BEAUTY

星座別・運気を掴むためのトレーニング法〜ヴィーナスマイの愛の女神通信〜

2018/09/28

人気の美人占いユニット、mailoveのヴィーナスマイさんの単独連載が読めるのはMINEだけ! 読むだけで女性の生まれ持った美しさと本来の魅力が輝き出す、スピリチュアルコラムを隔週でお届け。
新月満月占いの連載を行っているのでどちらもチェックしてみて。

自分の運気にふさわしい肉体を手に入れる

「結果にコミット!」とは某○ザップの言葉だけれど、ダイエットじゃなく人生においても「結果にコミット」するためには、トレーニングが有効だってご存じかしら。

排出できずに溜まった老廃物は、古い運気。体の巡りがよくないのに、運気が巡るのは難しいわ。体をしっかり動かして健康であること。それが開運のための基本のきよ。

といっても誰もがスレンダーなカラダを目指す必要もなく。自分にとっての適切なバランスがある。それぞれのスポーツに、それぞれ適切な体があるようにね。アスリートじゃなくても、自分の本当にやりたいことや使命を達成するには、それにふさわしい肉体が必要なの。「スピリットの王国は我が肉体の中にあり」とは、古代からのカバラの叡智の言い伝え。あなたの肉体は、この地球上で借りているレンタカーのようなもの。きちんと適切なメンテナンスをしないと、行きたい場所に向かって走ることができないわ。

だから、どんなに忙しくても、運動が嫌いでも、ぜひトレーニングやエクササイズを行なってちょうだい。幸運になりたい!と願うなら、あなたの体がそれを受け取る準備をしなくてはね。

星座別・トレーニングを続ける方法

トレーニングを続けていくのに、大切なことはモチベーション。自分のやる気をアップするには、星座の傾向を知っていることが有効よ。大まかな4タイプをご紹介するから、ぜひ参考になさってね。

火の星座(おひつじ座・しし座・いて座)

熱しやすい火の星座の皆さんは、やる気と勢いはピカイチ! ただし、それが長続きしない“飽きっぽさ“がネックよ。

持続させるポイントは、常に自分が「面白そう」と思えるかどうか。同じトレーニングをずっと続けるより、話題のトレーニングの体験に行ったり、複数のトレーニングを掛け持ちしたり、変化をつけてモチベーションをアップして。特にダンスと格闘技系のエクササイズは、飽きずに楽しく続けられるわ。

風の星座(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)

理性が働く風の星座の方々は、漠然とトレーニングするより、意味のある目標設定が大切。エクササイズのたびに、データや数字で結果が目に見えれば見えるほど、やる気が上がってくるわ。

体重というよりも、体脂肪率や各パーツのサイズ、骨密度など細かい数値化にきゅんと萌えるはず。遺伝子検査のような最先端の体質チェックも興味深いでしょう。トレーニング本やビデオでの新たな情報を集めていくのもモチベーションのひとつに。

水の星座(かに座・さそり座・うお座)

水の星座の特徴は、ファジーでつかみどころがないところ。だから、現実的な目標やセオリーはあまりお役に立たないわ。

必要なのは何よりもイマジネーション! 「あの人と一緒に出かけたい」「こんな女性になりたい」などのヴィジョンがモチベーションを牽引するの。水の元素は愛の象徴。特に恋に関するイマジネーションが効果的よ。種類で言えば、体をゆったり動かすヨガや太極拳がおすすめ。先生との相性をきちんとチェックして!

地の星座(おうし座・おとめ座・やぎ座)

現実的でストイック。一度始めたら最も長続きするタイプが、地の星座さんね。それでも、始めるまでに時間がかかったりスローペースになることが。

上手にモチベーション高く継続するには「自分にご褒美」をあげることが鍵。お洋服やバッグ、美味しいお食事など、目標クリアのたびに自分に素敵なギフトをプレゼントして。物質を扱うのが得意だから、器具を使ったエクササイズがイチオシ。ジムトレーニングやピラティスはいかがかしら。


もちろん、いちばんぴったりくるトレーニング方法は、あなたのハートがワクワクするか。義務でもなく、強制でもなく、自分自身をバージョンアップする喜びとともに、素敵なボディと運気をつかんでね。

他の記事をCheck!

▼美くびれをゲット!

▼都内でサーフィン?

PROFILE:Venus Mai

大手出版社のファッションエディターからスピリチュアルビューティコンサルタントに転身、魔女ユニットmailoveとして活動中。3000年以上続く魔法学校で学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロットなどを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる!」、「人生が変わった」と口コミで話題。愛と美の女神アフロディーテと深い縁を持ち、そのメッセージも伝えている。

Editor:Moyuru Sakai

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW