shutterstock.com
LIFE STYLE

月に一回はレス…?みんなの「夜事情」を聞いてみた!

2018/10/19

大好きな人とのセックスは、気持ちいいし幸せな気分になります。しかし、付き合い始めたころはそうでも、年数を重ねるごとに新鮮さは薄れていきます。頻度は下がり、なかにセックスレス状態となってしまうことも……。その手の話は、なかなか人には聞きづらいところもあります。
では、一般のカップルはどのくらいの頻度でしているものなのでしょうか?

交際期間によって変わる?みんなの夜事情

交際期間1年未満の場合

セックスの頻度は、やはり付き合った年数も大きく影響します。まずは交際期間1年未満のカップル数組に聞いてみました。

「うちは会えばするといった感じ。週に1回は会ってるから、セックスも週に1~2回ぐらいですね」(メーカー/28歳)

「彼とは同棲していて、ベッドも一緒なので、時間が合えばします。最低でも週に2~3回ぐらいはするんじゃないかなぁ」(マスコミ/31歳)

同棲しているという方のなかには、「毎日する」と答える人もいました。交際期間1年未満のカップルだと、平均するとだいたい週に2回ぐらいとなるでしょうか。

交際期間3年以上の場合

「付き合ってもう5年近くになります。会う回数も、月に2~3回ぐらいなので、セックスはしても月に1回ぐらいでしょうか。まったくしない月もありますね」(通信/32歳)

「彼が私よりも10歳上なんです。なので、自然と回数も減りますよね。仕事も忙しいみたいで、お疲れ気味のときも多く、まあ月に1回すればいいほうかな……」(飲食/29歳)

こちらは交際期間3年以上になるカップルのご意見でした。「月に1回ぐらい」と答える方が多かったように思います。「まったくしない」という意見もあるので、月に1回あるだけいいほうなのかもしれません。

セックスレスの定義とは?

セックスレスとは、日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないにもかかわらず、1ヶ月以上性交渉がないカップル」とされています。

では、どのくらいの頻度でおこなわれているのかというと、DUREX社が2005年におこなったセックスに関する国際比較調査によれば、年間で平均45回。月になおすと、3~4回ほどになります。

こう見ると少なくは感じませんが、世界と比較するとその差は歴然。トップはギリシャで、年間で平均138回、月にすると11~12回ほどになります。前項のカップルのセックス頻度から考えると、日本人カップルの交際期間1年未満のラブラブな関係が、いつまでも続いているといった状態と言えるでしょうか。
日本人のセックス頻度は、世界的に見ても圧倒的に低い。データとしては少し古いものになりますが、現在もさほど変化はないよう。少し寂しい気がしますよね?

しかし、こういった状況をもたらした要因は、関係の希薄さだけではなく、住居の問題なども関わってきます。頻度が下がらざるを得ない状況下にある方もいます。そこで、頻度別にメリットやデメリットなども見てみましょう。

多い?少ない?それぞれの夜事情

「週1~2回」パターン

「私は実家住まいなので、彼の家によく遊びに行きます。鍵ももらっているので、仕事帰りとか週に1~2回は行きますね。セックスも行くたびにします。このぐらいの頻度なら苦じゃないし、すごく満たされている感じがします。
ただ、ひとつ残念なのが……。彼の家、防音がイマイチ。うっすらと隣の部屋の人の声とかテレビの音とか聞こえるから、セックスのときは気を使わないといけない。たまにはホテルとかで思い切りしたい」(金融/27歳)

ほどよいペースでセックスができると、私生活にも張りが出ますよね。それだけでも十分なメリットと言えるでしょう。ただ、する場所によっては周りに気を使わなければいけない場合もあるようです。

「ほぼ毎日」パターン

「彼はまだ大学生。私よりも時間が自由になることもあって、しょっちゅう私の家に来ます。ほぼ毎日ですね。カラダも元気だし、セックスも1日に2~3回します。気持ちいいし、幸せは幸せなんですけどね……。
私は仕事をしているので、朝も早い。にもかかわらず、彼は時間に関係なく求めてくる。だから毎日寝不足。たまにその影響で仕事もミスをしちゃう。だから、時間は決めたいっていうのはありますね」(広告/29歳)

毎日のように求められたなら、愛を感じるし、心もカラダも満たされるでしょう。欲求不満とは無縁なはず。しかし、あまりに頻度が高いとカラダに負担がかかってしまう場合も。仕事に差し支えるようであれば、時間帯などは考えなければいけません。

「月1回以下」パターン

「彼とは一緒に住んでいるんですけど、普段あまりお互いに干渉し合いません。時間の使い方は自由にしています。友だちと飲みに行って遅く帰っても、特に何も言われません。寝る時間もまちまちなので、セックスも少ないですね。月に1回するかしないかです。
彼と一緒にばかりすごしていると、イライラも募ります。だからそうやって自由にできるのは、いいですね。でも、あんまりセックスしない期間が続いてしまうと、お互いに手を出しにくくなるというのだけ、気になる点ではあります」(人材/30歳)

セックスをするのにも、それなりに時間は要します。頻度が高くなれば、一緒にいる時間も必然的に増える。すると確かに、ストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。頻度を減らすことで、関係が良好に保たれることもあるよう。

確かに、セックスしない期間が長くなると、しないことが当たり前になってきてしまいます。すると、いい雰囲気にもなりづらいし、いざというとき気恥ずかしく感じてしまう場合も。その辺りの問題は、これから関係を維持していくうえで解消しておきたいですね。

セックスしているからといって、関係は良好であるとは限りません。頻度が高いなら高いなりに、低いなら低いなりに、メリットやデメリットがあります。そこで生まれる不満や問題もある。
大事なのはそれを放っておかないことです。小さな火種が、やがて大きな悲劇をもたらす可能性もあります。とにかく、コミュニケーションをとって、生まれた問題はその都度解消。それがより質の高い快感をもたらし、関係維持にも繋がるはずです。

※Durex 社調査:世界各国のセックスの頻度と性生活満足度
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/13-5.pdf#search='DUREX%E7%A4%BE+%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E9%A0%BB%E5%BA%A6%E8%AA%BF%E6%9F%BB'

Editor:Annu Ooki

他の記事もCheck!

▼どうやってベッドへ誘う?

▼マンネリ解消テクニック

▼ラブタイムの時間に不満…

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW