shutterstock.com
LIFE STYLE

経験者に学ぶ!「彼ママ」対面の成功&失敗エピソード5つ

2018/11/16

そろそろ結婚かな……と思っている彼から、「冬休みに実家に遊びに来ない?」「両親が上京するから会わない?」と言われたら、あなたならどうしますか?
彼は「気を遣わないでいいよ」「何もしなくていいから」なんていうけれど、丸腰で会ったら大失敗! なんてことも。
今回はアラサー女子達が通り抜けてきた、彼ママとの対面エピソードを紹介します。

(1)「何もいらない」を真に受けて…

「彼に手土産を相談したところ、『何もいらないよ』との答えが。仕事も忙しく、買う暇がなかったので、手ぶらで伺ったところ、食後にデザート、帰りにたくさんのお土産をいただき、気まずかったです。」(教育/32歳)

お家にお伺いするなら、手土産は持って行くのがベター。買いに行く暇がないなら、事前にネットでポチっておきましょう。

(2)「何の集まりか」事前に確認

「彼から、『家族が集まるから一緒にどう?』と言われたお食事会。よくよく話を聞くと彼ママのお誕生日会でした。慌ててプレゼントを用意して参加。事なきを得ました。」(編集/28歳)

彼に誘われたら、何の会なのかをよくよく確認して。誕生日会、クリスマスなどのお祝い事なら、ふさわしい手土産とファッションで参加しましょう。

(3)彼ママの好みがわからなくて…

「手土産に悩み、自分も好きで評判の和菓子屋さんのお菓子をお持ちしました。喜んで召し上がってくださったものの、後から聞くとあんこは『こしあん』ではなく『粒あん』派だったとのこと。事前に何を持っていくか、彼に相談すればよかったです。」(IT/30歳)

手土産には、ご両親の好きなものを選びたところ。「何がいいかな?」と彼に相談しても、何でもいいよとなってしまうので、「○○はどうかな?」と具体的に聞くのがおススメですよ。

(4)気合を入れすぎて…

「彼の実家近くに用事があった際に、『今から寄らない?』と言われてご両親と対面。親に会わせてくれるということは、結婚前提!?と浮き足立ち、『ふつつか者ですがこれからもよろしくお願いします!』とご挨拶したところ、彼ママからやんわりと、『結婚はまだまだよねぇ』と一言。彼も、近くに来たから寄っただけだと返事をしていて、失敗したと思いました。(教育/31歳)

どんな立場で会うのかは、彼に確認しておきたいところ。初めて女の子を連れてくるのか、付き合うと毎回連れてくるのか、によっても彼ママの対応は違ってきます。いい機会だと思って結婚の意思を確認してみて。

(5)共通の話題を事前にリサーチ

「緊張すると頭が真っ白になってしまうので、何を話すか事前に考えていきました。彼ママの趣味や好みを彼に聞いたところ、ミュージカルがお好きなことが判明。わたしも何回か見たことがあったので、その時の公演の話をしたところ、盛り上がりました。」(フリーランス/30歳)

彼ママの趣味を聞いて、少しお勉強しておけば、話題がなくなってしまったときに役に立ちます。『○○がお好きだと伺ったのですが私も興味があって』と言えば喜んで話してくれるはずです。

いかがでしたか?
結婚を意識すればするほど緊張するのは当然! 長いおつきあいになるかもしれないことを考えると、初対面からいい印象をつけたいですよね。身構える必要はありませんが、大好きな彼のご両親に気に入ってもらえるよう、事前にリサーチはしておきましょう!

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼彼に「結婚を意識させる」一言は?

▼彼の家族に「好印象」と思われたい!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW