LIFE STYLE

婚活がうまくいかない女性へ。幸せな結婚ができる秘訣を教えます!

2018/10/18

婚活を始めたからといって、必ずしも理想的な男性と出会って結婚できるわけではなく、婚活がうまくいかず悩んでいる人もいるのが現実。そんな人のために、なぜ理想的な相手と出会えないのかを少し考えて、ハッピーな結婚を導くためのヒントを見つけてみましょう。

婚活がうまくいかないのはこんな人!

まず、婚活がうまくいかない人にはいくつかの共通点があるようです。どんな人がうまくいかないのか、ポイントを確認してみましょう。

ネガティブ思考の人

「どうせ自分は結婚ができない」「誰も好きになってくれない」と自分に自信がない人は、男性に好まれないようです。心は外見に出てしまうもの。ネガティブな考えを持っていると、見た目にも表れて誰も近寄ってきてくれないでしょう。
たとえパートナーと出会えて交際を始めたとしても、自分に自信がない状態では、相手の言動もネガティブに解釈してしまい喧嘩が多くなってしまう危険があります。まず自分自身のことを好きになることから始めましょう。

結婚相手の条件が高すぎる人

「年収が〇百万円以上でないとダメ」「ルックスが良くないとダメ」など、希望の条件に合わない男性をどんどん切り捨てていく人も結婚が難しいタイプでしょう。
婚活を長く続けるほど条件が高くなっていき、条件に見合う男性には出会えなくなっていくパターンも多いようです。
結婚は、相手に過剰な期待を求めないことが大事。どうしても譲れない条件は最小限に抑えて、見逃すことができる点は「まあいいか」と受け入れられる柔軟な気持ちを持つことが、幸せになる近道になるでしょう。

しっかり者すぎる人

男性はどこか抜けていることや、か弱い部分がある女性に惹かれやすいといわれています。それは、女性を「守ってあげたい」という本能が男性に備わっている証でしょう。
完璧主義で何でも自分でこなしてしまう女性は、男性にはとっつきにくい印象を与えてしまうかもしれません。
ときには、おっちょこちょいな面を見せたり相談に乗ってもらったりすると、親近感がわき、男性の好意が高まります。

婚活にトキメキを求めている人

「結婚は恋愛の延長線上」という考えを持っていて、トキメキを感じない男性とは結婚できないと判断をしてしまっている人も危険信号。
もちろん恋愛から発展して結婚するケースもありますが、婚活に恋愛的なトキメキを求め過ぎているとうまくいかないでしょう。
結婚は一生を共にする相手を選ぶもの。どれだけドキドキするかではなく、一緒にいて安心できる存在であるかを大切にして、相手を選ぶようにしましょう。

婚活を成功させるには自分を変えてみよう!

どうしても結婚したいという気持ちが強いのなら、ただ理想的な相手を待っているのではなく自ら努力をする必要があります。婚活に苦戦している人は、まず自分自身の考え方や習慣を変えてみることから始めてみましょう。

相手の良いところを見つけるようにしよう

相手の悪いところばかり探してしまうと、なかなか理想の男性には出会えないもの。相手の長所を探して、悪いところは結婚しても我慢できる範囲なら受け入れるようにしましょう。

前向きに行動しよう

傷つくことを恐れていては、いつまでたっても幸せは訪れないでしょう。婚活に失敗はつきもの。失敗を恐れず前向きな気持ちで、積極的に相手を探してみましょう。
婚活を楽しむと、良運が近づいて思いがけないハッピーが舞い降りてくるかもしれません。

相手の話をよく聞くようにしよう

自分の話を相手に聞いて欲しい男性は多いようです。男性は、話を聞いて共感してくれる女性に親近感や好意を覚えるもの。まずは相手の話を最後まで聞いて、相手のことを知ってみましょう。
さらに、聞いてあげるだけでなく相手が聞いて欲しいことを質問すると、男性は「話が楽しい」「気が合いそう」と感じるため、なるべく質問もプラスして会話を進めることをおすすめします。

自立した生活をして大人の女性としての”女子力”を上げる!

一人でも生きられる人同士が「二人ならもっと幸せ」を目指すのが結婚=家庭を築くということなのかもしれません。女性とはいえ男性に頼ってばかりではなく、ときには男性を支えられる存在であった方が、二人の関係は平等で長続きするでしょう。

充実した仕事や生活の経済的安定など、普段から自立した状態を維持している大人の女性は、男性にとって信頼できる存在となります。男性が「将来、一緒にサポートし合って生きたい」と思える女性になりましょう。

料理や掃除の腕を磨いて、見た目以外のアピールポイントを作ろう

「彼の胃袋をつかむ」という言葉があるように、料理や掃除など家事が得意な女性は、相手に結婚した後の生活をイメージさせやすいようです。
普段から料理や掃除の腕を磨いて、家庭的な女性だと思われるように努力しておきましょう。料理が苦手な人は、今のうちに料理教室に通ったり、自炊をする習慣をつけたりすることから始めてみましょう。

どんな婚活方法が向いているかチェック

最近は、婚活といっても様々な出会いのサービスがあります。婚活を成功させるために、それぞれの特徴を把握して、自分のライフスタイルや性格に合った婚活方法を見つけましょう。

ネット婚活

サイトやアプリなどに登録するだけで、時間を問わずいつでも利用できるのがネット婚活。
特に、仕事で忙しい人や、SNSでのやり取りに慣れている人におすすめでしょう。会費も女性は比較的に安価のため、気軽に始めやすいようです。
ただし、プロフィールや写真が実際とかけ離れている場合もあるため、相手とのやりとりを慎重に進める必要があります。

合コン・街コン

一人で始めるには心細いという人には、友人と気軽に参加しやすい合コンや街コンがよいでしょう。合コンであれば、友人が幹事になりメンバーを収集するため、男性に対しても信頼ができるでしょう。
街コンは、主に週末に特定の地域や街で開催されているイベントです。基本的には友人などの同性2人で申込むケースが多いようです。
初対面の男性との会話も友人同士でフォローできるため、人見知りの人でも心配は少ないでしょう。また、みんなで食事や街の観光を楽しめるのもメリットといえます。
ただし、誰でも参加しやすい分、本気で結婚を考えている人ばかりとは限らないので注意しましょう。会話や態度から、結婚したい人かどうかなど、相手の目的を見極める必要があります。

婚活パーティー

一度に多くの人と会って理想の相手を見つけたい人は、婚活パーティーがおすすめです。ホテルや会議室などで定期的に実施しています。
パーティーは2~3時間で、異性の参加者全員と自己紹介をした後に、フリータイムで興味のある人と話をして、最後に相手を選んでマッチングするとパーティーの後に連絡先を交換できるという流れが主流のようです。
大勢の参加者の中でいろんな人と会話をするため、出会いのチャンスは大きくなるというメリットはありますが、人見知りする人や話し下手な人には不向きかもしれません。

結婚相談所

結婚相談所に登録して、プロのコーディネーターから希望の相手を探してもらうのが最も成婚率が高い婚活方法かもしれません。
専門のアドバイザーから直接アドバイスをもらえ、条件に合う男性を効率的に紹介してくれるため、奥手な人におすすめでしょう。
ただし、入会金や月会費などの料金は、他の婚活方法よりも高いため、本気で結婚したい人でないとなかなか始める勇気が出ないかもしれません。

紹介婚

自分の性格や希望を知っている親しい友人や親族に紹介してもらう紹介婚も、気軽で安心できる方法でしょう。
知り合い経由で相手を探してもらうためコストがかからず、信頼のおける人からの紹介なので身元を確認する必要がなく、余計な心配をする必要もありません。

自分で相手を探す勇気がなければ、友人や親族からの紹介に頼ってみましょう。ただし、断ったときに紹介者との関係が悪くなる可能性もあるため、その際にはしっかりとした断る理由を紹介者に説明して納得させる覚悟が必要でしょう。

自分を見つめ直し自分に合った婚活方法を利用してみよう

将来のパートナーを探す婚活は、簡単なものではないでしょう。また、婚活を始めたからといって100%結婚ができるとは限りません。
まずは現状の自分自身の考え方や習慣を見つめ直すことから始めて、自分に合った方法で婚活を前向きに進めてみましょう。素敵なパートナーと出会い、幸せな結婚生活を送れるのはあなた次第かもしれません。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW