shutterstock.com
LIFE STYLE

男が思わず「今夜は帰したくない!」と感じた瞬間5つ

2018/10/21

男性は女性と一緒に過ごしているときに、「今夜は帰したくない!」と思うことがあるものです。思わず心をつかまれるような言動を取られると、そういった気持ちもより強く働くことでしょう。
そこで今回は、男が思わず「今夜は帰したくない!」と感じる瞬間を紹介します。

(1)楽しくて「話が尽きない」とき

「会話がすごく盛り上がって、話していて楽しくて仕方がないような感じになると、帰したくないという気持ちに自然となる」(27歳/男性/システムエンジニア)

楽しくて話が尽きないような状態のときは、すごく気持ちが高揚していたりもするでしょうから、「この子ともっと一緒にいたい」と男性も素直に思うもの。会話が弾んだりウマが合う女性とは、相性の良さや運命的なものを感じたりもしやすいので、他の女性とは違う存在として意識してくれるようにもなるはずですよ。

(2)「帰ろうとする姿勢」が見られないとき

「帰ろうとしたり、食事を終わらせようとしたりする気配がいつまで経っても見られないと、“今夜はOKってことかな”なんて思っちゃうかも」(29歳/男性/メーカー)

なんとなくデートや食事も終盤に差しかかっているのに、帰ろうとする姿勢が女性に全く見られないと、男性もちょっとソワソワし始めるはず。「このまま朝まで一緒にいられるのかな」なんて思いが湧き起こってきたりもするかもしれません。なので、帰りたくなさそうな雰囲気をかもし出してあげると、気になる男性をドキドキさせることができますよ。

(3)「ほろ酔い状態」になっているとき

「軽くお酒に酔っている女の子って可愛く見えるので、こっちも思わずスイッチが入っちゃったりしやすいですよね」(31歳/男性/アパレル)

ほんのりと頬を赤らめてほろ酔い状態になっている女性の姿は、男性の目にはとても可愛らしく映りますし、ちょっと色っぽくも見えるもの。そんなときはお酒の勢いも手伝って、「今夜は帰さない」なんて思いになったりもしやすいです。泥酔や悪酔いをしたら確実に引かれますが、ほろ酔いで軽く甘えてみたりしたら、気になる男性の心を揺さぶれたりもするでしょう。

(4)「何とかしてあげたい」と思ったとき

「放っておけないと感じてしまう女性に対しては、一緒にいてあげたいという気持ちが芽生えることもありますね」(28歳/男性/飲食)

「何とかしてあげたい」とか「俺が助けてあげなきゃ」などと感じると、男性は「今夜は一緒にいてあげたい」という気持ちになったりもします。なので、たまにはちょっと弱い部分や寂しそうな姿を見せたりすると、男心をつかめるはず。自分のことを頼ってきてくれる女性に対しては、「守ってあげたい」なんて思いにもなるものですよ。

(5)「帰りたくない」と言われたとき

「“まだ帰りたくない”って女の子に言われたときには、もうめちゃくちゃドキドキしたし、“帰したくない”って本気で思いましたね」(30歳/男性/販売)

「帰りたくない」とか「もっと一緒にいたい」という気持ちがあるのなら、ときにはそれを素直に伝えることも大切。男性は鈍感な人が多いので、ちゃんと言葉にしないとなかなか気づいてくれないし、逆に言葉にすることでかなり大きく響いたりもするもの。「まだ帰りたくない」とか「もう少し一緒にいたい」なんてちょっと照れながら女性に言われたら、男性のドキドキ度は確実に頂点に達するはずですよ。

好きな男性との距離をもう一歩縮めたいのであれば、ときには「帰したくない」と思わせることも大事です。そういう気持ちになってくれたのであれば、あなたへの思いがさらに大きくなっている証拠でもありますよ。

Editor:Syuhei Yamada

他の記事もCheck!

▼大事なのは顔ではなく「可愛げ」

▼こんなワガママならかわいい!

▼彼が結婚を真剣に考えるひと言

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW