FASHION

今年リアルに欲しい!スタイリスト宇都宮千明が狙う2018ベストコートとは?

2018/09/26

トレンドのコートも気になるけれど、プロの目線で選ばれたスタイリストイチ押しのコートも気になる! そこで今回は、シンプルにさりげないエッジを効かせるのが得意なスタイリスト、宇都宮千秋さんの個人的に欲しい1着について話を聞きました。

「テル エ バンティーヌ」のレザーコート

〈欲しい理由〉
1、きれいなAラインのシルエット
2、大きな丸襟で辛口なレザーもマイルドに仕上がる
3、1枚でワンピースのように着られるしなやかさ

スタイリスト宇都宮千明さんの私的溺愛コートは「テル エ バンティーヌ」のレザーコート。一般的に、シャープな印象になりがちなレザーだけれど、このコートは、ディテールとシルエットで、ノスタルジックな可愛らしさが漂う二面性が魅力。
「レザーなのに重たさがなく、繊細で上品なデザイン。どこか遊び心がありつつ、同時に知的なムードが今シーズンらしくて、とても新鮮」と宇都宮さん。
Aラインや、丸襟、七分袖、丸みを帯びた裾、そしてスナップボタン。デイリーにも纏えるカジュアルさもありながら、レザーならではの品格もたっぷり。人とは違う、ちょっと上級者なスタイリングを実現したい人にオススメな1着です。

コート¥216,000/テル エ バンティーヌ(ディプトリクス) バングル¥14,000/ローレン マヌーギアン(ロペ エターナル) ブーツ¥43,000/チェンバー(エストネーション)

身長別に着てみた!

▶︎153㎝
肩周りや横幅に余裕があるので、本格的な冬場は中にニットを着ても着膨れしなそう。

▶︎160㎝
丈感は丁度良いが、裾が少し短い。コート自体はフィット感があるので着心地がいい。

▶︎167㎝
丈は膝ちょい下なので丁度いいが、裾が少し短い。レザー素材なので重量があるので着映え感も抜群。

※イタリアサイズ42を着用。

PROFILE:宇都宮千明/CHIAKI UTSUNOMIYA

スタイリスト。飯田珠緒氏に師事し、2016年独立。
シンプルでありながら、素材や色の組み合わせ方で、さりげなくエッジを効かせたスタイリングが得意。ファッショニスタから万人まで取り入れたくなるそのスタイリングは、宇都宮さんならではのテクニック。

chiakiutsunomiya.com

SHOP LIST

エストネーション/tel.03-5159-7800︎
ディプトリクス/tel.︎03-5464-8736
ロペ エターナル/0120-298-133

Videographer/Photographer:Isami Suzuki Videoediter:Mami Okubo Hair & Make-up:Taro Yoshida Stylist:Chiaki Utsunomiya Model:Nairu Yamamoto Editor:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW