HOROSCOPE

10月25日から11月7日のしし座の満月占い

2018/10/24

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。
10月25日に迎える満月、その時期のしし座の運勢はどうなる?

優美な大人の階段を上る

毅然とした態度で妥協しない。
そんな学びを得たてんびん座の新月のサイクルを経て、今度やってくる10月25日のおうし座の満月は、あなたを次のステージへと誘うわ。
大人の女性としてまた一つ階段を上る時。真の「エレガンス」を学ぶ時間がやってきたの。

ここからのサイクル、あなたはすべてにおいて「本物志向」であることが求められる。

おうし座は、女王の風格を纏う星座。

身につけるもの、出かける場所、日々の仕事や恋愛に至るまで。すべてお手軽に済ませることなく、本物に囲まれて生きる必要があるわ。その日々の選択が、あなたを優美な大人へと変革していくからよ。

波乱の恋愛は、本物を知るためのプロセス

今回の満月は改革の星である天王星と月がピタリと重なり、一方で真逆に位置する太陽には愛と美の星・金星がこちらもまたピタリとくっついている。4つの星が2つの方向で強く引っ張り合っていて、ただならぬ緊張感の空模様。しかも金星は逆行の真っ最中! ことに恋愛において波乱がやってきそうな予感よ。
長い間隠してきた秘密や嘘が暴かれたり、突然のお別れがあったり、羽目を外して快楽に溺れたり…コントロールできない欲望に翻弄されるような運気なの。

けれど、そのすべてはあなたが“本物が何か”を知るための出来事。刹那的なワンナイトラブを過ごしたことで真の愛の大切さを知るかもしれないし、決意のさよならを経験するからこそ、次の恋を迎えられるかもしれない。星々の緊迫感が強い時は、その分大きなパワーが生まれるのよ。

もう、偽物の愛なんていらない。
偽物の美しさなんていらない。

あなたにとって真実であり、本物である、と思えることだけに力を注いでいきなさい。そして、偽物だと感じたものは遠慮なく手放していきましょう。あなたという女王には、本物しかふさわしくないわ。相手の言動や周囲の環境に振り回されることなく、トラブルが起きた時ほど、本物だと思うかどうかの自分自身の感覚に向き合うことをお忘れなく。その方が、ずっと早く解決するのだから。

真のエレガンスとは?

エレガンス=eleganceという言葉は、もともとはラテン語のeligere、(ex +ligere)という単語から派生したと言われているわ。「select」の語源にもなっているeligereの意味は「選ぶ」。つまり、エレガンスとは、「丁寧に選び取る」という意味なの。

ガラクタの中から宝を見つけ出すような、本物を見抜き選び取る審美眼。それを身につけられる女性こそ、成熟した優美さの持ち主よ。あなたが一つまた階段を上ることを、楽しみにしているわね。

【官能ムーンアクション】

本物を見抜く目の持ち主は、本物を口にすることができる。この期間、「口にするもの」があなたをつくると言っても過言ではないわ。まずは「食べるもの」。高級でなくてもいいけれど、質の高い“本物”とおもえるものを選んで食べてちょうだい。オーガニックのお野菜や添加物の入っていない食材、調味料にまでもこだわりを。インスタントなものばかり食べていると精力も衰えてしまうわ。性生活の向上は、まずはヘルシーな暮らしから。あなただけじゃなく、パートナーの食生活も気を配ってあげてね。
そしてもうひとつの「口にするもの」は「言葉」そのもの。選び抜かれた美しい言葉が、あなたをオーラから美しくしてくれるはずよ。同じ「好き」や「寂しい」という気持ちを伝えるにも、色々な言葉や言い回しがあるでしょう? ご自分の気持ちにピタリとくる言葉を吟味して口にすると、お相手の理解度もぐっと高まるわ。簡単な言葉、楽な言葉に流されないように、自身を律することが必要よ。時間をかけて、あなたにふさわしい美しい言葉を選び抜いて。

【おうし座の満月のオススメ官能シネマ】『ベニスに死す』 1971年

本物の美しさを纏う映画…といえば、クラシックな名画をピックアップしたくなるわね。イタリア映画界の巨匠、ルキノ・ヴィスコンティ監督。貴族の末裔である自身の美意識をそのまま形にしたような彼の作品は、どれもおうし座的エレガンスに満ちているけれど、中でも官能的といえばこの『ベニスに死す』が代表かしら。
ベニスの街に静養に訪れた老作曲家が、ふと目にした貴族の少年に心惹かれ、苦悩しながら彷徨う…と、まあ現代風に言えば少しストーカーチックなお話なのだけれど。
若さと老い、生と死、希望と諦め、の対比。そして美への賞賛と憧れが、かすかな狂気とともに描かれている耽美な名作よ。朽ちていくベニスの街と作曲家とは対照的な、少年タージオのビョルン・アンドレセンのエターナルな美貌。テーマ曲である甘く切なく官能的なマーラーの交響曲第5番「アダージェット」を聴きながら、このデカダンスに酔いしれて。

10月25日から11月7日のしし座の満月占い

今回の満月は、あなたにとってかなりの試練をもたらすわ。飛躍のチャンスにもなるのだけれど、きちんと向き合う覚悟が必要よ。準備はいいかしら?
どんなハードルかというと、世間からこう思われたいというイメージと、あなたが今表現しているイメージとの不一致に悩まされるというもの。どちらが本物なのか、どちらを本物にしたいのか、選ばなくてはいけないわ。基準点は「女王」の風格があるかどうか。どちらのイメージにもそれがないなら、両方捨ててしまいなさい。
試練に立ち向かう勇気のもとは、ダークレッドのリップ。ポーチにしのばせるだけで励まされるはず。11月に入ると、少しリラックスができそうよ。

しし座にオススメの記事をチェック!

▼私に似合う、究極の赤リップを検証!

Editor:Moyuru Sakai

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW