shutterstock.com
LIFE STYLE

知らぬ間にニオイを放つ…「水まわり」掃除の裏ワザ3選

2019/03/20

お掃除のなかでも苦手な人が多い「水まわり」のお掃除。
「どうやってお掃除したらいいのかわからない……」
「汚いからしたくない……」
と消臭剤や芳香剤でごまかしていませんか?
水まわりをキレイにすると臭いがなくなるだけではなく恋愛運、金運がアップすると言われています。
今回は、水まわりの臭いのとり方とお掃除の仕方を場所別にご紹介します。

(1)キッチン

玄関の近くにあるキッチンであれば「もわっとしたにおいがする……」と帰宅したときに感じたことはありませんか?
もしかしたら小さな食べかすや油汚れが排水口に蓄積しているかもしれません。

まずは蛇口を全開にして水を5分流しましょう。思い切り水を流すことで蓄積している汚れが流れてくれます。排水口カバーは塩素系漂白剤でキレイになりますが、塩素系漂白剤は臭いがキツいのがデメリットです。

臭いに弱い方は重曹+お酢でエコにお掃除しましょう。
コップ1杯の重曹を排水口に振りかけ、その半分の量のお酢をその上に振りかけます。反応してフツフツと炭酸ガスがでますが、汚れに反応している状態なので問題ありません。30分ほど放置したらお湯で流してください。この方法はお風呂の排水口にも使えます。手を汚さなくてもキッチンの臭い汚れ対策できますよ。

(2)トイレ

トイレに入ったときに臭うと嫌な気分になりますよね。
トイレこそ「お掃除しているはずなのに臭う……」と感じている方も多いのではないでしょうか?
実はトイレは本体、床、壁の3ヶ所から臭いが出やすいんです。壁から臭いがでるのもびっくりですよね。

トイレ掃除に便利なのがクエン酸スプレーです。
重曹同様100円ショップで手に入れることができます。
お水1/2カップに小さじ1杯のクエン酸をスプレーボトルに入れ混ぜれば完成です。アロマオイルを2~3滴入れるとオリジナルスプレーになりますよ。
作ったクエン酸スプレーで、本体、床、壁をトイレットペーパーで拭きましょう。
クエン酸スプレーは沢山作らずに2週間で使いきり、他の洗剤と合わせて使うことは避けてくださいね。

(3)お風呂場

1日の疲れをとろうと思ってお風呂場に入ったのに、「臭う……」と感じたら入る気にならないですよね。

お風呂場のお掃除は苦手とおっしゃる方が多い場所ですが、1ヶ月に1回お風呂に入った残り湯を使って簡単にお掃除と臭い対策ができちゃうんです。
お風呂に入ったらお湯を捨てずに重曹をカップ1杯を入れ、椅子や洗面器を一晩浸け置きしましょう。軽く擦るとピカピカになるだけでなく臭いを取り除くことができます。キレイなお風呂で疲れを癒してくださいね。

臭いを取り除くとお部屋の空気が綺麗になるだけではなく、運気もよくなります。
本格的に寒くなる前に臭い対策をして、居心地のいいお家空間で過ごしてくださいね。

Editor:Satomi Sawai

他の記事もCheck!

▼11月のうちに済ませるとラク!フライング大掃除

▼プロがおすすめ! 1日2分「拭き掃除」

▼「ニット」をキレイに着るお手入れ術

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW