shutterstock.com
LIFE STYLE

今すぐやめて!アラサーがやると「痛すぎるモテテク」

2019/03/20

ある程度、恋愛も経験して酸いも甘いも一通り経験したアラサー世代。
けれど、その過去の恋愛経験のモテテクをそのままやっていませんか?
今回は、アラサーの痛すぎるモテテクをご紹介します。

(1)目のやり場に困る露出

「グラマラスな職場の先輩は、ボディラインが分かる服や冬でも社内でノースリーブを着ていて谷間や下着が見えてしまうことも。『先輩! 見えてます!』って言っても、『あ、ごめん。見えちゃった?』と全然気にしていないようでむしろアピールしている様子……。男性の同僚やクライアントが目のやり場に困っていそうなので控えてほしいです……」(営業/28歳)

「色気=露出」と思ってTPOをわきまえず肌見せしていたら要注意! チラ見せ程度なら……と思っていても、谷間やブラ紐が見えているのはだらしなさを感じてしまうもの。アラサーであれば、露出を多くしなくても余裕のある落ち着いた雰囲気で色気を出せるはず。

(2)自称サバサバ系女子

「学生時代からの友人は、いわゆる女の子らしい服や行動が無理!という自称サバサバ女子。こう言うとすごく男前な感じがしますが、『ふたりで飲みに行くのとか全然平気~!』『ほら、私女っぽくないからラクみたいで』とすぐに男友達を誘っていましたが、そこから進展がないようでなんか残念な感じになっています……」(金融/30歳)

照れ隠しなのか、ついちょっかい出したりするサバサバ系女子。友達としては付き合いやすいと思われますが、遠まわしすぎて恋人候補から外れてしまうことも。

(3)弱ってるアピール

「色白で儚い雰囲気の美人な友人は、嫌なことがあるとすぐSNSに投稿。みんなが『大丈夫?』とコメントをくれるけれど、20代からずっとその調子なので、昔からの友人は正直、またか……という感じ。最初は『守ってあげたい!』となるみたいだけれど、重たいと思われてすぐ別れてしまうことが多いみたいです。」(秘書/31歳)

20代の頃は、涙も女の武器にしていた人もいると思いますが、30代で弱さをだだ漏れにするのは卒業したいところ。
ちょっとした弱音を吐くのは、男性の『守ってあげたい!』という気をひくことができるかもしれませんが、構ってちゃんになっていないか気を付けたいですね。

(4)バレバレの駆け引き

「10代の頃からモテていた友人は、恋愛経験も豊富。同時に何人も遊んでいたことがあることもあって『男なんてこうしたらすぐだよ~!』と言ってLINEの返信をわざと遅らせたり、わざと他の男の人の影をチラつかせたりしています。でも周りもアラサーになると相手が駆け引きしてるな……ってバレてたりするんですよね」(メーカー/32歳)

男性の気を引くような駆け引きも相手も30代であれば薄々気が付いているもの。自分は転がしているつもりでも、相手はやる気がなくなっているかもしれません。
アラサーであれば、自分の気持ちにストレートなぐらいな方が好感度も高いですよ。

いかがでしたか? 20代では通用していたモテテクもアラサーになると気を付けたいことばかり。
モテるどころか、必死な雰囲気が出てしまうので20代とは違うスマートな余裕を持ちたいですね。

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼【11/22・いい夫婦の日】理想の夫婦になるには?

▼おブス認定される?アラサーのケチ行動

▼男がときめくおねだりテク

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE