バーガンディのコーデは相性の良い「6つのカラー」でキマる!
FASHION

バーガンディのコーデは相性の良い「6つのカラー」でキマる!

2019/10/21

バーガンディというと秋冬のカラーで、春夏は暑苦しいかな!? と思っていませんか。実は素材やアイテムの選び方ひとつで、オールシーズン着こなせて、印象美人になれる大人にぴったりなカラー。相性の良い色はもちろん、相性の悪い色まで完全レクチャーします。

「バーガンディ」と「ワインレッド」色の違いとは

「バーガンディ」と「ワインレッド」色の違いイラスト

「バーガンディ」というと「ワインレッドみたいな色」を思い浮かべる人もると思いますが、微妙に異なります。ワインレッドは「赤みの強い紫」のイメージ。これに対し、バーガンディはブルゴーニュワインの「褐色がかった深い赤」のイメージです。
※「バーガンディ(burgundy)」は、フランス語の「ブルゴーニュ(Bourgogne)」の英語名。

バーガンディと相性の悪い「カラー」

黄色、オレンジ、ピンク、赤は同じ暖色系だけれど中途半端でまとまらない。黄緑も合いません。

【1】『黒』と合わせれば大人っぽく

バーガンディ自体が深みのある色なので、それだけでシックで大人っぽい印象に。黒と合わせることでさらなる相乗効果を発揮。

バーガンディブラウス×黒ワイドパンツ

バーガンディブラウス×黒ワイドパンツのコーデ画像

クチュール感のあるバーガンディフレアスリーブブラウスに黒のハイウエストワイドパンツ合わせで脚長効果を狙える。ポインテッドトゥパンプスで女らしさもアピールしたら、ファーのかごバッグで抜け感を。

バーガンディボトルネックニット×黒スキニー

バーガンディボトルネックニット×黒スキニーのコーデ画像

ゆったりシルエットのバーガンディボトルネックニットに、黒スキニーを合わせたカジュアルスタイル。そこへポインテッドトゥパンプスとレオパード柄ショルダーバッグを選んで、大人のシンプルスタイリングへシフト。

ライダースジャケット×Tシャツ×バーガンディスカート

ライダースジャケット×Tシャツ×バーガンディスカートのコーデ画像

白のロゴTシャツ×レザージャケットにスニーカーをONしたストリートスタイル。マキシのバーガンディスカートを合わせてギャップのある装いへと変化。黒のフリンジ巾着バッグでパンチを利かせて。

【2】『白』と合わせれば爽やかに

コントラストが強いのでクリーンな印象に。白の面積を増やせば春夏でも着こなせる相性抜群のカラーコーデ。

バーガンディニット×ホワイトデニム

バーガンディニット×ホワイトデニムのコーデ画像

シアーなバーガンディニットにホワイトデニムでヘルシーな装いに。カジュアルになり過ぎないコツは、バッグとサンダルを黒でまとめること。髪はアップにし、爽やかな女らしさも添えて。

キーネックカットソー×バーガンディロングタイトスカート

キーネックカットソー×バーガンディロングタイトスカートのコーデ画像
次ページ> 【3】『グレー』と合わせればスタイリッシュに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW