オールホワイトコーデで失敗しない「たった2つのコツ」!【春夏秋冬43選】
FASHION

オールホワイトコーデで失敗しない「たった2つのコツ」!【春夏秋冬43選】

2020/06/04

近年、定番のスタイルになりつつある『ワントーンコーデ』。そのなかでも、全身を白でまとめるオールホワイトコーデが取り入れやすいのでおすすめ。一見、難しそうに見えるけれど、コツさえ押さえれば透明感あふれるおしゃれコーデに! まわりと差をつける大人のオールホワイトコーデを今すぐチェックしてみて。

  1. オールホワイトコーデを素敵に仕上げる【2つのコツ】
  2. 【春】は色のトーンで暖かさを演出
  3. 【夏】は一段と爽やかな印象に
  4. 【秋】は素材にこだわると◎
  5. 【冬】は差し色がポイント
  6. 【パーカー】でこなれ感たっぷりに
  7. うまく【差し色】を入れるには?

オールホワイトコーデを素敵に仕上げる【2つのコツ】

オールホワイトのコーデはハードルが高いように思えますが、ポイントを押さえればこなれ感のある旬な大人の着こなしに。シルエットや素材感、差し色などでメリハリを意識するのがポイント。カジュアルでもフェミニンでも、上品で洗練された印象に仕上がります。

  • 素材やシルエットでメリハリをつける
  • 小物で差し色を加え、奥行きを出す

素材やシルエットでメリハリをつける

素材やシルエットでメリハリをつけたコーデ画像

全身をホワイト一色でまとめると、統一感を手に入れることができる半面、単調なコーデになりがち。そこで、素材やシルエットにこだわって立体感を出すのがポイント。季節感のある素材をプラスしてシーズンムードを盛り上げたり、ビッグシルエットのトップスにスマートなボトムスを合わせたりなど、動きのあるスタイリングを意識すると◎。

小物で差し色を加え、奥行きを出す

小物で差し色を加え、奥行きを出したコーデ画像

小物で差し色を加えると、平坦なオールホワイトコーデに奥行きが出て、メリハリがUP。白は『合うものを選ばない色』なので、ビタミンカラーからニュートラルカラーまで、あらゆる色を合わせてみて。靴や小物まで、すべて白にそろえるのが難しい人にもおすすめです♪

【春】は色のトーンで暖かさを演出

爽やかで涼感あふれる『オールホワイトコーデ』。オフホワイトやアイボリーなどの温もりあるトーンの白を取り入れて、春仕様へとシフトチェンジして。日差しがほんのり暖かくなる春にぴったりな大人カジュアルのできあがり。

茶系アイテムで優しさたっぷりに

茶系アイテムで優しさたっぷりにしたコーデ画像

襟元を抜いた着こなしが、こなれ感抜群のオールホワイトコーデ。ニットパンツとのゆる×ゆるシルエットのスタイリングを、細ベルトで引き締めるのが大人女子流。ところどころに茶系アイテムを取り入れて、優しげのあるコーデに仕上げて。

黒ではなく、あえてまろやかカラーで

黒ではなく、あえてまろやかカラーのコーデ画像

ビッグシルエットのコットンワンピースは、ホワイトを選ぶと女らしさ満点。黒を選びがちなレギンスやシューズを、ベージュなどのまろやかカラーにチェンジすれば、一気に温もりのある春めいたスタイリングに転換。

Iラインを意識して、着ぶくれを回避!

Iラインを意識して、着ぶくれを回避したコーデ画像

レディな雰囲気漂うロング丈のレーススカートは、ホワイトのニットカーディガン合わせでピュアな印象に。着ぶくれが気になるホワイトも、Iラインを意識すれば怖くない! タイトスカートでも、綿100%のやわらかいレース生地なら女性らしい柔和なコーデに。

マニッシュなリネンジャケットが好相性

マニッシュなリネンジャケットが好相性なコーデ画像

ただのパンツスタイルじゃつまらない! そんなときは、旬アイテムのリネンジャケットでマニッシュなオールホワイトコーデに挑戦してみて。ブラウンで統一した小物が重くなりすぎず、いい塩梅に引き締め効果を発揮してくれる。

主役級のやわらかいホワイトのレースワンピース

主役級のやわらかいホワイトのレースワンピースのコーデ画像

春の陽気にぴったりな、ふわっとやわらかいホワイトのレースワンピースは、一枚でフェミニンに着るのが大人かわいい♪ ほどよく甘さを抑えたいなら、袖をラフにまくり上げて、こなれた大人女子の着こなしを意識して。

オフホワイトのロングカーディガンがキーポイント

オフホワイトのロングカーディガンがキーポイントのコーデ画像

日によっては肌寒いときもある春は、カーディガンがマスト。ノースリーブワンピースとロングカーディガンをオールホワイトでまとめて、カジュアルなスタイリングにきれいめエッセンスをひとさじ。カーディガンのオフホワイトが柔和な印象に導いてくれる。

着こなしを工夫すると、洗練された印象に

着こなしを工夫すると、洗練された印象になるコーデ画像

上品なホワイトのレーストップスは、ゆるシルエットのパンツでカジュアルダウンさせると親しみやすいコーデに。ハイウエストのリボンで引き締めると、スタイルアップ! 色のトーンを微妙に変えれば、レーストップスの繊細さが際立って洗練された印象に。

おしゃれ上級者のテクが光るレイヤードスタイル

おしゃれ上級者のテクが光るレイヤードスタイルのコーデ画像

『オールホワイト』の透明感を活かした、おしゃれ上級者コーデ。ロングシャツからワイドパンツをのぞかせたり、ノーカラージャケットを肩がけにしたりなど、トレンドの着こなしが詰まったお手本スタイリング。

クロップドパンツ×スニーカーのカジュアルさを軽減

クロップドパンツ×スニーカーのカジュアルさを軽減したコーデ画像

ボーイッシュなクロップドパンツにスニーカーを合わせたコーデも、オールホワイトにすればカジュアルになりすぎず好印象。メンズっぽさを際立たせるなら、Vネックに大きめのTシャツを忍ばせるとGOOD。

ラフコーデをホワイトでランクアップ

ラフコーデをホワイトでランクアップしたコーデ画像

ラフなスウェット×リラックスパンツは、オールホワイトにすればセンスあふれるスタイルが完成。大ぶりなピアスや存在感のある小物使いなど、細部まで抜かりないこだわりがスタイリングのポイント。

【夏】は一段と爽やかな印象に

心が開放的になる夏に、オールホワイトコーデは相性抜群! 女性らしく涼しげに装いたいなら、選ぶべきは断然『ホワイト』。ラインや上下のバランスに気をつけて着ぶくれせずに、大人女子らしい夏のファッションを思う存分エンジョイしよう♪

ヘビロテまちがいなしのオールインワン

ヘビロテまちがいなしのオールインワンのコーデ画像

きれいめスタイルの代表アイテムでもあるオールインワン。締め付けがなく、一枚でさらっと着るだけでサマになるうえに、ホワイトを選ぶと爽やかな印象が手に入るのがうれしい♪ 暑い夏にヘビロテすることまちがいなし。

メンズライクスタイルをマイルドに

メンズライクスタイルをマイルドにしたコーデ画像

大人女子から人気のメンズライクスタイルをオールホワイトでまとめると、辛口すぎずほんのり女らしさが加わってGOOD。ビッグシルエットで存在感のあるTシャツは、細身のストレートパンツを合わせてメリハリを意識すると、バランスが取れて◎。

スタイルアップが叶うTシャツワンピース

スタイルアップが叶うTシャツワンピースのコーデ画像

できるだけ重ね着はしたくない夏のファッション。清潔感漂うアイボリーホワイトのTシャツワンピースは、腰より高い位置にポイントがあるデザインをセレクトして、しっかりスタイルアップ。ホワイトが浮いてしまう人はアイボリーホワイトが◎。

甘さたっぷりトップスをカジュアルダウン

甘さたっぷりトップスをカジュアルダウンしたコーデ画像

女性らしい鎖骨ラインを強調してくれるオフショルトップス。甘さたっぷりのトップスを、ホワイトデニムでほどよくカジュアルダウンさせるのが大人女子流。ロールアップでさりげなく足首を見せることで、ヤボったさも回避。

着こなしに工夫を凝らして、着ぶくれを防止!

着こなしに工夫を凝らして、着ぶくれを防止したコーデ画像

人気が高いワッフル素材のワンピースは、ニットパンツで抜け感を加えるのが正解。ブラウジングでウエストの位置を上げたり、ダークトーンの小物で引き締めたりして、徹底的に着ぶくれを防止して。

爽やかな夏のお出かけスタイル

爽やかな夏のお出かけスタイルのコーデ画像

レディな魅力が引き立つVネックワンピース。ホワイト一色で仕上げると、夏のお出かけも涼しく楽しめそう♪ Aラインに広がる裾がきれいめの印象を与えるからこそ、小物はカジュアルテイストを選ぶことで抜け感をプラスして。

トップスインでメリハリをつける

トップスインでメリハリをつけたコーデ画像

一見、素朴なTシャツ×デニムパンツのオールホワイトコーデ。トップスインでウエストラインを強調し、メリハリのあるコーデに昇華。さらにポインテッドトゥパンプスで美脚に見せると、すっきりとしたカジュアルスタイルに。

【秋】は素材にこだわると◎

冷たい風が吹きはじめる秋は、暖かく軽やかなオールホワイトコーデを目指しましょう季節感のある素材をチョイスすれば、一気に秋の装いへチェンジ。小物などで抜け感を出して、肩の力が抜けた大人カジュアルスタイルを手に入れて。

ふわふわのモヘアカーディガンを黒で引き締める

ふわふわのモヘアカーディガンを黒で引き締めたコーデ画像

モヘアカーディガンにプリーツスカートのオールホワイトコーデ。黒の小物で引き締めるテクニックは、初心者でも挑戦しやすいのでおすすめ。

ニットアップをおしゃれに着崩して

ニットアップをおしゃれに着崩したコーデ画像

大人の品のよさが漂うニットアップ。エレガントになりすぎないように、足元はクールなレザーのショートブーツを合わせて着崩し、おしゃれにこなれ感をプラス。

ウエストマークでスタイルアップを叶えて

ウエストマークでスタイルアップを叶えたコーデ画像

デザイン性の高いロング丈ワンピースはウエストマークをすると、スタイルアップが叶う! ダークカラーだと重くなりすぎるシルエットも、ホワイトコーデなら清楚で優しい印象にまとまる。

ゆるゆるコーデは色のトーンでメリハリをつける

ゆるゆるコーデは色のトーンでメリハリをつけたコーデ画像

タートルスウェット×ワイドパンツのゆるゆるコーデ。だぼっとしたシルエットが女性を逆にかわいらしく見せる、男ウケのいいスタイリング。上下でトーンが異なるホワイトを合わせているので、自然とメリハリが生まれてGOOD!

アイボリーからベージュへのグラデーションが◎

アイボリーからベージュへのグラデーションが◎なコーデ画像

トップスをインしてメリハリを出すのも、オールホワイトコーデ成功の秘訣。インすることで、スニーカーでも脚長効果は抜群。アイボリーからベージュへのグラデーションコーデは、優しく落ち着いた印象。

ほっこりワンピースを嫌味なく大人っぽい印象に

ほっこりワンピースを嫌味なく大人っぽい印象にしたコーデ画像

ふんわりとしたシルエットがかわいいロング丈のリネンワンピースは、オールホワイトで仕上げることで嫌味のない大人っぽい印象に。茶系の小物がナチュラルなアクセントになって、秋の雰囲気をよりいっそう盛り上げてくれるはず。

メリハリをつけて細見えを目指す

メリハリをつけて細見えを目指したコーデ画像

ざっくりニットをコーデュロイ生地のタイトスカートに合わせてメリハリを。上下どちらかにボリュームがあるときは、残る片方をタイトにまとめると細見えコーデに。

ローヒールでもスタイルアップをあきらめない!

ローヒールでもスタイルアップをあきらめないコーデ画像

スポンジリバーコートとタートルネックニットの鮮度の高いスタイリング。オールホワイトでまとめることで優しい雰囲気に。パンツにロングアウターを合わせることで縦長効果が得られ、足元がローヒールでも全身がすっきり見え。

素材で季節感を加えるとGOOD!

素材で季節感を加えるとGOODなコーデ画像

Vネックニットはオールホワイトコーデ初心者でも使いやすいアイテム。コーデュロイ素材のタイトスカートとファーバッグで季節感を漂わせることを忘れずに。

【冬】は差し色がポイント

「ホワイト」といえば、雪を連想させる冬のファッションの人気カラー。でも、「太って見えるのでは?」と心配の方も多いはず。そんなお悩みは、メリハリをもたせた縦長シルエットを意識したり、視線を集中させる差し色をプラスしたりすることで解決してみて♪

大人フェミニンなレイヤードスタイル

大人フェミニンなレイヤードスタイルのコーデ画像

ニットワンピ―スからプリーツスカートをチラリと見せたバランスが大人フェミニン。ワンピース×スカートのレイヤードテクニックは、ぜひ真似してみて。ブラックのヒールブーツで引き締めて、コーデを格上げ。

もたつかない薄手のダウンコートは通勤着でも◎

もたつかない薄手のダウンコートは通勤着でも◎なコーデ画像

春秋冬の3シーズン着られちゃう、薄手ダウンコート。ブラウンやベージュの小物もさりげなくグラデーションさせて、こなれ感を演出。もたつかない薄手のダウンコートでしっかり防寒しつつ、足元はすっきりとパンプスを合わせれば、通勤着にもぴったり!

ヒールでほどよい緊張感をプラス

ヒールでほどよい緊張感をプラスしたコーデ画像

ボリューム袖がかわいいニット×ワイドパンツのコーデは、ヒールでほどよい緊張感をプラス。ミニマムなショルダーバッグを斜めがけすると、今っぽさが手に入る。大人シンプルが好みの人はぜひ真似してみて。

オールホワイトなら楽ちんコーデも大人の余裕たっぷり

オールホワイトなら楽ちんコーデも大人の余裕たっぷりのコーデ画像

ゆるニットにセンタープレスのテーパードパンツを合わせた楽ちんコーデは、ホワイトでまとめて大人の余裕を漂わせて。黒のストールとパンプスが、ぼやけがちな冬のオールホワイトコーデをキリッと引き締める。

清潔感のあるレディライクスタイルに

清潔感のあるレディライクスタイルにしたコーデ画像

ふんわりシルエットのトップスにレディライクなサーキュラースカートをスタイリング。ファーバッグで季節感を意識したら、黒のブーツを甘めコーデのスパイス役に。

足首のチラ見せですっきりした印象に

足首のチラ見せですっきりした印象にしたコーデ画像

ゆるニット×ニットクラッチで上半身にボリュームをもたせた代わりに、ボトムスはくるぶし丈のテーパードパンツでコンパクトに。足首をチラ見せさせることで、よりすっきりした印象に仕上がる。差し色を加えず、シルエットでメリハリをつけるのがポイント。

アイボリーなら柔和な雰囲気をまとえる

アイボリーなら柔和な雰囲気をまとえるコーデ画像

上品なアイボリーでまとめると、爽やかでありつつも柔和な雰囲気に。きれいめテーパードパンツはヒールパンプスで足首を強調。黒の小物を取り入れることでシャープさをプラスしてみて。

【パーカー】でこなれ感たっぷりに

カジュアルが好きな大人女子なら一枚は持っている『パーカー』を、オールホワイトコーデに取り入れると、大人の余裕たっぷりのこなれた装いに大変身! 幼くならないように、縦シルエットを意識して、スラッと見せを叶えるのがポイント。

ティアードスカートで女らしさを

ティアードスカートで女らしさを出したコーデ画像

ボーイッシュなパーカーをゆるっとかわいい白のティアードスカートと合わせて、女らしさをひとさじ。ローカットのスニーカーを履くと、ヘルシーな足首見せと相まって、こなれた印象が倍増。アンニュイな雰囲気が漂うオールホワイトコーデに。

スポーティーにならないワイドシルエットが◎

スポーティーにならないワイドシルエットが◎なコーデ画像

ボトムスをパンツにする場合、全体をすっきり見せるためについスキニーを選びがちな人も多いのでは? パーカー×スキニーだと、オールホワイトでもスポーティーに見えてしまう可能性大。ワイドシルエットを採用して、大人カジュアルスタイルに昇華して。

うまく【差し色】を入れるには?

差し色を入れるなら、まずは一色から試してみて白は合わせる色を選ばないので、とにかく挑戦あるのみ! だんだん慣れてきたら多色使いもOK。カラフルな色をアクセントに、ポップなスタイリングへ昇華して。オールホワイトコーデの幅がぐっと広がるはず。

黒を差し色にしたコーデ画像

ピュアな白モヘアニットとレーススカートの組み合わせは女性らしさ抜群。かわいくなりすぎないように、黒小物を差し色にするとモード感のある着こなしに。

カーキ

カーキを差し色にしたコーデ画像

ボーイッシュなコーデも、オールホワイトなら女性らしさもあわせもつ大人カジュアルに仕上がる。カーキのサコッシュとスニーカーを投入して、ミリタリーテイストに。

レッドとイエロー

レッドとイエローを差し色にしたコーデ画像

真夏のお出かけに最適なノースリーブトップス×フレアスカート。全身をオールホワイトでまとめているからこそ、差し色は夏らしい鮮やかなオレンジやイエローを惜しみなく取り入れて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW