shutterstock.com
LIFE STYLE

「出会うだけ」になってない?婚活を一歩先に進める方法

2019/03/20

マッチングアプリや合コン頑張っているのになかなか彼氏ができない……。
そんなことありませんか?
男性に会うのをこなすだけで、恋愛が進展していないのではないでしょうか。それは、恋愛のPDS(Plan-Do-See)が回せていないことが原因かもしれません。
仕事では意識するPDSを恋愛にも応用することで、出会いの次のステップに進めます。
今回はそんな恋愛のPDSをご紹介します。

(1)Plan:デートに誘う彼を決め、リサーチする

出会い過ぎで誰が誰だかわからない! そんなことになっていませんか? ここ半年くらいで出会った男性を、できる限り思い出して、名前を書き出してみて。

名前を書き出したら、性格、趣味、仕事、家族構成など、項目ごとに一言コメントを書いて表にしてみましょう。その時、わからない項目は空欄にしておけばOKです。ビジネスでもよくやるテクニックですが、こうすれば相手のことを忘れません。表が出来上がったら、いいなと思う人を2、3人ピックアップしましょう。

(2)Do:実際にデートに出かけ、情報を集める

もう一度会わないことには始まらない! ピックアップできたら、連絡してデートに誘ってみましょう。そのとき、作った表をもとに、自分の売り込みポイントを考えて!

音楽好きで、のんびりした彼なら、まったり居酒屋デートで今年行ったフェスの話をしようとか、
トレンド好きで仕事に忙しい彼なら、彼の会社の近くの新しいレストランに誘ってみようとか、対応も変わるはず。
無理のない範囲で彼のタイプに合わせて自分を売り込んでみましょう。

また、デートの際に、Planで作った表の空欄の項目について、さりげなくヒアリングを。今後の振り返りに役立ちます。

(3)See:デートを振り返り、次の作戦を練る

無事、デートが終わったら、記憶が新しいうちに、彼と過ごして見えてきたことを書き出しましょう。
楽しかったことや、気が合いそうだと思ったところ、好きになれそうなところ。
また不安なところ、気が合わないところ、付き合うと問題になりそうなところなど、客観的にポジティブなこと、ネガティブなことを書き出すことがポイント。

ポジティブな内容が多いなら、改めて表を眺めながら、次のデートの作戦を練って! ネガティブな内容が多ければ別の相手を探した方がいいかもしれません。

いかがでしたか? せっかくの出会いだからこそ、ライトな気持ちで一方先に進める勇気を持ってください。好きになれるかどうかもわからないうちに、自分から恋を終わりにしてはもったいないですよ。進めてみて、上手く行かなければ、次の作戦を練ればいいだけのこと、仕事のように割り切って、サクサク恋のPDSを回しちゃいましょう。

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼それ大間違い!結婚できない人がやりがちなこと

▼警戒される女の特徴って?

▼アラサー女子が「好きな人」を作るには?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW