LIFE STYLE

彼氏を怒らせたらどうすればいい?仲直りで関係を深めるために

2018/10/12

彼氏ができて恋人として一緒に過ごす時間が長くなると、喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。できれば喧嘩は避けたいものですが、お互いの気持ちや価値観の違いを発見し、歩み寄る方法がわかることで仲を深めるチャンスになるでしょう。
そこで、喧嘩を上手に乗り越える方法を考えてみましょう。

彼氏を怒らせてしまったらどうすればいいのか

喧嘩は、些細なことがきっかけで起こるもの。うっかり相手にとってネガティブな言葉を発してしまったり、お互いの価値観のズレで生じたり、さまざまでしょう。彼氏を怒らせてしまったときに仲直りするためには、どんなことを心がければよいのかを知っておきましょう。

感情的になったり焦ったりしない

彼氏が怒った時は、感情的になって反論や言い訳をするのは避けましょう。お互いが感情的になっている状態では、どんな言葉もネガティブに解釈してしまい喧嘩を助長してしまうこともあります。

また「怒らせてしまった」と焦ってしまうのもよくありません。相手が怒ってしまっているときは、あなたの心に余裕が必要です。あなたの方から冷静な気持ちになって、しっかり話し合う空気を作ってあげましょう。

怒らせてしまった理由を自分なりに考える

なぜ彼氏が怒ってしまったのか、その原因を考えてみることも大事。彼氏が怒ってしまったのは、二人の間に必ず理由があるものです。自分の悪いところにも向き合い、悪かった点に納得できてから謝るとよいでしょう。

彼氏への謝り方と仲直りの方法

彼氏が怒ってしまった理由を理解し、あなたの方に原因があった場合はすぐに謝るようにしましょう。自分の気持ちを誤解なく相手に伝えて、彼氏の気持ちを納得させるコツがいくつかあります。

タイミングを見て謝ろう

仲直りに導くためには、話し合いのタイミングを考えることが大事です。喧嘩した直後は、相手の怒りが収まらず感情的な状態になっていることが多いため注意が必要です。出来れば一日経ってから謝って仲直りするか、一旦謝りたいという意思を伝えることをおすすめします。

素直に気持ちを伝えることが大切

どちらが悪かったのか関係なく、お互いの気持ちを確かめ合うことは今後お付き合いを継続するために必要なこと。まず、あなたの気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

原因や理由を踏まえた上で謝る

理由もわからないままなんとなく謝ることは避けましょう。相手に許してもらうためには、あなたの言動に納得することが前提となるため、喧嘩の原因や理由を伝える必要があります。

「寂しくて気を引きかったからワガママをいってしまった」「心配させたくなくて嘘をついた」など具体的な理由を正直に伝えてあげましょう。

自分はどうしたいのかもちゃんと伝えよう

喧嘩を機に二人の関係を前向きに進めていけるように、今後どうしたいのかも彼氏に伝えておくのもよいかもしれません。また、自分に非があるという自覚がある場合は、「今後は改善するために努力をしたい」ということを相手に伝えましょう。

もしも彼氏の怒りがおさまらず、別れ話になってしまった場合も、あなたに彼氏と別れたくない気持ちがあるときは素直に「別れたくない」と自分の気持ちを伝えることをおすすめします。

相手の言葉は途中で遮らずに最後まで聞く

明らかに相手の方が悪い場合や、相手の言い分が違うと思っても指摘しないでおきましょう。まずは怒っている彼氏の気持ちを落ち着かせることが優先。自分が思っていることを相手に伝えられると気持ちがスッキリするものです。

直接会って謝ることが大切

相手の気持ちを納得させ、誤解が生じないように自分の気持ちを伝えるためには、直接会って話をすることが大事。喧嘩の理由がどちらにあったか関係なく、まずはあなたの方から「直接会いたい」と伝えることをおすすめします。

電話やLINEでは本当の気持ちが伝わりにくい

最近は、コミュニケーションツールとしてスマホが主流になっているため、日常的なことを電話やLINEでやりとりをする人も多いでしょう。しかし、誤解に繋がりやすいのでおすすめできません。

面と向かって話すことで相手の気持ちもわかる

直接話しながらお互いの表情を見ることで、言葉だけでは伝わらない気持ちも確認できるため、仲直りしやすくなるでしょう。また相手の顔を見ると、これまで築いた愛着や信頼がよみがえり、許したい気持ちが高まるなど、直接会うことは話し合う以外にも様々なプラスの効果があります。

もし直接会って謝れないなら

彼氏と仲直りをするために会って話をしようと提案しても、彼氏の気持ちに余裕がなく会ってくれない場合は、一旦謝りたい旨のLINEやメールを送って、会う段階までにワンクッション入れておくことがおすすめです。

「会って仲直りしたい」という自分の気持ちを伝えておき、その後どうするかの判断を相手に委ねてあげることで、あなたが彼氏の気持ちを優先しているという誠意も伝わるでしょう。
また、少しの時間が経過したら彼氏の怒りの気持ちも次第におさまってくるため、彼氏も会って話をしたくなるかもしれません。

もしも音信不通になったら?冷却期間の見極め方

あなたの方から歩み寄るための努力をしても、彼氏の反応がなく音信不通になってしまった場合、相手はどう思っているのか、どうすれば修復へ方向転換できるのかの対処法も知っておきましょう。

あなたのことを思っての冷却期間

男性は不器用な面があるようです。喧嘩の後に連絡が途絶えた場合、男性は、無視しているのではなく冷静になるためにあえて時間を置きたいと思っている可能性もあります。また、怒りにまかせて彼女を傷つけるのを避けるために、自分自身で気持ちを整理して冷静になってから連絡しようとしているかもしれません。

こっちから何度も連絡はしない

彼氏が冷静になろうとしている最中に、あなたから頻繁に連絡がくるとうんざりして逆効果になることもあります。相手のペースも考えてあげることが大事。自分のペースで何度も連絡をするのではなく、最低限の連絡をする場合でも相手を思いやるようにしましょう。

お互いに考える時間を持つ

話し合う前に、お互いが喧嘩の原因やこれからのことを考えたり反省したりする時間を持つのもよいかもしれません。ただし、相手の連絡を待っているだけでは、相手も同じことを思っていて平行線になる危険があるため、自分の中で彼氏からの連絡を待つ期間を決めるようにしましょう。

待っても連絡がこなかったら

彼氏からの連絡をいつまで待っていても来ない場合は、そのまま放っておくと二人の関係が自然消滅してしまう危険があります。
そんな時は、あなたの方からLINEやメールで「話し合いたい」「謝りたいから連絡を待っている」という事を伝えることをおすすめします。あなたの前向きな気持ちが彼氏に伝われば、まだ彼氏が怒っている状態でも「考え直そう」という気持ちが芽生えてくるかもしれません。

仲直りのポイントは素直に相手を思いやること

恋人同士の喧嘩は、どんなに仲が良いカップルでも経験するもの。喧嘩をするということは、お互いが真剣に向き合っている証拠でもあり、相手の気持ちや価値観と自分とのズレを発見して、歩み寄るためのヒントを知る機会でもあります。

二人の関係をさらによい方向に導くためのポイントは、素直に相手を思いやることでしょう。
喧嘩は二人の関係を深めるチャンス。お互いの気持ちを確認し合える状況を作って上手に仲直りをしていきましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW