shutterstock.com
LIFE STYLE

マンネリかも…?「倦怠期」に入ったら試したいこと5つ

2018/11/03

どんなカップルも、付き合いが長くなると倦怠期が訪れます。とはいえ、これが当たり前だと打開策を講じなければ、そのまま別れに至る場合も……。
では、最悪の事態を免れるためにどうすればいいのでしょう?
今回は、“倦怠期”が訪れたときの対処法をご紹介します。

(1)イベントを利用する

普段の生活で、何か特別なことをしようと思っても、なかなか行動に移せないでしょう。今さらそんなことをしても……といった感情が働いてしまうからです。そこで、イベントを利用してみましょう。

誕生日やクリスマスといったイベントなら、カップルで特別なことをするほうが自然。多少は照れが生じるかもしれませんが、それぐらいは乗り越えられますよね? それが習慣になってくれば、次に何しよう……と、相手のことを考える時間も増えて、関係も良好になっていきます。

(2)ダブルデートをしてみる

倦怠期は、お互いに煮詰まっている状態。一緒にいても、嫌な部分しか目につかなくなっているかもしれません。そこで、二人の間に新しい風を吹かせてみましょう。有効な方法が、“ダブルデート”です。

ほかのカップルの関係を目にすれば、何かしらの刺激がもたらされるでしょう。また、自分たちの関係が当たり前の状態なのか、それとも改善しなければいけないのか、現在の状況を把握することができます。

(3)ちょっとしたことを褒める

付き合いが長くなってくれば、会話も減ってきます。ましてや、褒めるなんてことは滅多にしなくなり、もう褒める部分すら見当たらない……といった感じかもしれません。でもそこで、あえて褒められる部分を探すんです。

いつも見ている角度から、ちょっと反らして眺めてみると、今まで見えなかったものが見えてくることも。褒めるというのは、実はとても高度な技術。自分の成長にもつながり、新たな魅力を身に付ける行為でもあります。

(4)気持ちを手紙にしてみる

倦怠期とはいえ、“相手のどこが嫌で、どう思っているのか”というのは漠然としているはず。
そこで、手紙を書いてみてください。思っていることを文字にすることで、感情が明確になります。

目も当てられないような酷い内容になるかもしれませんが、それがあなたが考えていることです。自分の稚拙さに嫌気がさし、手紙を破いてしまうかもしれません。しかし、現状を把握することは大事。それが、関係を回復させるための第一歩になるはずです。

(5)あえて距離を置く

長く一緒にいると、どうしても距離が近付きすぎてしまいます。物理的な距離だけでなく、精神的な距離もです。あまり近付きすぎると、相手がボヤけて見えてしまう。良い部分も悪い部分も、捉え切れなくなります。

いったん距離を置いて、関係を見つめ直してください。もし、それができないというのなら、それはあなたが相手に依存している可能性があります。ここで本当に別れの場面が訪れたなら、狼狽えるのはあなたのほうでしょう。「会えない時間が愛を育む」という言葉もあるぐらいです。実際に、あえて会わないという行動をとることは、二人にとっての前向きな選択肢となるかもしれません。

倦怠期を乗り越えられず、別れてしまうカップルはたくさんいます。そのときは最良の選択をしたと思っても、あとで後悔する場合も多々あります。何をするにも、自分だけで決めないこと。相手に相談して、コミュニケーションを取りつつ、進めていきましょう。

Editor:Annu Ooki

他の記事もCheck!

▼長続きするカップルの共通点

▼彼氏の胃袋を掴む弁当って?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW