FASHION

大人だってたまにはピンク❤︎ 失敗しないおすすめアウター3選

2018/09/27

いつだって女ゴコロをときめかせてくれる、ピンク。難易度が高いイメージがあるけれど、一点投入で華やかに、そして、今どきな印象にしてくれるカラーアイテムを着ないなんてもったいない! 今回は、初心者でもトライできる、ピンクのアウターをフィーチャー。取り入れ方のポイントもあわせてチェックして。

「ZARA」のエコファーコート

〈POINT〉
1、合わせるボトムスを選ばないショート丈
2、着膨れして見えないボクシーなシルエット
3、カジュアルに取り入れられる短毛のエコファー

1万円台とは思えないZARAのコート。エコファーの光沢が自然なニュアンスを生むので、ピンクの印象を主張しすぎずに着られるのが嬉しい。さらに毛足が短いのでリュクスになりすぎず、カジュアルなスタイリングにもマッチ。
ピンクの甘さに浸って、イノセントなレースブラウスを合わせ、ロマンティックにまとめるのもアリ。デニムパンツのカジュアル要素を武器に、“大人のピンク”にトライしてみませんか?

エコファーコート¥11,990/ザラ(ザラ・ジャパン) ブラウス¥27,000/フィーニー パンツ¥28,000/ラウタシー(ブランドニュース) シューズ¥105,000/クレジュリー(ヒラオインク)

「レイチェルコーミー」のコート

〈POINT〉
1、甘さを抑えるヘリンボーン生地
2、トラッドな要素があるステンカラー
3、リラックス感のあるオーバーシルエット

上下ホワイトのコーディネートに一点投入したのは、羽織りのような感覚で取り入れることができる「レイチェルコーミー」のアウター。マニッシュなディテールで甘さを抑えてくれるから、スイートなピンクもどこかクールな印象に。
ドロップショルダーを生かしてルーズに着こなすのもいいけれど、ホワイトと繋ぐ役割として、黒い細ベルトを加えるのが重要なポイント。さりげない小物使いで、ピンクが浮かずに、よりコーディネートに馴染んでくれる。

コート¥70,000/レイチェルコーミー(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿)トップス¥18,000/CNLZ(アルファPR) ベルト¥2,300/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) プリーツスカート¥39,000/ARUSHI NAKASHIMA(Sian PR) ピアス¥33,000/アニカ イネス(シティショップ) ブーツ¥31,000/サペナ(ロンハーマン)

身長別もチェック!

「ZARA」のピンクコート

〈POINT〉
1、のっぺりしない、表情のあるウール素材
2、ボトムスを選ばないヒップが隠れる丈
3、合わせやすいシンプルなデザイン

夏も愛用していたワンピースをアップデートするなら、一点投入で印象をガラリと変えるピンクのアウターの力を借りたい。
着用したのは、ZARAのアストラカンウールのアウター。表面に玉状のふくらみがあるウール素材だから、ヴィヴィッドなフューシャピンクものっぺりせず初心者でもトライしやすいのが嬉しい。

コート¥122,000(参考価格)/ロゼアンナ(ディプトリクス) ワンピース¥24,800/ファインダー キーパーズ(ザ・ウォールショールーム) ブーツ¥8,500/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH 合同会社) ピアス¥55,000/オール ブルース(エドストローム オフィス)

SHOP LIST

アルファPR/tel.03-5413-3546
ザラ・ジャパン カスタマーサービス/tel.03-6415-8061
Sian PR/tel.03-6662-5525
シティショップ/tel.03-6696-2332
ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿/tel.03-5909-4675
ロンハーマン/tel.03-3402-6839
ヒラオインク/tel.03-5771-8809
フィーニー/tel.03-6407-8503
ブランドニュース/tel.03-3797-3673

Videographer/Photographer:Ryohei Kawaguchi Videoediter:Yuta Takahashi Hair & Make-up:Tomoko Takano Stylist:Michie Suzuki Model:Eri Tachibana Edit:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW