「薄い紫」と「濃い紫」に合う色【紫コーデ26選】
FASHION

【紫コーデ25選】薄い・濃い紫に合う色は、違う!

2018/11/14

難易度が高めな紫色コーデ。でも、色合わせを少し工夫するだけで、高貴なパープルが一気にやわらかい印象に。今回は【薄い紫】【濃い紫】に分類してそれぞれに合う組み合わせを紹介します。

コーディネートは【軸色】から考えよう!

「軸色」+「近しい色」でコーディネートを構成するのが成功への近道。コーディネートの軸色で代表的なものは、青色がベースの「グレー・ネイビー系」黄色がベースの「ベージュ系」があります。

薄い紫色には【ネイビー・グレー(ブルー系)】がおススメ

ラベンダー、藤色とも呼ばれる薄い紫色をコーデに取り入れると品の良さが漂います。

グレー(3選)

ラベンダー色スカート×グレーコートのコーデ画像

ラベンダー色スカートを主役にしたコーデ。グレーコートで全体を包み、インナーと靴に白をチョイス。全身を3色以内でおさえ、白を繰り返し使うことで、コーデにまとまった印象を与えます。

グレーのVネックカーデ×ラベンダーのワイドパンツのコーデ画像

紫アイテム初心者さんでもトライしやすい、グレーのVネックカーデとラベンダーのワイドパンツの組み合わせ。白のトートバッグを合わせると軽やかフェミニンな印象に。靴はカーデに合わせてシルバーにするとコーデがまとまります。

グレーのビッグパーカー×ラベンダー色スカートのコーデ画像

メンズライクなグレーのビッグパーカーに、ラベンダー色スカートで大人のさりげない可愛らしさを添えて。トップスのボリュームがある分、ボトムスはタイトスカートとコンバースですっきり仕上げ、アクティブだけど上品でまとまりのある着こなしに。

ネイビー(2選)

トップスとボトムスを「淡色×濃色」、もしくは「濃色×淡色」でメリハリをつけることで、コーデにメリハリが生まれ引き締まってみえます。

白インナー×ラベンダー色ワイドパンツ×ネイビーコートのコーデ画像

白のインナーとラベンダー色ワイドパンツの淡色同士の組み合わせを、トップスのネイビーコートでキリっと引き締めて。深いVネックのコートがデコルテを綺麗に見せ、大人のヌケ感ある着こなしに。

ラベンダーカラーのシャツ×デニムのコーデ画像

キレイめな淡いラベンダーカラーのシャツは、濃いめカラーのデニムと合わせることでカジュアルな着こなしにも対応。シャツとスタンドカラーカットソーのレイヤードも、コーデにメリハリがあることで、すっきりと見えます。

濃い紫色には【ベージュ・キャメル(黄色系)】がおススメ

濃い紫色は、彩度が同じベージュ、キャメルと合わせるのがおススメ。ベージュの絶妙なヌケ感に濃い紫色がコーデのアクセントになります。

濃い紫のコーデュロイスカート×ベージュのロングカーデのコーデ画像

秋の初めにぴったりな濃い紫のコーデュロイスカートとベージュのロングカーデの組み合わせ。軽やかなトップスに、季節感を感じるコーデュロイスカートが引き立っています。

トレンチコート×濃い紫のワイドパンツのコーデ画像

バイカラーのトレンチコートにラップデザインの濃い紫のワイドパンツ。どちらもモードな主役級アイテムですが、コートとバッグをベージュで合わせることで落ち着いた印象になります。

ベージュトップス×紫スカートのコーデ画像

紫コーデが初めてな人にもトライしやすい、ベージュと紫の2色に絞ったシンプルコーデ。
靴はベージュで抜け感を出し、トートバッグをスカートの色と合わせることで、失敗無しの上品コーデに仕上がります。

紫バッグを差し色としたコーデ画像

気軽にトライできる紫のバッグを差し色としたコーデ。休日にぴったりなベージュトレンチのカジュアルダウンコーデも、紫のファーバッグで大人のフェミニンカジュアルにランクアップします。

▼ベージュに合う色を知ろう!▼
ベージュに合う色とは? 上級者から学ぶコーデ15選

万能カラー【黒×紫】

無彩色で引き締め効果のある黒と紫は、失敗知らずの万能な組み合わせ。紫に何を合わせていいかわからない!と困っている人は、まずは黒×紫コーデからはじめてみましょう。

春夏(3選)

ペールラベンダーのプリーツスカート×黒のトップスのコーデ画像

甘いペールラベンダーのプリーツスカートを、黒のトップスでピリッと引き締めて。
さらに、黒のサンダルやサングラス、かっちりフォルムのハンドバッグを合わせることで、クラス感ある大人の着こなしに。

鮮やかなパープルのパンツ×黒のトップスのコーデ画像

難易度高めの鮮やかパープルのパンツも、黒との2色コーデならすっきりまとまります。
まだ肌寒い春の始まりは、甘いパープルを一点投入して春らしさを出して。

紫のタイトスカート×黒ニットのコーデ画像

パッと目を引く鮮やかカラーは、質感のある素材のスカートなら柔らかい雰囲気になり合わせやすい。黒のタイトなニットとミニショルダー、コンバースを合わせたミニマムなカジュアルコーデは、春夏にぴったりです。

秋冬(3選)

ラベンダーカラーのコート×黒スカートのコーデ画像

寒い秋冬は、あたたかみのあるラベンダーカラーのコートがよく映えます。
変形カラーのモードなデザインのコートも、黒で統一することですっきりとした着こなしに。

パープルのスカート×黒ライダース×ポインテッドトゥショートブーツのコーデ画像

コーデの主役となるシャギー素材のパープルのスカート。ふわふわの甘めアイテムを、黒のライダースとポインテッドトゥショートブーツでしっかり引き締め。
大人の甘辛コーデの完成です。

濃い紫のスカート×黒ジャケット×ショートブーツのコーデ画像

女っぷりを高めてくれる濃い紫のスカート。
こちらも黒のジャケットとショートブーツで凛としたカッコよさをプラスして。
白のストールが黒と紫のコントラストを和らげてくれます。

困ったら【白×紫】!

同じ無彩色同士で紫と相性抜群の白と黒ですが、「黒×紫」はカッコよく仕上がるのに対して、「白×紫」はフェミニンな仕上がりに。黒を合わせるときつく感じる人は、優しく見える白×紫でトライしてみましょう。

春夏(3選)

白Tシャツ×紫カーディガンのコーデ画像

白Tにカーディガンをさらっと羽織った、春にぴったりな爽やかコーデ。白Tはデニムにタックインすることで、すっきり見えて脚長効果も。
靴とバッグは淡いグレーで軽やかに仕上げて。

パープルパンツ×白のノースリブラウスのコーデ画像

単純なコーデが多くなる夏は、特にカラーで遊びたくなる季節です。
ビビッドなパープルのパンツは、白のノースリブラウスを合わせてすっきりクリーンな着こなしに。シルバーの華奢ミュールとグレーのミニショルダーで、ワンランク上の大人のフェミニンコーデに仕上がります。

パープルのフレアロングスカート×白トップスのコーデ画像

コーデの大部を占めるパープルのフレアロングスカートは、春夏なら白のトップスとパンプスで軽やかに仕上げると重たくなりません。羽織りをプラスするなら、軽いネイビーカラーのデニムジャケットでコーデを程よく引き締めて。

秋冬(3選)

白ニット×紫のコーデュロイスカートのコーデ画像

春夏っぽい軽やかな印象の白×紫の組み合わせですが、秋冬にトライしてみるとグッとフェミニン度が増して素敵です。
あたたかみのあるボリューミーな白ニットと紫のコーデュロイスカートで、明るく爽やかだけれども、季節感を感じさせる着こなしになります。

紫パンツ×白インナー×黒ジャケットのコーデ画像

白・紫・黒の3色がバランスよく取り入れられたこちらのコーデ。
インナーの白で抜け感を出すことで、重くなりがちな秋冬コーデに軽さを出しています。

白コート×紫インナー×デニム

秋冬に上品に映える白コートに、さりげなく紫のインナーをチラ見せ。
靴とバッグをベージュでまとめると、繊細なニュアンスコーデに。
フェミニンかつ上品さを感じさせるデニムスタイルです。

紫色の差し色例

アクセントカラーとして紫を使う場合は「3割以下」をルールにすると失敗しません。

白コート×パープルのふわふわファーバッグ

大人の品を感じさせる白コートが主役のモノトーンコーデ。
鮮やかパープルのふわふわファーバッグで、大人の可愛らしさをプラスして。

黒ニットとグレー×チェックパンツ×紫ファーバッグのコーデ画像

黒ニットとグレーのチェックパンツの定番同士の組み合わせ。ありきたりな秋冬コーデが、紫のファーバッグを投入することで、新鮮なアクセントが生まれます。

黒ワンピース×紫スカートのレイヤードのコーデ画像

小物だけでなく、ワンピースとレイヤードすることで、スカートをちょこっと差し色にすることもできます。一枚で着るとインパクトの強いビビッドな紫のスカートも、ワンピースの裾からさりげなく見せることで、失敗知らずのこなれた着こなしに。

ベージュのワンピース×ラベンダーのパンプスのコーデ画像

紫は、ベージュ系コーデの差し色としてもマッチします。ベージュのワンピースにラベンダーのパンプスを合わせると、春にぴったりな明るくフェミニンな着こなしに。

紫ニット×薄色デニムのコーデ画像

紫のトップスを差し色とする場合、タックインで紫の占める割合をコンパクトにすることで、すっきりとした着こなしに。薄色デニムなら、黒のライダースとブーツで辛口に引き締めて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW