ライダースのコーデ写真

メンズアイテムのライダースを女性が取り入れる3つのコツ

メンズアイテムの印象が強いライダースジャケットを女性が取り入れるなら、以下3つを意識してみて。おしゃれコーデスナップを参考にしながら順番に解説します。

  1. デニム・パンツで【大人カジュアル】にみせる
  2. スカート&ワンピで【大人可愛く】Aシルエットもやりやすい
  3. 色・異素材・柄で【辛さを中和】する

(1)デニム・パンツで【大人カジュアル】にみせる

レザー素材のライダースはツヤっぽい印象を放つため、安っぽくみえずに上品な大人カジュアルを実現できます。

メンズアイテムのライダースにさらにボーイッシュな「デニム」を重ねるのが気になる人は、写真のコーデのように靴やバッグなどレディ小物を足してバランス調整してみましょう。

(2)スカート&ワンピで【上品レディ】に!Aシルエットもやりやすい

おそらく最も多いのが「ライダース×スカート」の組み合わせ。メンズアイテムのライダースにレディースアイテムのスカートを合わせるからこそ、上下できれいなバランスが整います。

また、フレアスカートなどを選ぶことで、簡単におしゃれ見えするテク「A・I・Y」シルエットの「Aラインシルエット」がきまりやすくなります。

(3)色・異素材・柄で【辛さを中和】する

メンズアイテムのライダースにレディースアイテムのスカートを合わせたのがルール2。ルール3は色や素材感に対照的なアイテムを合わせることで、ライダースの辛さを和らげます。

たとえばコーデ写真では「くすみピンク」の色や「ニット」の異素材を上手に組み合わせています。

【ルール1:コーデ例】デニム&パンツ合わせで上品カジュアル

メンズアイテムの印象が強いライダースジャケット。さらにメンズライクなデニムやパンツを合わせて、大人カジュアルを楽しむのがルール1です。

ツヤっぽい素材が特徴のライダースだからこそ、安っぽくみえない上品な大人カジュアルを楽しめます。女っぽさは、靴や小物で微調整して。

ライダース肩掛け×スキニーデニムで「Y」ラインシルエット!パンプスでレディ感を

コンパクトな黒ライダースとスキニーデニムは相性抜群の定番コーデ。キラッと光るシルバーパンプスがコーデのアクセントに。短め丈のスキニーなら、コーデに程よい抜け感をプラスしてくれます。

黒ライダース×ロックT×ストレートデニム×レディ小物

こちらは、ボーイッシュなストレートデニムとロックTにライダースを羽緒ってカジュアルな装いに。レディなチェーンバッグや赤パンプスで女っぽさを足して大人カジュアルに仕上げて。

黒ライダース×ダメージデニム×パンプス

ライダース×ダメージデニムの辛口コーデは、足元のパンプスで女っぽさを足してバランスアップ。パンツと靴の色を揃えることで脚長効果&スッキリ見えも。

黒ライダース×ウォッシュワイドデニム×スニーカー

ライダース×ウォッシュワイドデニムパンツは、スニーカーでハードさを軽減することで親近感のあるコーデに。帽子を使って目線を上げれば、ヒールが無くてもスタイルアップ!

黒ライダース×ノンウォッシュワイドデニム×差し色の赤バッグ

デニムでも、ノンウォッシュなら上品な印象。ワイドパンツを黒ライダースが大人っぽく格上げしてくれます。ハイウエスト&スーパーロングで脚長効果を狙って。ダークカラーに映える赤バッグ&ボーダーでフレンチスタイルに。

黒ライダース×クロップドワイドパンツ×キャスケット

ライダース×クロップド丈ワイドパンツは、キャスケットをプラスしてスタイルアップ。アウター肩がけで着こなしをこなれさせて。

黒ライダース×白ワイドパンツ×パープルパンプス

白ワイドパンツなら、ハードなライダースコーデをクリーンに演出してくれる。モノトーンの中にトレンドのパープルパンプスを取り入れて、今っぽくブラッシュアップ。

黒ライダース×クロップドワイドパンツ×ニット帽

ニット帽を使えば、グッとカジュアルさが増したコーデが完成。ブラックアイテムでまとめることで、子供っぽくなりがちなニット帽を大人カジュアルに昇華。

黒ライダース×テーパードパンツ×イエローパンプス

ライダースをキレイ目に着こなすなら、テーパードパンツがお役立ち。ブラック×カーキのカラーレスコーデに差し色で足元のイエローパンプスを効かせて、シンプルだけど地味じゃない絶妙バランスを作ってくれます。

【ルール2:コーデ例】スカート&ワンピで大人可愛く!Aシルエットがきまりやすい

ルール1とは逆に、メンズアイテムのライダースジャケットにレディースアイテムの「スカート・ワンピース」を合わせて、コーデ全体で中和させるのが、ルール2! 対照的なアイテムを混ぜるからこそコーデのバランスがおしゃれに! ワンピースは丈感も意識して。

黒ライダース×ボルドー色フレアスカート

コンパクトなライダースは、ボリューミーなフレアスカートを旬バランスに格上げしてくれる。スカート以外を辛口にまとめることで大人可愛いを実現。ボルドー色が秋っぽい。

黒ライダース×シフォンプリーツスカート

ふんわりと揺れるキャメルのシフォンプリーツスカートとライダースレザーとのコントラストがコーデにメリハリをプラス。ハードさと上品さを兼ね備えた欲張りコーデに仕上がります。

黒ライダース×淡いカラーのスカートで明るく

こちらは、異素材切り替えのドラマティックなスカートと黒ライダースのコーデ。インナーを黒で合わせれば、スカートをより惹き立ててくれます。ライダースの存在感をあえて消して、ハードなエッセンスを感じさせて。

黒ライダース×グレンチェックタイトスカート

辛口ライダースに、マニッシュなグレンチェックのスカート……そんな男前なコーデのときは、ヒールパンプス&華奢バッグでレディさを追加。すっきりシルエットで洗練された印象に。

黒ライダース×ツイードタイトスカート

甘くなりがちなツイード素材のスカートも、ライダース合わせならモードに。タイトシルエットを選ぶことで、より大人っぽくレディな印象に。カラーブーツで遊び心も忘れずにプラスしたい。

黒ライダース×紫シャギースカート

パンクファッションでひろく取り入れられるライダースは、クセありスカートとも相性◎ 控えめシルエットをセレクトすることで、難しいと思われがちな素材感も難なくクリア。

黒ライダース×ミニワンピース

ボックスシルエットのミニ丈、ギンガムチェックと可愛い要素が詰まったワンピースも、ライダースを羽織るだけで大人っぽくチェンジ。モードな小物合わせで、媚びない大人可愛いスタイルを目指して。

黒ライダース×マキシ丈ワンピース

たっぷりギャザーの入ったフェミニンなマキシ丈ワンピースも、ハードなライダースを羽織れば瞬時にモード。ライダースを脱いだら印象がガラッと変わるので、そのギャップで魅了を誘って。

黒ライダース×シャツワンピース

こちらは、ライダースにレースアップブーツとハードなアイテムの中に、知的なシャツワンピースを投入。相反するテイストのアンバランスさがたまらない、大人バランスを演出してくれます。

スカート合わせをもっと深掘る!

【ルール3:コーデ例】色・柄・素材感で辛さを中和する

辛口なライダースを、ちょっとした工夫でデイリーに使いやすくするテクニックが、ルール3! 色や柄、素材感で地味っぽさを払拭できます。

くすみピンク色で甘さをプラス

ライダースにくすみピンク色(ダスティピンク)スカートをプラスすることで甘さ調整が可能。全体のシルエットは辛めを意識すれば大人っぽくコーデが決まります。

スカートでくすみピンク色(ダスティピンク)を取り入れるなら、タイトですっきりシルエットに仕上げて。マットな素材感なら甘くなり過ぎず好バランス。

くすみピンクは超おすすめ!

黒ライダース×カーキ色フリルスカートで甘辛MIX

ハードなライダースだからこそ、フリルスカートもバランス良く甘辛MIXに着こなせます。ブラック×カーキなど、全体の色味を辛口にまとめるとより大人っぽく。

パンツをライトグレーにした洗練コーデ

淡いグレーとライダースでモノトーンのグラデーションを作れば、洗練された印象に。子供っぽくなりそうなファーベレー帽も大人っぽくクリア。グレー色のワイドパンツの足元はスニーカーを合わせて抜け感を。

黒ライダースのインナーを「ベージュ」にし、柔らかくソフトな印象に

黒ライダースを主にしたコーデは、ベージュを加えると程よいナチュラル感が生まれてハードさを和らげてくれます。カジュアルな着こなしも、ベージュの暖色感で女っぽく大人な印象に。

ツヤっぽいレザーライダースに柔らかニットを合わせて、ソフトな印象に仕上げるのもオススメ。質感をミックスすることでコーデに奥行きが生まれます。

「赤」インナーを選ぶと、上品に

親しみのあるタータンチェックストールで柄を足せば、ハードなライダースがより身近に。目を惹く赤ニットの派手カラーをインナーに合わせても、チェックストールがコーデをまとめてくれます。

重厚感のあるライダースに赤のVネックニットを合わせれば、さりげないデコルテ見せで抜け感を作り、上品に。コーデをキレイ目にしたい日にピッタリです。

甘めブラウスをインして大人可愛いガーリースタイル

普段なら甘すぎて敬遠しがちなロマンティックブラウスも、黒ライダースと合わせたら大人顔。甘いアイテムを一点に絞ればコーデも簡単です。

スモーキーピンクにドットが並んだガーリートップスも、ライダースでハードさをプラスしてモードスタイルに。レッドリップや辛めシャドウでメイクも辛口に仕上げてバランスをとって。

ライダース×ボーダートップスで親近感を

普段使いしやすいボーダートップス合わせなら、辛口ライダースコーデも親近感のある着こなしに。お洋服がベーシックなときは、デザインバッグでアクセントを取り入れてみて。

ロゴTでカジュアルダウン

ハードなライダースにロゴTを合わせると、カジュアルさが増して着こなしやすい。カラーロゴや大きめプリントでアクティブなスタイルに。あえてベージュスカートで女っぽさをプラスして今どきに仕上げて。

黒ライダースにパーカーをインしてスポーツMIX

こちらは、ライダース×グレンチェックのワイドパンツでマニッシュさが強め。スポーティなパーカーと靴をスニーカーにすることで、トレンドのスポーツMIXスタイルが完成。ひとつのテイストでまとめるよりもオシャレ度が格段にアップ!

黒ライダース×オールホワイト統一でクリーンに

オールホワイトコーデに黒ライダースをプラスすれば、クリーンに辛さを中和。ざっくりニットやファー素材でモノトーンでも暖かみのある着こなしに。

【春】のコーデ例

シースルー素材をMIXして軽やかに

春夏にライダースを着こなすときは、コーデに軽さをプラスしたい。シースルー素材をMIXすれば、瞬時に軽やかさをON。ダークトーンでも春夏っぽい着こなしが楽しめます。

ショートパンツでライダースコーデに抜け感を

ショートパンツの肌の露出が、ライダースの重さを軽減し抜け感のある着こなしに。露出多めのときは、あえて辛さをキープすることを意識すればいやらしくなりません。

カーディガン感覚で肩がけしてみる

春の不安定な気温のときは、カーディガン感覚でライダースを肩がけしてみて。オシャレなこなれ感が生まれて、マンネリしがちな季節の変わり目コーデをブラッシュアップ! 黒ライダースと紫のスカートのコントラストが美しいコーデ。

ライダース×サンドベージュワイドパンツで春夏仕様

明るい印象を作ってくれるサンドベージュカラーのパンツを取り入れれば、ライダースが春夏仕様にチェンジ。ワイドパンツと合わせるなら、足元の白スニーカーでさらに抜け感を↑

【秋冬】のコーデ例

ハイネックニット×ブーツであったかコーデ

コンパクトなライダースも、ハイネックニット×ブーツであったかコーデが作れます。インナーにトレンドのパープルを挿せば、シンプルコーデも旬顔に。

ケーブルニットスカートで季節感を演出

こちらは、暖かみを感じさせるブラウンのケーブルニットスカートとライダースのコーデ。タイトシルエットなら、ほっこりしすぎず大人カジュアルに仕上がります。

オールブラックでまとめてモードに

黒ライダースのコーデは、インナーからボトムまでオールブラックでまとめてモードに着こなすのも秋冬ならでは。凹凸のあるリブニットで表面感を出せば一色コーデにもメリハリが作れます。オールブラックコーデの差し色はバッグで赤をプラスしてさらに完成度をアップ!

オールブラックコーデは、セレブを見本にするのが一番はやいです

ライダースの上にロングアウターをON

ショート丈の黒ライダースは、真冬だと腰周りが寒く感じることも……。そんなときはロングアウターをONすれば解決できます。ホワイトカーデなら、コーデをグッと明るくピュアな印象に。

ダークカラーのニットカーデなら黒ライダースと色なじみが良く、初心者さんでもチャレンジしやすい。ローゲージニットでライダースとのコントラストを楽しんで。

さらにまわりと差をつけるなら、ウールコートONに挑戦してみて。モノトーンでまとめれば、柄コートでもまとまりのあるコーデが叶います。

ライダース+ストールでコーデのバランスを

コンパクトなライダースだからこそ、ボリューミーなストールは相性抜群。重心も上がりスタイルアップが叶います。ホワイトストールなら、コーデに洗練さをプラス。ブライトカラーのスカートもすんなりなじみます。

グレーストールは、少しカジュアルなイメージに。黒ライダースとのモノトーングラデでなじみがよく、どんなボトムでも合わせやすいのも魅力。ラフに巻いてこなれた大人カジュアルを目指してみて。

ベージュストールは、黒ライダースにレディさを追加したいときに便利。ハードなライダースに柔らかい女性らしさを演出してくれます。

【おまけ】ライダースに合う髪型

▼やり方を解説【1分動画】

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW