shutterstock.com
LIFE STYLE

大掃除の前に「フライング掃除」するとラクになる場所3つ

2018/10/20

今年も早いもので残り2ヶ月。
年末になるとクリスマスや忘年会とイベントが沢山ありますよね。
また年末にやらなければいけないと「大掃除」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
実は大掃除は年末ではなく「今」やったほうがいい場所があるんです。
年末は寒いだけではなく、イベントなど疲れが溜まりがちです。
そんな時に大掃除をしてしまうと体調を崩し「寝正月になってしまった…」という方がとても多いんです。
そうならないためにも今のうちにフライング大掃除で気持ちいい2019年を迎えましょう。

(1)窓掃除

大掃除のご依頼で人気なのが窓掃除。
その窓掃除こそ今絶対にやったほうがいい No.1箇所です!
年末になると関東では、平均気温10度前後ととても寒くなるだけではなく、水作業で体を冷やしてしまいますよね。
その点、11月は15度前後と日中だとぽかぽか感じる日があるので11月中がオススメです。

外側の窓掃除で準備するものは「新聞紙」だけです。
新聞紙をくしゃくしゃと丸めてボール状にしたものを軽く湿らせます。その新聞紙で汚れている箇所を擦ったら乾いた新聞紙で拭くだけです。新聞紙のインクの力で汚れをとることができますよ。

室内側の窓は「雑巾2枚」を用意しましょう。1枚を水につけきつく絞り、もう1枚は乾いたままで手にそれぞれ持ちます。濡れた雑巾で拭いたらすぐに乾いた雑巾でふく。ワイパーのように交互に拭くことで水残りがなく綺麗に仕上げることができますよ。

(2)キッチン

寒くなってくると水が冷たいだけではなく油汚れも落としにくくなってきます。
お料理をしたらガス台周りを拭くことはあっても、壁や換気扇周りをわざわざお掃除する事ってないですよね。
気がつかない内に料理の脂が跳ねて汚れている箇所なので11月中に大掃除をしてキレイにしましょう。

まずは換気扇フィルターを外します。機種により外せない可能性もあるのでご注意ください。
どのお家にもある「食器用洗剤」と「歯ブラシ」でこするだけでお掃除できます。ポロポロと油汚れがとれてくるので2~3回繰り返しこすったらお湯で流して乾かしましょう。
壁についた油汚れも同じく食器用洗剤を使い古したタオルにつけてこするとキレイになります。仕上げにお湯で絞ったタオルで拭き上げれば完璧です!

暖かい時期にやることで油汚れは簡単に落とすことができちゃいますよ。

(3)カーテン

「買ってからカーテンを1度も洗ったことがない…」という方も多いのではないでしょうか?
外気から守ってくれるカーテンは半年に一回は洗った方がいいんです。

特に冬は夕方になると「外がもう暗いなぁ…」と感じるように、寒くなればなるほど日照時間が短くなりますよね。
気温が下がれば特にお洗濯ものが乾かなくなるので今の時期がピッタリですよ。

最近のカーテンは洗濯機で洗えるものも増えています。
普通の洗濯洗剤を使いオシャレ着コースで洗うだけでキレイになります。長年洗っていない場合は30分ほど薄めた洗濯洗剤に浸け置きしてから洗うとさらにキレイになりますよ。
カーテンをキレイにしてお部屋の空気もキレイにしましょう。

11月にフライング大掃除をすることで汚れが落ちやすいだけではなく、年末の忙しく時期を余裕をもって過ごすことができます。
早めに大掃除を済ませて新年を気持ちよく迎えてくださいね。

Editor:Satomi Sawai

他の記事もCheck!

▼掃除で運気を上げる!

▼1日5分で人を呼べる部屋に!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW