shutterstock.com
LIFE STYLE

思い出したくない…!過去最悪の「クリスマスデート」3つ

2019/03/20

1年の中でカップルたちが最も盛り上がる夜、クリスマス。あなたも大切な人と聖なる夜を過ごした経験があるのではないでしょうか。
でも、なかにはクリスマスが「人生で最悪の日」になってしまった女性がいるのも事実!
そこで今回は、20~30代の女性に二度と思い出したくない最悪のクリスマスデートを大暴露してもらいました。

(1)彼が高級ホテル&レストランを予約してくれたけど…

「5つ上の彼はちょっぴり頼りない弟キャラ。年上だってことを忘れてしまうくらい天然で癒し系。でも、クリスマスのときは頑張って特別なデートを企画してくれて、“今日は俺が払うからね”と張り切っていた。でも、やっぱり最後に最悪のオチが待っていて……。チェックアウトのとき会計金額を聞いた瞬間、青ざめた顔で“ごめん。こんなに高いと思わなかった。ちょっと出してくれない?”とお願いされて、手持ちのお金をすべて手渡した。そんなの予約するときに分かっていたことじゃないの?」(29歳/IT)

デートのときにうっかりお財布を忘れてきたならまだしも、お金が足りずに「ちょっと出してくれる?」とお願いされるなんてありえない! この女性も財布の中身がすっからかんになったのを見て、高級ホテルで過ごした素敵な思い出がすべて消え去ってしまったといいます。ちなみにその不足分のお金は、1円も戻ってこなかったそうですよ。

(2)せっかくの海外旅行だったのに…

「クリスマス前後の連休を使って、2泊3日のグアム旅行へ。肉料理が多くて日本食が恋しくなるだろうから……と、フライト前日に生モノを食べてから出発したら、それに当たってしまったらしく、到着直後から気持ち悪くて二人ともダウン。脱水症状が酷くて現地の病院で点滴を受けていたら、あっという間に帰りのフライトの時間になってしまった。せっかくの海外旅行だったのに!!」(31歳/販売)

旅行前に食べたものが当たったり、仕事に追われて体調管理を怠っていたら旅先で倒れてしまったり。せっかくの旅行が台無しになってしまった……と後悔するカップルは少なくありません。クリスマスに限らず、特別なデートの前は決して無理をせず、しっかり体調を整えておきましょう。

(3)せっかくおしゃれしていったのに…

「二人でイルミネーションを観に行くつもりで待ち合わせした駅のホーム。なんだか人の視線を感じるな、と思ったらミニスカートの裾がリュックに挟まって、お尻が丸出しになっていた! 恥ずかしすぎて顔から火が出そうだったけど、彼氏は大笑い。二人にとって忘れられないクリスマスの思い出になった」(28歳/メーカー)

クリスマスにぴったりのオシャレをしていったにも関わらず、まさかお尻が丸出しの状態で歩いていたなんて……! 思わず逃げ出したくなるほど恥ずかしいですよね。でも、今回のアンケートでは「ストッキングが伝線していた」「スカートに穴が開いていた」など、逃げ場のない悲劇がたくさん! 彼氏が笑ってくれただけ救いかもしれませんね。

特別な日だからこそ、ダメージが大きいうっかりミス。あなたは今まで過ごしたクリスマスの中で「もう二度と思い出したくないほど最悪の思い出はありますか?

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼彼にクリスマスにプロポーズしてほしいなら!

▼なんで男って気がないのに優しくするの?

▼クリスマス、誕生日。イベント嫌いの彼と上手に付き合うには?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE