FASHION

乗り遅れ厳禁!今年こそ欲しいNOTコンサバな「ダウンコート」旋風

2018/10/29

多くのブランドからコンサバにならないファッションコンシャスなデザインが登場し、冬のブームを牽引しているダウンコート。留まるところを知らないダウン旋風に乗り遅れないように、おさえておくべき3選を紹介。

「マカフィー」のクロップド丈ダウンジャケット

〈欲しい理由〉
1、クロップド丈が最旬&ストリートモード
2、コンパクトに着られて着膨れ軽減
3、顔まわりスッキリなノーカラー

ダウンアウターの新常識として提案したいのが、コンパクトなクロップドタイプ。スポーティなエッセンスもありながら、上品な着こなしへと導いてくれるので、程よいカジュアル感が好きなオトナ女子にぴったり。「マカフィー」の一着は首まわりがラウンドになっていて、レーストップスをチラ見せしたりと、ミックス&マッチなレイヤードが楽しめるのも嬉しいポイント。

アウター¥28,000/マカフィー(TOMORROWLAND) スカート¥28,000/ADAWAS(ショールーム セッション) ブラウス¥9,000/オンリー ハーツ(シティショップ) キャップ¥7,600/サイ(ビショップ) ピアス¥35,000/アニカ イネス(シティショップ) シューズ¥23,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店)

身長別もチェック!

「ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア」のダウンコート

〈欲しい理由〉
1、NOTコンサバなライトブルーが可愛い過ぎる
2、ウエストで絞れるデザインで細見え!
3、お尻をカバーするミディアム丈

どうしても着膨れやコンサバ感が気になってしまうダウンコートは、カラー選びとスポーティなエッセンスが肝。絶賛リバイバル中の90年代風デザインなら、おしゃれもあったかさも両立出来ちゃうんです。ウエスト部分の絞りやヒップまわりを覆ってくくれるメリハリデザインも優秀! 可愛さだけでなく、体系のお悩みもカバーできる優秀デザインは見逃せない。

アウター¥68,000/ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア(ロンハーマン) トップス¥18,000、パンツ¥24,000/共にエリオポール(エリオポール代官山) ワンピース¥5,990/ザラ(ザラ・ジャパン) パンプス¥29,000/ペリーコ サニー(TOMORROWLAND)

身長別もチェック!

「シンゾーン」のダウンコート

〈欲しい理由〉
1、保温性の高い、肉厚ダウン
2、トラッド&べーシックなシンプルデザイン
3、着回し抜群!大人のダークグリーン

ベーシックでトラッドなデザインをベースに、大きめポケットや、メンズライクなオーバーサイズなど、今っぽさを詰め込んだ「シンゾーン」のダウン。気になるお尻をカバーしてくれる丈で、ゆったりと羽織れるだけでなく、しっかり詰まった中綿が本当に暖かい。オンオフ問わず活用できるデザインは毎日のベストパートナー。

アウター¥73,000/THE SHINZONE(Shinzone LUMINE SHINJUKU) トップス¥7,000/ノーパンティーズ(フリークス ストア渋谷) サロペット¥32,000/tiit tokyo(Sian PR) パンプス¥41,000/アグメス(TOMORROWLAND)

身長別もチェック!

SHOP LIST

エリオポール代官山/tel.03-3770-6438
ザラ・ジャパン カスタマーサービス/tel.03-6415-8061
シティショップ/tel.03-6696-2332
ショールーム セッション/tel.03-5464-9975
ビショップ/tel.03-5775-3266
ファビオ ルスコーニ 有楽町店/tel.03-6268-0538
フリークス ストア渋谷/tel.03-6415-7728
ロンハーマン/tel.03-3402-6839
Shinzone LUMINE SHINJUKU/tel.03-5909-4088
Sian PR/tel.03-6662-5525
TOMORROWLAND/0120-983-511

Videographer/Photographer:Ryohei Kawaguchi Videoediter:Mami Okubo Hair & Make-up:Tomoko Takano Stylist:Michie Suzuki Model:Natsumi Mizuno Editor:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW