shutterstock.com
LIFE STYLE

毛玉・ニオイ…ケアが難しい「ニット」のお手入れ術

2018/10/21

肌寒い季節のマストアイテムといえばニット。買ったときはふわふわで着心地が良かったのにいつの間にか毛玉が。自宅でのケアが上手にできなくて縮んでしまい「来年は着れない……」なんてなることはありませんでしたか?
カシミアセーターがワンシーズンで着れなくなったらショックですよね……。
そうならない為にも本格的に冬になる前に、自宅でできるニットのメンテナンス法についてご紹介させて頂きます。

お家で洗うときの順序とポイント

お洗濯する前に必ずお洋服のタグに書かれている“洗濯表示”を確認しましょう。可能確認せずに洗ってしまうと、縮みや毛玉の原因になります。

桶のマークであれば「洗濯機可」の衣類、桶に手を入れているマークであれば「手洗い可」の衣類になります。また自宅で洗うときの大事なポイントが洗濯ネットです! ニットを2つ折りに畳んだ時にピッタリサイズのネットを選ぶようにしましょう。

大きいと擦れてしまったり、まとめて洗うとニット同時で擦れてしまい毛玉の原因となってしまいます。洗濯ネットは1枚でピッタリのサイスが正解です。

手洗いするときに準備するもの

・洗濯ネット
・おしゃれ着用洗剤
・手荒れ防止のゴム手袋
・平干しできる物干しグッズ

手洗いするときの順序

(1)ニットを裏返して畳みネットに平らになるようにいれます。

(2)洗面台に30℃ぐらいのぬるま湯を張りおしゃれ着用洗剤をいれ手よく混ぜます。

(3)2に1をいれ、上から20回ほど優しく押したら5〜10分浸け置きします。

(4)手で押すように2回ゆすぎ洗いしましょう。

(5)洗濯機の1番短い脱水コースを使い脱水します。

(6)手で形を整え平らになるように干します。ハンガーで干してしまうと伸びてしまうので平干しできる物干しグッツを使うと型崩れしせんよ。洗濯機で洗えるニットの場合も上記同様ネットに入れおしゃれ着用洗剤で洗います。手洗い、ソフト、ドライコースなど優しく洗ってくれるコースを選べば洗うことが出来ます。

ですが、スパンコールや特殊な素材がミックスされている場合はクリーニングにもっていきましょう。

お悩み別対処法3つ

Q1.毛玉のケア、どうするのが正解?

A.着用後は洋服ブラシをかけるのが正解です。また連続して着用しないこともオススメです。それでも出来てしまうのが毛玉。出来てしまった毛玉は手でむしったりせず、ニットを平らな所に置き毛玉取りブラシで優しくこすればキレイにとれますよ。

Q2.ニオイが気になるときは?

A.タバコや煙などニオイが気になるけど、毎回洗うのは痛みが気になる……。どんなときは、風通しがいい場所で日陰干しすると臭いが気にならなくなりますよ。お風呂に干すことができるならお風呂に入った後、干すのもオススメです。湿気をふくみ、蒸発するときに臭いも一緒に蒸気してくれます。

Q3.シミができてしまったら?

A.おしゃれ着用洗剤の原液を白いタオルにつけて優しく叩きましょう。その後ネットに入れ、手洗いか洗濯機で洗うと目立たなくなりますよ。落ちない場合は無理せずクリーニングも活用しましょう。

自宅だと自分の好きなタイミングでお洗濯できるし、持っていく手間がないので時短できますよね。自宅、クリーニングを使い分けてお気に入りのニットを長く楽しんでくださいね。

Editor:Satomi Sawai

他の記事もCheck!

▼「G」を寄せ付けない部屋づくり!

▼大掃除は10月から始めるとラク!

▼秋雨で洗濯物が乾かない…そんなときは?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW