FASHION

【プロが厳選!】スタイリストが選ぶMyベストコート2018

2018/09/26

長く愛用したいアウターこそ、とっておきの1着を選びたいもの。とは言え、たくさんの選択肢がある中で、どんな視点で選ぶのが正解? そこで、今回は審美眼を持つプロのスタイリスト3名が、個人的に狙っているベストアウターを発表。それぞれが欲しいと思った理由や、選びの視点にヒントがある!

スタイリスト・早川すみれが狙うのは「メゾンフラネール」永遠のチェック柄コート

〈欲しい理由〉 
1、存在感のあるボリューミーなフォルム
2、クラシカルなグレンチェックも好印象
3、ベルトを締めた時の愛らしいシルエットも秀逸

「今、自分が可愛い!と思えるポイントがすべて詰まった1着!」と話すスタイリスト早川さん。
「色で溢れた今シーズンの秋冬ファッションの中、あえてモノトーンで楽しみたい気分。ボリューミーなシルエット、襟・ベルト・バックルのすべてのディテールが大きく、さりげないのに目を引くフォルムがお気に入り」。
クラシカルなグレンチェックのおかげで、フロントを開けてラフに羽織っても上品にきまるが、閉じたときのシルエットにもお気に入りのポイントがあるそう。
「ベルトを絞るとたっぷりとギャザーが寄り、そのシルエットも女性らしくて本当に可愛いんです」。

コート¥136,000/メゾンフラネール(ビームス ハウス 丸の内)  ブラウス¥86,000/アルビーノテオドーロ(ビームス ハウス 丸の内) パンツ¥16,000/ル・グラジック(ビショップ) パールピアス¥18,000/ディス(UTS PR)UTS PR シューズ¥49,000/レペット(ルック ブティック事業部)  タイツ/スタイリスト私物

スタイリスト宇都宮千明が狙うのは、「テル エ バンティーヌ」のレザーコート

〈欲しい理由〉
1、きれいなAラインのシルエット
2、大きな丸襟で辛口なレザーもマイルドに仕上がる
3、1枚でワンピースのように着られるしなやかさ

スタイリスト宇都宮千明さんの私的溺愛コートは「テル エ バンティーヌ」のレザーコート。一般的に、シャープな印象になりがちなレザーだけれど、このコートは、ディテールとシルエットで、ノスタルジックな可愛らしさが漂う二面性が魅力。
「レザーなのに重たさがなく、繊細で上品なデザイン。どこか遊び心がありつつ、同時に知的なムードが今シーズンらしくて、とても新鮮」と宇都宮さん。
Aラインや、丸襟、七分袖、丸みを帯びた裾、そしてスナップボタン。デイリーにも纏えるカジュアルさもありながら、レザーならではの品格もたっぷり。人とは違う、ちょっと上級者なスタイリングを実現したい人にオススメな1着です。

コート¥216,000/テル エ バンティーヌ(ディプトリクス) バングル¥14,000/ローレン マヌーギアン(ロペ エターナル) ブーツ¥43,000/チェンバー(エストネーション)

身長別もチェック!

スタイリスト鈴木美智恵が狙うのは「アンスクリア」のデニムアウター

〈欲しい理由〉
1、個性を発揮できるデニム素材
2、迫力があるロング丈
3、カジュアルに馴染む、ワークテイスト

ミリタリーの要素を取り入れた、程よくカジュアルで品のあるデザインが人気の東京ブランド「アンスクリア」。鈴木さんが選んだのは、メンズのワークコートを都会的にデフォルメした、デニムのロングコート。
コーデュロイ素材との切り替えや、フラップポケット、スナップボタンなど、ワークコートらしいディテールはキープ。その分、丈はロングに、フロントはポケット以外はステッチを施さず極力シンプルに。そうすることで、ステンカラーコート感覚で着こなせる、大人のための一着が完成。
「Gジャンはみんな持っているけれど、デニムアウターって新鮮ですよね。唯一無二なデザインに惹かれました」。
インにチェック柄を投入してアメカジ風に、そして、シンプル服に一点カジュアル要素を投入として活用してもよし。あなたなならどう着こなす?

デニムコート¥54,000/アンスクリア(アマン) カットソー¥21,000/アンスクリア(アマン) ワンピース¥49,000/ウーア(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ¥25,000/アルフィヤ ヴァルリナ(シティショップ) ブーツ¥24,000/ドクターマーチン(スピック&スパン ルミネ新宿店)

身長別もチェック!

SHOP LIST

UTS/tel.PR03-6427-1030
アマン/tel.03-6805-0527
エストネーション/tel.03-5159-7800︎
シティショップ/tel.03-6696-2332
スピック&スパン ルミネ新宿店/tel.03-5909-7620
ディプトリクス/tel.︎03-5464-8736
ルック ブティック事業部/tel.03-3794-9139
ビショップ/tel.03-5775-3266
ビームス ハウス丸の内/tel.03-5220-8686
ロペ エターナル/0120-298-133

【早川すみれ分】
Videographer/Photographer:Yohei Mihotani Videoeditor:Mami Okubo Hair & Make-up:Yuko Aika Stylist:Sumire Hayakawa(KiKi inc.) Model:Lyla Iwamoto Editor:MINE

【宇都宮千明分】
Videographer/Photographer:Isami Suzuki Videoediter:Mami Okubo Hair & Make-up:Taro Yoshida Stylist:Chiaki Utsunomiya Model:Nairu Yamamoto Edit:MINE

【鈴木美智恵分】
Videographer/Photographer:Ryohei Kawaguchi Videoediter:Yuta Takahashi Hair & Make-up:Tomoko Takano Stylist:Michie Suzuki Model:Eri Tachibana Edit:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW