LIFE STYLE

女性が憧れる理想のプロポーズ!逆プロポーズってあり?

2019/04/12

どんな言葉やシチュエーションでプロポーズされたいのかというのは人それぞれ。この記事で、女性が考える理想のプロポーズの言葉がどんなものなのか、そして実際のプロポーズにどのようなものがあるのかをチェックしてみてください。
また、最近増えていると言われる「逆プロポーズ」についても、男性心理などを踏まえてお伝えします。自分なりの理想のプロポーズを改めて考えるきっかけにもなるかもしれません。

理想と実際にあったプロポーズの言葉を知りたい

それではまず、理想のプロポーズと実際にあったプロポーズの言葉をそれぞれ見てみましょう。

理想のプロポーズの言葉

まずはじめに、理想のプロポーズの種類をみていきます。

シンプルは男女ともに理想

シンプルでストレートな言葉は、男女ともに理想としている人が多いプロポーズ。「結婚しよう」や「奥さんになってほしい」など、その言葉を聞いた瞬間にプロポーズだとわかると、素直に受けとれ、喜びも感じやすいでしょう。
反対に、回りくどい言い方やわかりにくい言葉でのプロポーズは、できれば避けてほしいと感じている人もたくさんいます。大切な言葉だからこそ、一瞬で心に届くような言葉を選ぶことをおすすめします。

一生など安心できる言葉

「一生そばにいてください」など、安心できる言葉で伝えられることを理想のプロポーズとしてあげる女性は多いようです。安心感というのは、結婚においてとても大切なもの。
結婚したいという気持ちがある場合でも、人生の大きな転機や節目となるイベントだからこそ不安はつきもの。そんな不安を吹き飛ばしてくれるような言葉でプロポーズしてもらえたら、「この人となら大丈夫」と胸を張って結婚を受け入れることができるでしょう。
ほかにも「大切にする」や「ずっと一緒にいよう」など女性を尊重し将来の幸せを連想させるような言葉は、女性にとって嬉しく心に響きやすいようです。

実際にあったプロポーズの言葉

次に、実際にあったプロポーズを紹介していきます。

忘れられないロマンティックな言葉

「二番目に幸せにします」という、とても珍しくインパクトのあるプロポーズ。このようなプロポーズをされたら一瞬、「二番目」という言葉にがっかりしてしまうかもしれません。
実は、この言葉には「あなたと結婚する自分が一番幸せだから、あなたは二番目に幸せ」という意味が込められているのです。自分と結婚することを幸せだと感じてくれるのはとても嬉しいこと。
こんな素敵な言葉でプロポーズをされたら一生忘れられないですし、その瞬間に今よりもっと相手のことを好きになってしまいそうです。

サプライズなプロポーズ

サプライズ好きな女性は多いですが、そういう女性の中にはプロポーズもサプライズでされたいと思っている人もいるはず。
たとえば実際に「素敵な景色が見える場所で彼が隠していた花束と指輪を渡されてプロポーズされた」とか、「思い出の場所で渡されたケーキにプロポーズの言葉が書いてあった」など、サプライズで素敵なプロポーズをされた女性もたくさんいます。

ムードやシチュエーションを大切にしている女性にとって、こんなに嬉しいプロポーズに憧れている女性も多いのでは。

面白いプロポーズの言葉

ロマンティックなプロポーズの言葉はたくさんありますが、実はロマンティックとは真逆とも言える面白いプロポーズの言葉もあります。
プロポーズのときに笑顔になれるような言葉なら、決してロマンティックではなくても素敵な思い出になる可能性は高いでしょう。そんなユーモアのあるプロポーズの言葉を紹介します。

そうだ、市役所に行こう

「そうだ、市役所に行こう」これが何のパロディなのかわかるでしょうか。気づいた人は多かも知れませんが「そうだ、京都に行こう」という有名なCMのワンフレーズを使ったプロポーズの言葉です。
ストレートな言い方や言葉ではないので、もしかしたらプロポーズだと気づかない女性もいるでしょう。ただし、プロポーズだと気づけたら喜びや嬉しさがこみ上げてきます。

英語でのプロポーズ

普段英語を話さない彼なのに、突然英語でプロポーズしてきたら、どんなふうに感じるのか想像してみてください。恥ずかしがり屋の男性の中には、照れ隠しのために英語でプロポーズする人もいるようです。
英語の発音が良くなかったり慣れない言葉でたどたどしかったりしたら、「なんで英語?」と思わず笑ってしまう女性もいるはず。
こういった普段とは違う言葉や雰囲気でのプロポーズをされたら、嬉しい反面どうしたのかと心配になってしまう人もいそうです。
しかし、後々笑い話として思い出に残ることは間違いないので、インパクトとしては最高なのかもしれません。ただし、プロポーズしている人はその瞬間とても勇気を出しているはずなので、馬鹿にするような反応はしないよう注意しましょう。

逆プロポーズされたときの男性心理と言われたい言葉

女性から男性にプロポーズをする「逆プロポーズ」。最近ではそんな逆プロポーズをする女性も増えているようです。そこで実際に男性は逆プロポーズされたらどんなふうに感じるのかをチェックしてみましょう。

逆プロポーズされた男性心理

これから逆プロポーズを考えている人も、ぜひ参考にして彼にどんなプロポーズをするのが良いのかを考えてみてください。

純粋に嬉しい

彼女から逆プロポーズされた場合、純粋に喜びを感じる男性も少なくありません。自分と結婚したいと思ってくれていたという事実や、それを相手から伝えられるというのは男性も女性も同じように嬉しいこと。
そのため、彼女からきちんと結婚の意思を示してみたら、意外とすんなり話が進む可能性は高いのです。早く結婚したい意思があるなら、逆プロポーズは有効な手段だと言えるでしょう。

自分から言い直したい

男性の中には「プロポーズの言葉は男から伝えたい」という理想を持っている人もいます。逆プロポーズをしても男性側からプロポーズの言葉を言い直したいと感じてしまう場合もあるでしょう。
もし逆プロポーズを計画しているのなら、実行する前に彼にプロポーズについてどんな考えを持っているのかを確認しておくことが大切。逆プロポーズによって彼のプライドを傷つけてしまう可能性もあるからです。

逆プロポーズするときの言葉

男性心理を考えたおすすめの逆プロポーズの言葉を紹介していきます。

お嫁さんにしてください

男性にとってもプロポーズされたときの言葉というのは、いつまでも心に残り続けるもの。だからこそ彼をキュンとさせ、思わず笑顔になってしまうような可愛らしい言葉選びをしてみましょう。
たとえば「あなたのお嫁さんになりたい」や思い出の場所で「これから先も連れてきてね」などの言葉は、男性の心をグッと掴むプロポーズになる可能性が高いです。

専業主婦じゃなくていいからずっと一緒にいたい

結婚に対する彼の不安を取り去るような逆プロポーズも、男心を掴んで結婚を引き寄せるきっかけになるでしょう。
とくに経済的な面で不安を抱えていることが原因で、なかなかプロポーズできずにいる男性もたくさんいます。それは、女性に苦労をかけたくないという彼なりの優しさです。
そんな経済面での不安を持つ彼に対しては「専業主婦じゃなくていいからずっと一緒にいたい」、「二人で働きながら素敵な家庭を築こう」などの言葉が効果的でしょう。
彼女からのそんな言葉で不安がなくなれば、彼も結婚に対して前向きになってくれるはず。

プロポーズを無事に終えて好きな人と幸せになろう

たとえ実際のプロポーズが理想のシチュエーションや言葉ではなかったとしても、好きな人に結婚を申し込まれるのは嬉しいこと。何よりも大切なのは言葉ではなく気持ちだということを忘れてはいけません。
それでも絶対にしてほしいプロポーズの方法や理想の言葉があるのなら、彼に何も言わず期待するだけではなく自分からもアピールしてさりげなく伝えておきましょう。
ただしプロポーズ自体にこだわりすぎてしまうと、彼もプレッシャーを感じてしまう可能性があります。彼なりの理想のプロポーズがある場合もあるので、それを尊重することも大切です。

結婚は一人ではなく二人でするもの。そしてそれはプロポーズの時点からスタートしていることなのです。そうして無事にプロポーズを終え、その先にある幸せを好きな人と描いていくことを大切にしていきましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW