LIFE STYLE

職場での片思いを成就させる!アプローチ方法とは?

2018/10/16

職場で片思いをしていて、うまくアプローチが出来ないとう方は多いのではないでしょうか。今回はそんな同僚への片思いを進展させるためにできるアプローチの方法を紹介していきます。職場に気になる相手がいる人はぜひ参考にしてみてください。

さりげないアプローチ方法

職場での片思いでは、周りに気づかれないように、さりげなくアプローチすることが重要になってきます。さりげなく、かつ効果的に相手にアプローチができる方法を見ていきましょう。

遠回しに相手を褒める

彼と仲のよい同僚に遠回しに片思いの相手を褒めてみるとよいでしょう。
他の同僚に対して彼のことを、「あの人は仕事ができますよね」などと、彼の性格や見た目ではなく仕事での活躍ぶりを褒めるのであれば、さりげなくアプローチできるはずです。

仕事の相談を相手にしてみる

次にできるアプローチ方法は、気になる彼に仕事の相談をしてみることです。
女性に頼られると、男性は嬉しいもの。仕事で悩んでいることや業務で分からないことがあるなら、ぜひ片思い相手に相談してみましょう。ただし、明らかに分かっていることをわざわざ相談すると、面倒くさい人と思われてしまうので、本当に分からないことや悩んでいることを相談するようにしましょう。

そして、一番大事なのは、アドバイスをくれることやその悩みが解決したときに、しっかりと感謝の気持ちを伝えることです。笑顔でお礼を言うことで、彼も自分のことを気になってくれるかもしれません。

貸し借りのやりとりで仲良くなれるかも

片思い相手は同僚だけれど、まだ仲がよくなく話す機会もほとんどないという方におすすめなアプローチ方法は、ペンなどの文房具を借りてみることです。
何かを借りれば返す時に会話のきっかけを作ることができるため、普段会話をしない相手でも話すことができます。
そのきっかけを利用して、仕事の話をしたり相談をしたりと、アプローチをするきっかけも生むことができるはずです。

さりげなく帰りの時間を合わせて声をかけてみよう

仕事が終わり会社を出る時間に合わせて、お疲れ様でしたなど声をかけるのも、さりげなくできるアプローチ方法の一つです。そこから話が広がり、仲を深めるきっかけとなるかもしれません。

ここで注意したいのは、帰りに声をかけたいからといって、相手を待ち伏せして明らかに待っていることをアピールしないことです。あくまでもさりげなく声をかけることでアプローチができるため、相手が残業で忙しいときなどは諦めましょう。

相手を誘うときは、さりげない口実を作って

仕事終わりにご飯や呑みに誘うときは、、デート感を出さないように、気になるお店があるなどと言ってさりげなく誘いましょう。いきなり2人で行きましょうと誘ってしまうと、相手も身構えてしまいます。いきなり2人で行くのが不自然なら、他の同僚も誘って複数で行くようにしましょう。

うまく誘うことができれば、プライベートの時間に話をすることができるため、片思いを進展させる大きなチャンスとなります。同じ職場の人間として、さりげなく誘ってそのチャンスを作りましょう。

片思い相手のタイプ別アプローチ方法

上司や同期・後輩など、同じ職場で働く相手でもその立場によってアプローチの方法も変わってきます。ここでは、タイプ別に分けてそれぞれに効果的なアプローチ方法を見ていきましょう。

上司に片思いしているなら一生懸命さとストレートさを

なかなか自分からは声をかけにくい上司に片思いをしている場合は、普段は仕事に対しての熱意をアピールすることが大事です。あからさまな好意アピールをするよりも、仕事を頑張っているところを見せることで、誠意のある部下として気に入ってもらえるはず。

相手が上司だと職場では立場的に自分からは声をかけにくいため、連絡先を聞いているなら、仕事後に直接食事に誘うのがおすすめです。プライベートな空間であれば、上司と部下ということは関係なく気軽に話すことができるかもしれません。

年下の後輩が相手なら飲み会に誘ってみよう

年下の後輩が片思いの相手なら、職場で話すと本音を聞くのが難しいため、飲み会などプライベートの時間に話せるように誘ってみるのがおすすめです。無理に誘ってしまうと、後輩は断れない雰囲気になってしまうため、あくまでも後輩の気持ちを汲んで誘うようにしましょう。大勢の飲み会で仲良くなった後などが、誘いやすいかもしれません。
プライベートの飲み会であれば、プライベートなことも聞きやすいため、そこで彼女はいるのか、いつもは何をして過ごしているのかなどを聞いてみると、そこから話をするきっかけが生まれるかもしれません。

同僚の事が好きならギャップ萌え作戦で

同期に片思いをしているなら、職場とプライベートのギャップを演出することが効果的なアプローチ方法です。仕事をしている時間は頼れる同僚としての姿を見せ、仕事後の飲み会などでは素の自分を見せることで、そのギャップにドキッとさせることができるかもしれません。
同期であれば、仕事以外の時間でも誘いやすいはずです。最初は同期全員で飲み会をして仲良くなり、次は2人だけで飲みに行こうなどと気軽に誘えるような関係になれればアプローチもしやすいでしょう。

社内イベントや行事でのアプローチ方法

社内で行われるイベントや行事は、いつもと違った自分の姿を見せることができるチャンスです。この貴重なチャンスを逃さないよう、イベントがあるときは積極的にアプローチをするようにしましょう。

バレンタインでは本命かも!?と思わせる

一番さりげなくアプローチができるイベントであるバレンタインの日は、片思いの相手にさりげなく自分の気持ちを伝えるチャンスです。職場の同僚全員にチョコを渡しながらも、本命の相手にだけ隠れてメッセージを添えたり、他の人よりも手の込んだチョコを渡したりと、さりげなくアピールすることができます。
他の職場の人にもチョコは渡しているけれど、「自分のだけもしかしたら少し違うかも」と、片思いの相手に思わせられれば、告白はしていないものの好意があるということをさりげなく伝えることができるでしょう。

バーベキューなどの社内イベントではいつもと違う一面を

社内行事でバーベキューや社員旅行などがあるときは、オフィスとは違う自分を見せるチャンスです。いつものきっちりとしたオフィス用の服装とは違う、カジュアルな私服や髪型で、気になる片思いの相手にアピールすることができるかも。気合いを入れすぎずにナチュラルに違う面を見せましょう。

このような行事の時は、職場のイベントだけれどプライベートのような雰囲気があるため、男性も素の姿を見せやすくなります。連絡先を知らず、飲み会に誘うのが難しそうな相手なら、ここで距離をグッと縮めるチャンスです。いつもよりも話しかけたりして仲良くなりましょう。

これって相手からの脈ありサインかも

毎日さりげなくアプローチをしていたら、相手の反応が変わったり話をする頻度が上がったりしたということもあるかもしません。もしかしたら相手からの脈ありのサインかもと思える言動を見ていきましょう。

仕事の話を振られることが多くなった

今まではあまり話をしていなかったけれど、最近は仕事の話などよく話かけられるようになったというのは脈ありのサインかもしれません。
仕事ができる頼れる自分という姿を見せたい男性は多いです。
「いつでも相談にのるよ」や「頼っていいよ」などを言ってくれるようになったら、相手も自分のことを気にしてくれているサインであることが多いです。2人で飲みに行くのに誘ったり連絡先を聞いたりと、関係を進展させるチャンスかもしれません。

出社や退社時間にバッタリ会う事が多くなった

会社に行く前の道で会うことや、職場を出るタイミングが一緒になることが多くなったというのも、相手からの気持ちが変わったサインの一つかもしれません。
もしかしたら、相手も自分のことを意識して時間を合わせているかも。帰りのタイミングが一緒になったなら、その後に食事に行けるか誘ってみてもよいかもしれません。

さりげないアプローチで職場の片思いを進展させよう

職場での片思いは、さりげないアプローチしかできないため、辛いことも多いです。しかし、毎日顔を合わせる同僚だからこそ、関係を進展させるチャンスが多いのも事実。
毎日のさりげないアプローチを重ねて、少しずつ気になる彼との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。きっと彼も気付いてくれるはずです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW