FASHION

【スタイリストの私的ベスト1】早川すみれが恋した永遠のガールコート

2018/09/26

シーズンに何着も購入できるものではないからこそ、絶対に間違いない一着を選びたい。それがアウター。でも数ある選択肢から、選び抜くのは至難の技。
そこで、日々たくさんの洋服を見て、触れているプロのスタイリストに、個人的に欲しいアウターを聞いてみました。
今回はレディなコーディネートにエッジの効かせ方に定評のある、スタイリスト・早川すみれさんが恋した1着をご紹介。

「メゾンフラネール」のグレンチェックコート

〈欲しい理由POINT〉 
1、存在感のあるボリューミーなフォルム
2、クラシカルなグレンチェックも好印象
3、ベルトを締めた時の愛らしいシルエットも秀逸

「今、自分が可愛い!と思えるポイントがすべて詰まった1着!」と話すスタイリスト早川さん。
「色で溢れた今シーズンの秋冬ファッションの中、あえてモノトーンで楽しみたい気分。ボリューミーなシルエット、襟・ベルト・バックルのすべてのディテールが大きく、さりげないのに目を引くフォルムがお気に入り」。
クラシカルなグレンチェックのおかげで、フロントを開けてラフに羽織っても上品にきまるが、閉じたときのシルエットにもお気に入りのポイントがあるそう。
「ベルトを絞るとたっぷりとギャザーが寄り、そのシルエットも女性らしくて本当に可愛いんです」。

コート¥136,000/メゾンフラネール(ビームス ハウス 丸の内)  ブラウス¥86,000/アルビーノテオドーロ(ビームス ハウス 丸の内) パンツ¥16,000/ル・グラジック(ビショップ) パールピアス¥18,000/ディス(UTS PR)UTS PR シューズ¥49,000/レペット(ルック ブティック事業部)  タイツ/スタイリスト私物

PROFILE:早川すみれ/SUMIRE HAYAKAWA

武蔵野美術大学でテキスタイルデザインを学んだのち、スタイリスト長瀬哲郎氏のアシスタントを経て独立。舞台や劇団の衣装製作にも携わるほか、モード誌をはじめとしたファッション媒体から女優、タレントまで幅広くスタイリングを手がける。その確かなクリエイションで多くのファンを持つスタイリスト。

SHOP LIST

UTS/tel.PR03-6427-1030
ルック ブティック事業部/tel.03-3794-9139
ビショップ/tel.03-5775-3266
ビームス ハウス丸の内/tel.03-5220-8686

Videographer/Photographer:Yohei Mihotani Videoeditor:Mami Okubo Hair & Make-up:Yuko Aika Stylist:Sumire Hayakawa(KiKi inc.) Model:Lyla Iwamoto Editor:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW