LIFE STYLE

大人の美術館デート!オススメの楽しみ方を紹介

2019/12/25

ショッピングや遊園地など、普通のデートに飽きてしまっていませんか。そんなカップルにおすすめしたいのが美術館。アートの知識がなくても、きれいな色彩や形に興味がある人やちょっとした好奇心があれば、美術館は非日常的な空間と化し、まるで異国へ旅行しているような時間を体験できるでしょう。
そんな美術館デートの楽しみ方をご紹介します。

作品を保管するために、館内では室温が低めに設定されている美術館も多いようです。寒いと感じたときに羽織れる上着を持参しておくとよいでしょう。
とくにカーディガンはおすすめ。バッグの中にしまっておくことができ、鑑賞の妨げにもなりにくく、着用時は知的に見えるファッションアイテムになります。

ふんわりしたボトムスなら大人可愛く機能的に

館内の階段や体験型の展示を考慮して、スカートならミドル丈がよいでしょう。ショートやロング丈、またはタイトスカートは、動きにくいため避けましょう。
パンツスタイルなら、歩きやすいワイドパンツや伸縮性のある生地のものが便利。

美術館ではお静かに!コツコツ鳴らない靴を選ぼう

静かな館内は音が響くもの。音が鳴りやすいヒールは、周りの人を配慮して避けた方がよいでしょう。
美術館では、作品鑑賞のために1~2時間歩き回るケースも多いため、長時間歩いても疲れないローヒールやスニーカーを履いて行きましょう。

デート当日の振る舞い方のポイント

美術館デートをさらに楽しむために、施設内で気をつけたいマナーや振る舞い方を知っておきましょう。

館内での二人での歩き方

館内の展示スペースは、作品を鑑賞している周囲の人に気を配りながら二人の時間を過ごすことが大切でしょう。

相手のペースに合わせて歩く

作品を一点ずつ鑑賞するペースは、人によって様々。お互いの鑑賞ペースが違い、歩くペースに迷ったら、相手のペースに合わせてあげましょう。
何度か美術館デートを重たら、各々自分のペースで歩いてまわり、鑑賞後に感想を言い合うのも楽しみ方のひとつです。

手を繋いでの鑑賞もおすすめ

手を繋いだりして、でお互いのペースを合わせるのもよいでしょう。とくに、人気の展覧会で多くの来場客がいる場合、館内が混み合うこともあるため、多少恥ずかしい気持ちがあっても自然に手を繋ぐことができるでしょう。

デート中に気をつけたい会話のマナー

美術館は、洗練された空間。常識のある大人として館内でのマナーをしっかり守っておきましょう。

彼との会話は小声で

館内は、普段目にすることができない貴重な作品が展示されています。そんな貴重な作品は、静かに落ち着いて観るのがマナー。
周りの来場客にも気を配って、彼とは小声で話すようにしましょう。カップルの場合、耳元で話すことでより距離感が縮まる効果もあるかもしれません。

多すぎる雑学や作品に対する批判は厳禁!

アートの楽しみ方は、その人によって多種多様。一方的に知識を多く語ってしまうと、相手の鑑賞の楽しみを邪魔してしまうこともあるので注意しましょう。
また、作品について「意味がわからない」「下手な絵だ」など、作品に対しての批判や悪口などネガティブな感想を口にしてしまうのもNG。周囲の来場者や作者にも失礼な態度になり、恋人もあなたに幻滅してしまうかもしれません。

見終わった後はカフェでゆっくり感想を共有してみては

じっくりとアート作品を鑑賞した後は、館内や近くのカフェで休みながら展示作品について感想を共有する時間をつくるとよいでしょう。
どの絵が気に入ったか、何が楽しめたかなど意見を交換し合うことで、相手の好みを知ることや今まで知らなかった感性を発見することができ、相手のことをもっと好きになるかもしれません。

美術館でもたっぷり二人の時間を共有しよう

美術館デートでは、あなたと彼氏を非日常な空間へ誘い、鑑賞中に素敵なアート作品と出会えることができるでしょう。
また、鑑賞した後にはオシャレなカフェでくつろぎながら、作品に対する感想や意見を交換し合うことで、お互いの好みや感性を発見でき、さらに相手のことを知るチャンスにもなります。
美術館デートで美しいアート作品に触れて心を癒やし、二人の仲を深めながら楽しい一日を過ごしてみませんか。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW