shutterstock.com
LIFE STYLE

え?そんなことで…!? 彼が彼女に「ブチ切れた」瞬間

2018/11/07

彼が急に怒り出したり、不機嫌になったりすることがあるかと思います。原因に心当たりがない場合もあるでしょう。実は、小さなことが積もり積もって、我慢の限界に達したのかもしれません。人が怒るキッカケは様々。なるべく平穏な付き合いをしたいものですよね。
そこで今回は、「彼が彼女にブチ切れた瞬間」をご紹介したいと思います。

(1)アドバイスのつもりが…

「会社のホームページでシステムエラーが発生してしまい、その対応に追われたことがありました。しばらく作業が続いたんだけど、なんとか乗り切って、彼女と食事をしていました。
彼女は『大変だったね』と労ってくれました。しかし、『常に確認しておかないとダメだよね』なんて言ってくるので、『知らないくせに言うなよ』とキレてしまいました。疲れていたのもあるけど、大人げないことをしてしまった」(金融/32歳)

男性は仕事に対してプライドを持っている人が多いです。相手を思っての言葉だったとしても、簡単に口を挟むと怒らせてしまう場合があります。

(2)カマかけてみたら…

「仕事で残業が続いて、帰りが遅くなる時期がありました。しばらく彼女にも会えず、彼女のほうもちょっと苛立っているのを感じました。でも、ようやく休みがとれたときに彼女に会うと『昨日は飲みに行ってたんだよね?』と一言。昨日も仕事だったし、そんなことを言った覚えもなかったので、カマをかけてるんだって分かりました。ふざけんなよ……と思わずキレちゃいましたよ」(IT/30歳)

一生懸命働いているのを、浮気だと疑われるのは心外。カマをかけるような行為は、普通に問いただすよりも、相手を怒らせてしまう場合があります。

(3)紹介しただけなのに…

「彼女は男友だちが多いほうなんです。あるとき、飲みの席に、そのなかのひとりが別の後輩を連れて来たらしいんですね。その後輩について、“すごく面白い子”とやけにほめるんです。
頭の回転が速くて、喋りもうまいと絶賛。彼女は『絶対お笑い芸人になったほうがいいと思うんだよね』なんて言うんです。聞いていてだんだん腹立たしくなってきて、『お笑いはそんな簡単な世界じゃねえよ!』と怒鳴ってしまった。俺もたいして詳しくないのに……」(メーカー/33歳)

男性はただでさえ、知らない男の話題を出すのを良くは思わないもの。そこでベタ褒めするようなこと言ってしまうのはイライラを募らせてしまいます。

(4)ちょっとした指摘が…

「ネットで見つけたカッコいいシューズがあったんです。でも、どこを探しても売り切れ。それがあるとき、仕事中に偶然立ち寄った靴屋にそのシューズがあって、思わず買ってしまいました。
彼女のデートのとき、それを初卸し。彼女にも見て欲しくて、ノリノリで履いて行きましたよ。ところが彼女の評価が芳しくない。全体を見て、『その服に合わない』なんて評価をくだしました。その場でキレて帰ってしまいました」(デザイナー/30歳)

ずっと欲しいと思っていたものを手に入れたのに、彼女からの厳しい指摘。センスをたしなめるような発言は、彼としては耐えられないでしょう。

(5)つい無意識で…

「彼女が常日頃から『痩せたい』『ダイエットしなきゃ』と言っています。そのくせ、いっぱい食べてるんですよね。
この前も、ダイエット食なるカロリーの低い食品をネットで買っていました。でも、『美味しい~』と言いながら、ずっと食べていて。『本当に痩せる気あるのかよ!』と、思わず言っちゃいました」(営業/31歳)

男性のなかには、矛盾する発言を嫌う人も多いもの。女性としては、『痩せたい』なんて口癖みたいなものですが、男性には引っかかってしまうこともあるんですね。

自分ではたいしたことじゃないと思っていても、相手には気に障るような言動である場合も多々あります。なかには、相手のためにしたのに、怒りを買ってしまう場合も。
何もしないことが正解ということもあるので気を付けましょう。

Editor:Annu Ooki

他の記事もCheck!

▼男性が結婚を面倒に思う理由って?

▼実は男性がうんざりしているデートとは?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW