご紹介しました。
一途な人=浮気をしない人。となれば、浮気をする人の特徴を知っておけば逆に一途な人が見抜きやすくなりますよね。
そうは言っても相手を知ろうとすればするほど分からなくなってしまうなんてこともあります。まずはあまり深いことは考えず、自分の直感を信じてみてください。

Editor:Tsumugu Kusanagi

他の記事もCheck!

▼もう騙されない!女好き男の共通点

▼当てはまったら要注意!「サイコパス男」の特徴

▼チャラ男の発言に要注意!

▼ホンネで話せるカップルは何をしている?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW